今日は「飯」です、頂上麺

岐阜から帰って、家に帰る前にちょっと小腹を満たしておきましょう…、とひさしぶりに「頂上麺」。
今ではすっかりショッピングモールみたいになっちゃった東京駅。あちらこちらに食堂街ができちゃったけど、そのはしりのひとつが「キッチンストリート」。
10年以上も前になりますか…、1300円で手に届く贅沢を提案しようとできた食堂街。今ではその1300円が1500円とか1600円までインフレしちゃったけれど、気軽な贅沢を売る店が集まっているというテーマはそのまま。入れ替わってしまったお店が半分ほどもある中で、開業当初からずっとあり、しかもずっと繁盛店であり続けているのがこのお店。
フカヒレあんかけ料理の専門店。麺やご飯、醤油味やら塩味やら、蟹肉が中に入ったものだったりと、種類さまざま。あんかけ料理だから熱々、しかもその熱々が持続する、今日のような日にはピッタリ。

一番人気は醤油味のあんかけを土鍋で煮込んだ麺にのっけたあんかけ汁そば。
あんのとろみが麺にからんで、麺そのものがフカヒレのようにふるまう、たしかにおいしい料理なのだけど、土鍋の温度で麺がどんどんやわらかくなる。
だから急いで食べたいのだけど、熱い。
急ぐと舌をやけどする。
しかもユックリ味わいたいのに、味わってると伸びてしまうから急いでしまう。
やけどする。
いかにも悩ましい料理であって、それで最近、そのあんかけを焼きそばにのせたあんかけ焼きそばを好んで食べてた。
パリパリに焼けた細麺があんかけをまとい、吸い込みとろけるようなおいしさで今日もそれにしようかと思いもしたけど、ひさしぶりにあんかけ「ご飯」にすることにした。

小さな土鍋をチンチンに焼き、そこにご飯。当然、土鍋に触れたご飯は焦げていきます。バチバチご飯が焼ける音。そして香りがただよってきて、ところが土鍋の表面は茶色いあんかけ。ご飯は見えない。醤油色のあんかけの中には透明の細い物体。フカヒレです。頂きます!とレンゲをいれる。

かなり分厚いあんかけの層。あんかけの下には白いご飯があって、レンゲですくうとあんかけがご飯の上にごっそりのっかる。口に含むとスベスベです。
あんかけのあんを舌がどう感じるか…。
麺の場合は麺の一本一本にあんがからんで一体感をもって口でとろけてく。ところがご飯のときは、あんをまとう部分とまとわぬ部分が混じりあう。お米の粒が違和感をずっと発揮するのだけれど、その違和感があんのなめらかを際立たせ、口の中をコロコロ転がりニギヤカにする。そして時折、スベスベとしたフカヒレが口に残って、ウットリさせる。
濃厚味のスープに醤油の風味がからむ。胡椒をタップリ、黒酢を注いで味をととのえハフハフ食べてあったまる。オゴチソウです、オキニイリ。

 

関連ランキング:中華料理 | 東京駅大手町駅日本橋駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。