伊府麺をトマトで炊いてナポリターノ

新宿で虫養い。中村屋さんの「マンナ」にします。
かつて新宿駅の東口といえばフルーツパーラーの高野とカレーの中村屋が並んであった数寄屋橋にはペコちゃんがあり、池袋にはパンのタカセ、渋谷の街には西村フルーツパーラーが今でも一階に店を持ってて駅前の顔になっている。
新宿のかつての顔はどちらも地下に潜ってしまって、かつてピロシキや肉まんが売られてたとこはコーチレザーのお店になった。家賃を取れるところから取っちゃいましょうということなのでありましょう。世知辛い。
改築直後は「マンナ」と店名をデカデカと出し、従来の中村屋との不連続性をアピールしてた。中村屋がプロデュースする未来指向のダイニング…、みたいな感じで突っ張ってたけど結局「中村屋」の暖簾を再び持ち出してメニューもかつての中村屋レストランとほぼ同じ。かつてのお馴染みさんでにぎわっている。

改築したから心機一転で若い人たちを呼び込みたかったのでしょうね。
でも若い人ばかりが上客じゃない。
昔からのお馴染みさんがまずホッとしてやってきて、娘さんとか後輩なんかを連れてくる。
その人たちが、いいな!と思ってきてくれるようになれば歴史は続いてく。
お客様がお客様を引き継ぐということがあるのです。
その人たちが引き継ぐのは、変わらぬ料理と信頼感。なんでもかでも変えりゃいいってもんじゃなかろうと思うわけ。
カレーが有名な店ではある。けれどボクには未来に繋いで欲しい料理がひとつある。ナポリターノという麺料理。伊府麺を土鍋の中でトマトスープと一緒にグツグツ煮込んで仕上げる料理でイタリア料理でもなく中国料理でもなく、ピロシキが名物にここにあってはロシアな感じすら漂う逸品。

穴が無数に開いて仕上がる乾燥平打ち麺が、スープを飲み込みプルプル膨らむ。熱々をフーフーしながら吸い上げるとトゥルンと唇撫でて口の中へと飛び込んでくる。
フォークで巻いてパスタよろしく味わうとタリアテッレのようでもあってけれど小麦の香りが強烈。麺のデンプン質が徐々に溶け出し麺もスープもぽってりしてくる。久しぶりに見るとマッシュルームがフレッシュのホワイトマッシュに変わってた。ちょっとよそよそしくなっちゃったのね…、とスプーンでスープをすくっていたら鶏ひき肉やトマトに混じって缶詰マッシュルームがいくつかあった。やっぱりこれでなくちゃとホッとする(笑)。
トマトスープはV8ジュースみたいな風味。パルミジャーノをたっぷりくわえ、コクと香りを楽しみ食べる。スープを全部飲み干すとセロリの香りが舌に残ってハイカラ味をたのしみ食べる。
カンカン帽を被った老紳士が隣でこれを肴にビールを飲んでた。カッコいい!

 

関連ランキング:カレーライス | 新宿三丁目駅新宿駅新宿西口駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。