今週一杯無料のサービス、分厚いおしぼりルノアール

新宿まで歩いてお昼どき前のルノアール。
冷たいものを飲もうと思ってやってきて、店に上がってく階段脇にモーニングセットが無料サービスってノボリを発見。
いつもは追加料金60円でつけることができる、厚切りトーストに茹で卵、スープがついたセットが無料。
今月14日までのサービスだって言うのでとってみることにした。
提供時間が12時まで…、と言うのがなかなか粋なとこ。
朝ご飯にサンドイッチを作って食べてお腹がちょっと重かったから、昼のしのぎにすればいいやと思ってのこと。そういえばここでモーニングといえばサンドイッチと決めていたので厚切りトーストのセットを食べるのははじめてのこと。パンはよく焼きで…、とお願いします。

それにしても今日は暑い。四谷三丁目から新宿三丁目まで20分ほどの距離ですっかり汗だく。しかも額がひりひりしてくる。こういうときに分厚いおしぼりはありがたい。
実はいつもはほとんどおしぼりを使わない。袋に入っているからボクが使わなければ別の人に提供できて、それはそのままコストカットに貢献できる。けれどさすがに汗だく顔は自分で不快。ごめんなさいね…、とポンッと破ってゴシゴシ顔や手を拭いた。顔を無造作に拭いてるとメークしている女性の大変をしみじみ感じる。よくぞ男に生まれけり!

さて件のセット。
なるほど分厚い厚切りトースト。
厚さを優先するために食パン一枚でなく、半分に切り分けているというのが工夫であります。
表面に深く切り目を入れて中まで焼けるよう。
バターをたっぷり塗って芯まで染み込むようにとしているところもまた工夫。
厚切りトーストが好きかというとやっぱりトーストは薄切りがいい。パンがしっかり焼き切れないから、もったり粘るような感じがするのが苦手で、しかもパンが甘いからなにやらお菓子を食べてるような気持ちがしてくる。噛んでるうちにペトペト歯茎に貼り付くようになるのもちょっと厄介で、一生懸命咀嚼しながらお腹に収める。

ところで今日の茹で卵。剥きにくくって難儀する。殻と卵の間の膜がおどろくほどに頑丈で、白身が殻に貼り付いちゃう。スベスベ卵を目指して剥くもかなり凸凹。だからといって味が変わるわけじゃないけど、ちと残念。
カフェラテでなくカフェオレというのがここのうれしいところ。やわらかな喉越しにして苦味、渋みもマイルドでゴクゴク飲んで体を冷やす。
それにしても最近のルノアールはテレワーク系の人たちの食い物にされ始めているような様相。今日もテレビ会議に打ち興じる不埒な輩が4組ほど。うるさいったらしょうがない。ネットワーク系の人たちを一層したかと思った矢先の新たな敵の登場に、さてどう対処しますか。興味津々。
ちなみに確かにAモーニングはゼロ円でした。でも飲み物がそもそも高いから得した感じがほとんどないのがなやましい。

 

関連ランキング:喫茶店 | 新宿三丁目駅新宿駅新宿御苑前駅

コメント

  1. 蜂蜜

    ルノアール、フォローさんが毎日行く喫茶店でした。
    聞いた話しでは、アイスコーヒー650円と少々お高いそうですが都会だからそんな物かな❓
    カフェオーレは800円とはモーニングも余りお得感は無いですね。
    自分の住む東海地方はモーニングが盛んな地域っ代表的な「コメダ珈琲」はコーヒーが430円で選べるモーニングがあります。自分は小倉トーストをよく焼きで頼みます(笑)
    シロノワールと言うデニッシュパンにソフトクリームをのせた物が美味しいです。
    榊さんはとっくに食べてますね😋

    • サカキシンイチロウ サカキシンイチロウ

      蜂蜜さん
      中京地方の喫茶店のモーニング文化にはどんなサービス精神もかないませんよね。ルノアールはまさに東京という街とともにある店って感じます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。