冬ののだぴん。食べ、呑み笑って満たされる!

夜、ひさびさの「のだぴん」。
いつもはしみじみ二人でやって来る店。今日は合コン気分でにぎやかに。
魚がおいしいお店です。
まず生牡蠣を一人一個ずつ。たった一粒の中にぎっしり凝縮された海の滋養と汐の味。レモンやポン酢は使わずに上にちょこんと添えられたもみじおろしの辛味とネギの風味をたよりに味わう。十分旨い。
それからタラの白子の天ぷら。これまた小さな個体の中にぎっしり、命がひしめく。厚めの衣をぽってりまとって周りはカサカサ。さくっと歯切れる。衣でつつまれ蒸されるように仕上がった白子が口の中でとろけて旨味が舌をおどろかす。冬の海は滋養に満ちているんだなぁ…、としみじみ味わう。

そして刺身の盛り合わせ。今日のおいしいところを3人前ほどどーんっとくださいと言って、どーんっとやってくる。
氷をぎっしり敷き詰めた大きな器にどっさり刺し身。分厚く切られた本マグロのトロ。脂ののったカンパチにヒラメに秋刀魚、トロサーモン。これだけは絶対乗せてねってお願いをした小肌はキラキラ。赤貝、それから小さなアワビ。アワビは肝までついてくる。
赤貝のプルプルしていてさくっと歯切れる食感に、前歯がいらないんじゃないかと思うほどにやわらかなアワビ。今が季節の秋刀魚の脂はおどろくほどに甘くて、トロの脂に負けぬ贅沢。なにより軽く酢〆にした小肌の香りにネットリとした歯ざわりのおいしいコト。いつもながらウットリ、ニッコリ。

ほとんど刺身というのだぴんサラダ。
葉っぱ野菜の上にぶつ切りのマグロやサーモン、イカや茹でたタコの足。
生姜の味のドレッシングと一緒にひとくち。食べるところで味や食感が違うところがおもしろい。
ほうれん草と細切りにしたイカの耳やゲソをバター醤油で炒めたもの。
ほうれん草の渋みと醤油の風味。バターが甘くてクニュクニュしたイカの食感をひきたてる。
和食のお店でバターのような味は気持ちが変わってなかなかたのしい。
タコの太い足をぶつぶつぶつ切りにして、片栗粉つけてさくっと揚げる。ネギにポン酢をかけると酸味たのしくサクサクとした食感が口の中をスッキリさせる。

じゃがバターもここでは海の幸の料理になる。
素揚げしたジャガイモのぶつ切りにバターを乗せてサイドにイカの塩辛添える。この塩辛がおいしくて酒がすすんでしょうがない。
茹でたほうとうに練りウニであえたパスタ風料理はいくらが潰れてゆったりとろけ、パスタと違ってムチムチのほうとうを一層ムチムチにする。ぶつ切りのしいたけを水分をほとんど飛ばして揚げたしいたけはカサカサとしてて口の中でしいたけらしいみずみずしさを手に入れるとこがおもしろい。

魚の料理じゃない料理もおいしい。
例えば唐揚げ。
一枚のモモ肉をタレに漬け込み味をしっかり染み込ませ、それをクルンとまるめて筒状にする。
片栗粉を叩いて揚げる。
こんがり揚がってザクザク歯切れ、歯ごたえがよい。
肉汁がしっかり中に蓄えられて噛めば噛むほど味がしみ出す。オゴチソウ。

炙った馬の赤身にウニをあわせてご飯にのせる。それを海苔でくるんで食べる料理は、熊本の甘い醤油で食べる。馬肉のさっぱりとした味わいにウニが風味と旨味をつける。粋でたのしい工夫の料理。

魚の端材のぶつ切りに納豆、刻んだたくわん、温泉卵と一緒にぐしゃぐしゃ混ぜて海苔で包んで食べる爆弾納豆。いろんなお店で提供される。けれどここのは海苔までしっかりしていて旨い。そろそろ〆に爆進す。
ドラゴンロールっていうアボカドと穴子をつかったロール寿司。芯の部分にキュウリがはいっててカリカリとした食感とみずみずしさが、アボカド、穴子のとろけと相性抜群。
サイドに鉄火巻きを添えてもらう。一本を6切れに切ってもらったその中のふたつにたっぷりわさびのあたりがある。じゃんけんをして食べあって、同じ人があたりをふたつ引いちゃうという、なんともたのしい夜のコト。いっぱい食べて、いっぱい呑んで、いっぱい笑った。明日もいい日になりましょう。

 

関連ランキング:居酒屋 | 西武新宿駅新宿西口駅新大久保駅

コメント

  1. いにしえ

    サカキさま
    のだぴんで合コン的会食!
    私の食べっぷりを見初めてもらえそうです。

    先日、同僚の卒業をのだぴんでお祝いしました。女性がこういうお店を選ぶとは素晴らしいとのお褒めの言葉をいただきました。(味覚がオジサンですからお任せくださいよ。)

    のだぴんは美味しいものが多過ぎて、健啖家と行くに限ります。

    • サカキシンイチロウ サカキシンイチロウ

      いにしえさん
      お店の人に「今日はたくさん食べていただいてありがとうございます」と褒めてもらえることが、これほどうれしいお店ってなかなかないですよね。
      今度来たときにはあれを食べようと思い、かえって、再びくるとその日のおすすめでお腹が半分ほどもいっぱいになっちゃう。うれしい悲鳴もありがたいです。

  2. いにしえ

    本当に、毎回、今日はあれもこれも食べられなかったから、次回こそは!と思いますね。
    すぐに行きたくなっちゃいました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。