京王プラザのグラスコート、ファミリーなバフェ

食べ放題は食べ負ける。
そうわかっていても、いろんな料理をちょっとづつ、好きなだけ食べることができるバフェのたのしさは、他にかえることができぬたのしさ。
たのしいバフェはないものか…、と、今日もあらたなバフェを訪ねる。
西新宿の京王プラザのグラスコート。最近、改装したというので来てみればオープンキッチンにシェフがずらりと並んで料理の最後の仕上げ。店全体が明るくなって、とても気軽なムードになった。ホテルのバフェにしては程よい値段であることと、お子様用の料金体系が工夫されているからでしょう…、小さな子供を連れたファミリーが結構多くて、ディズニーランドのホテルのバフェのような気軽さ、ニギヤカさ。

中華料理に洋食、和食と多彩な料理が揃うところがホテルのバフェらしいところでまずは生の野菜や野菜のロースト。地中海のチリンギートにありそうな青い魚のパン粉焼き。フライドライスを真ん中にシチューや煮込みをとってパクパク。
最近のホテルのバフェの目玉と言えばローストビーフ。ホテル、ホテルでローストビーフの仕上がりが微妙に異なり、ココはしっとり。肉の口の中でほどけるタイプ。塩とホースラディッシュだけで十分味が整う。天ぷらに寿司、うにをたっぷり混ぜて仕上げた茶碗蒸し。どれもホッとできる味わい。

自家製のスモークサーモンのカービングサービスもある。
ひと切れ、ひと切れ。
シェフが丁寧にそいでお皿に盛り付ける。
一枚試しに食べてみると、これがおいしい。
あらかじめスライスして皿に並べて、無造作にとって食べるのが勿体無いほどのおいしさで、だからこうして一枚、一枚、切り分けたばかりのものをお皿にのせて提供しているのでありましょう。
サンドイッチを作って食べた。
薄切りのパンにクリームチーズとブルーチーズを塗り込めて葉っぱ野菜とスモークサーモン。
手を押し当てて押し付けて、ナイフでスパッと切り分け食べる。

バッサリとしたやせたパンに、ねっとり分厚く脂ののったスモークサーモンがからんで粘って口の中でとろけてく。チーズの旨味にブルーチーズの香りがおいしく堂々とした風格のある味。堪能します。

ホテルのカレーはどこもおいしい。特にここのカレーは甘めでどっしりしたおいしさで、「ザ・カレー」って感じの優秀な味。ブリスケをグリルしたのを分厚く切ってもらって添えて、ステーキカレーにして味わった。
茹でたリングイニをパルミジャーノの器で転がし風味をつけてもらったものに、たっぷり粉のパルミジャーノ。クリスプベーコンにオリーブオイルをかけ回しスルンと食べてお腹が満ちる。
さすが大きいホテルです。デザート用のアイスクリームが小さいカップで自家製で、お腹をさまして〆とした。

 

関連ランキング:バイキング | 都庁前駅西新宿駅新宿駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。