冬の尾張屋、あられ蕎麦にそば寿司

浅草にきたら忘れず食べておきたいものが蕎麦。
尾張屋の蕎麦が大好物で、今日も忘れず食べて置く。
雷門の隅田川より近くに分店、反対側の国際通りに向かってちょっと歩いたところに本店がある。
分店は古色蒼然としたいかにも日本の老舗の蕎麦屋と言った風情。インバウンドの人たちに大人気。一方、本店はどこにでもありそうな上等な蕎麦屋と言ったしつらえでおなじみさんが集まるお店。
落ち着いて食事をするなら本店の方。今日はそっちでゆっくりと。人気の料理は天ぷらです。天ぷらそばや天せいろ。それから蕎麦屋さんなのに天丼が人気だったりするのも面白かったりするとこで、ボクもたいてい天ぷらがらみの注文をする。ただ今日は別の目当てがありました。

ショーケースの中にサンプルが並んでいるのが季節の料理。
冬の変わり蕎麦は柚子切りです。
鴨南蛮も今の季節は脂がのって格別おいしい。
けれどボクの目当ては「あられ」。
青柳の貝柱をたっぷりのせた冬の今だけたのしめる蕎麦。
熱々の蕎麦の上に海苔をしき、そこに小柱。冬の暗い空に降るあられを模して名付けた粋な料理で、江戸時代からあったんだという。
おそらく当時はお江戸の海にバカ貝が湧くほどあって、冬には手軽に手に入ったのでしょう…、天ぷらそばよりずっと安価で大衆的なゴチソウだった。今では天ぷらそばより上等になり、この店で言えば秋の松茸そばと同じ値段になっちゃった。
とはいえ、冬にここのあられそばを食べ損なうのはもったいなくて、それでたのんでニッコリたのしむ。

粒のおそろった大きな子柱。生のままで海苔にたっぷりのっかってくる。
つゆはスッキリとした酸味おだやかな上等なつゆ。そこに小柱が使って貝の旨味が滲み出す。徐々に汁が白濁しながら海苔もとろける。蕎麦をたぐるととろけた海苔や貝の旨味を含んだ汁が口へとたっぷりやってくる。
柱はシコシコ。熱いつゆに浸かって軽く粘りはするけれどザクッと歯切れて口いっぱいに散らかる蕎麦の食感も混じって軽快。口の中がにぎやかになる感じがおいしい。わさびの辛さは出汁の旨味を甘みに変えて、ツーンっと鼻から抜ける風味が後味すっきり、ひきしめる。

お供にそば寿司。
これも今だけの季節の料理。
そば寿司といえばたいてい茹でた蕎麦を海苔で巻いた太巻きスタイル。
ところがここではそれだけじゃなく、薄焼き卵で巻いて仕上げた太巻きや、炊いた油揚げで包んだお稲荷さんのような寿司も揃って三種盛り合わせ。
海苔巻きの芯は甘辛に煮たしいたけ、かんぴょう、玉子焼き。
卵巻きには高野豆腐に青菜にかんぴょう。お稲荷さんには海苔巻きと同じくしいたけ、かんぴょう、玉子焼き。手で無造作に持ち上げても崩れないようキュッとまとめて仕上がっている。
そのまま食べても芯の素材の味で十分おいしくて、お供についてくる天つゆにひたして食べるとなお旨い。食べるとハラリと蕎麦がちらかり、ご飯と違って口の中がみずみずしくなる食感たのしい。あられにそば寿司…、冬のゴチソウ堪能しました。オキニイリ。

 

関連ランキング:そば(蕎麦) | 浅草駅(つくばEXP)田原町駅浅草駅(東武・都営・メトロ)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。