冬の沼津港、脂がおいしい寿司の夜

夜、寿司を気軽にと回転寿司の沼津港。
夕食時にはちょっと早めの時間でだから並ばずすんなり座れてラッキー。
しかも場所は職人さんの真ん前の席。
ベルトの中には職人さんが2人いて一人は巻物だとか軍艦だとかを作る担当。
もうひとりは寿司を握る担当で、その寿司担当の人の前です。だから食べたいものを直接注文。出来たばかりを直接、職人さんから手渡しされるという一等地。
早速、好きな貝を次々注文し、次々作られ手渡される。最初はミル貝。大きく太くしっかりとした見事な貝で、食べるとザクザク歯切れてく。おいしいのだけど今日のシャリはちょっと砕けてホツホツしてる。ご飯の炊き加減が悪かったのか食感雑なのがちと残念。

赤貝、ほっき、つぶ貝と貝四種類でひと揃え。
赤貝はプルプルなめらか。昆布にもにも似た旨味と粘りがとても独特。紐の部分はコリコリしていて、これも噛んでるうちにどんどん粘ってく。
今日のホッキ貝はかなり立派で大きく肉厚。ムチュンと歯切れ舌や歯茎を撫で回すような食感優雅。ミネラル分なのでしょう…、金属的な渋みがあってそれもごちそう。ゴリゴリバリバリ、砕けて粘るつぶ貝も軽い渋みと強い旨味がおごちそう。食べてるうちにどんどん人が集まってきて席は満席。店の表に行列ができはじめてくる。繁盛店。

寿司をたのんであれやこれやと。
まずはカンパチ。
脂がのってザクッと歯切れる。
背中の部分はさっぱりとした上等な旨味。
ハラミの部分はムッチリ脂がとろけて甘い。
さっきまで生きていたんですよ…、と勧められたのがアオリイカ。
ツルンとなめらか。
噛むととろけてどんどん甘くなっていく。
冬の魚は甘いんだなぁ…、ってウットリしながら次々パクパク。
ウニの軍艦にはいろんなウニもおいしいところがまとめられてて、甘い。
ほんのり渋くて香りも豊か。
海苔を使わずウニだけにぎる店もありそれはそれでおいしいけれど、ウニと海苔の相性ってなんていいんだろう…、ってしみじみ思う。
ブリのおいしい季節です。軽い酸味が脂の味をひきしめる。分厚いタチウオの切り身を炙って大根おろしとポン酢で食べる。口の中がひんやりするような脂の旨味にウットリします。ふっくら煮込んだ穴子を炙り甘いタレかけ食べるとトロリ。シャリと混じって旨いのなんの。

ベルトの上はにぎやかです。ベルトの周りは半分以上が海外からの観光客。流れるお寿司はお稲荷さんやマグロ、サーモン、ロール寿司とインターナショナル向けのネタが多くてニッコリ。
盆栽風の白い器が次々ながれてやってきて、何かと思って見ると刺し身の盛り合わせ。にぎやかでいい。
そろそろ〆にと巻物2種類。かっぱにトロの鉄火をもらった。
気取ったお店のかっぱと違ってキュウリは千切りにしないで太いまま一本。バカンゴリゴリ、奥歯でキュウリが砕けて壊れる感じが痛快。脂ののったトロに大葉がとろけてお腹を満たしてくれる。トロ鉄火をひっくり返すと端っこ部分で、トロがムニュンと顔を覗かす。おごちそう。

 

関連ランキング:回転寿司 | 新宿三丁目駅新宿駅新宿西口駅

コメント

  1. 薬局の末息子

    客席が回転するレストランの昼と 料理が開店する夜… 洒落てる

    • サカキシンイチロウ サカキシンイチロウ

      薬局の末息子さん
      回される上等な寿司に負けぬよう、回されて上等に振る舞える客を心がけた昼でござりました(笑)。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。