伊勢丹のカフェ、讃岐のうどん

それにしても羽田はにぎやか。
夏休みがはじまっているからなんでしょう…、小さな子供を連れたファミリーが人数以上ににぎやかでいつもの羽田と違った羽田。
出発までを伊勢丹のカフェ。
アイスコーヒーをたのんでぼんやり。
店の前を通る人はたくさんいるのにお店の中はいつもの通り静かで落ち着く。おそらく結界がはられているんでしょうネ…、おいしいソフトクリームがありますよって看板立てておしてはいるけど、それで釣られる人はなし。カフェだけじゃなくて物販の売り場にも人が絶望的にいないことに、大丈夫なんだろうかと来るたび思う。あってくれると便利でだからなるべく使って盛り上げようって思ったりする。なやましい。

 

関連ランキング:カフェ | 羽田空港第1ビル駅羽田空港国内線ターミナル駅羽田空港第2ビル駅

 

高松に来てうどん。
遅めのおやつ(笑)。高松駅の裏側にめりけん屋ってお店があって、なかなかニギヤカ。
セルフサービスではあるけれど、汁はお店の人が注いでくれる。
入り口のとこで注文したらほぼ仕上がったうどんの器を手渡され、おむすびだったり天ぷらだったりを自分でとってお金を払う。
好きなテーブルに座って食べるという、丸亀製麺的なスタイル。場所柄観光客の人たちも多くやってくるから、こういう仕組みのお店の方がいいのでしょうネ。今日も日本全国のみならず海外からのお客様が続々やってくる。特に台湾の人たちが多いのかなぁ…、欧米系の人たちは太くて冷たい麺に悪戦苦闘していたりする。オモシロイ。

季節のおすすめはすだちの冷かけ。
小さいサイズをもらって、観音寺名産のエビ天とれんこんの天ぷらをあわせて今日のひと揃え。
かなり混雑していたのにあっという間にできあがり、あっという間に食べられるというこういう便利を経験したら、なかなか他の料理に気持ちが向かない。
しかもおいしく安いんだからしょうがない。
ちなみに今日のこの注文。
〆て530円。
飴色の麺です。キリッと冷やされてコシがあり、けれど硬すぎもせずとてもなめらか。冷かけの汁もいりこの香りが力強くて塩がバチッときいている。

ネギに擦った生姜に天かす。どれもたっぷり使いたい放題。一味をパラリとふりかけて風味を整えズルンと食べる。うどん自体もおいしいけれどやっぱり汁が旨くて自然とゴクゴク汁を飲んで味わう。
テーブルの上にはウスターソースが置かれています。讃岐の人は天ぷらにソースをかけて食べることがあり、讃岐出身の父はいつもそうやっていた。ボクも倣ってれんこんにウスターソース。ソースの香りとスパイスがただのれんこんをハイカラ味にしてくれる。食べてるうちに天かすがとろけて汁にとろみがついてくるのもたのしい。ぽってりゴクリ…、腹満ちる。

 

関連ランキング:うどん | 高松駅高松築港駅片原町駅(高松)

コメント

  1. たくみのかみ

    こんにちは!
    わたしも5日・6日と出張で高松に行っており、2回めりけん屋さんでうどんをいただきました。
    初日は、すだちの醤油&とり天、2日目はすだちぶっかけ&さつまいも天をいただきました!
    ぶっかけの汁のお出汁もそうですが、セルフでかける醤油がほんのり甘くて、とてもおいしかったです。さつまいも天はとても厚くて食べ応え満点でした。
    観光客の方々も地元の方々も一緒に、テレビで流れる甲子園の初戦を見ながら、うどんを食べて、夏を感じました。
    また行きたいです!

    • サカキシンイチロウ サカキシンイチロウ

      たくみのかみさん
      なんとなんと…、おいしい偶然ですね。讃岐のステキなところはどのうどん屋さんで食べても、一定の品質をたのしめるところ。この店もおいしいですが、近所に「味庄」っていう小さいうどん屋さんがあります。営業時間が短いので朝から昼にかけてしかたのしめないのが玉に瑕ですが、より讃岐気分を堪能できると思います。
      ぜひ、いろんなお店の食べ歩きを。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。