中国飯店、上海蟹と戯れる

今年一年、全身全霊を傾け頑張るエネルギーをもらいましょう…、と中国飯店でこの季節ならではのゴチソウ食べる。
まぁ、冒頭の一節は贅沢に過ぎるゴチソウを食べるための言い訳でしかないんだけど、今食べておかないとまた一年ほど食べることができないゴチソウ。上海蟹を心置きなくたのしむためのおいしい言い訳。
おまかせのコースをお願いしておきました。テーブルの上には蟹の殻を捨て置くための大きな壺。紹興酒をオンザロックで、お供に中国の緑茶の龍井茶をポットでもらい食事をゆったりスタートさせる。
まず上海蟹の老酒漬け。活きていた蟹が紹興酒の中で眠ったままおいしい料理になりました…、って感じのゴチソウ。生の蟹肉のトロトロした感触が水がほどよく抜けて酒の旨味や風味が入ってスベスベねっとりした食感になる。
味噌はネットリウニのよう。殻をバリバリ奥歯で砕き、チュッチュと肉を吸い込み味わう。酔っぱらったカニを味わうボクの気持ちも酔っ払う。

貪ったあとの指の香りがおいしい。カニ独特の香りと甘いお酒の匂いが混じり合って、ずっと嗅いでいたくなる。フィンガーボウルが用意されているんだけれど、すぐに指を洗ってしまうことがなんだか勿体なくて、しばらくずっと嗅いでたら、香りで再び酔っ払う。
甘鯛とツブ貝の炒め物が続いてくる。黄韮にクワイにスナップえんどう、ゆり根にモヤシ、カラーピーマン。どれもがそれぞれ一番おいしい状態で整えられてるっていうのにウットリ。キュッキュッと奥歯をノックするようなツブ貝に、クチュッとつぶれる甘鯛もよし。
キレイに食べてお皿片付き、次の料理に向かうまでずっと指を嗅いでいた。

さて前半の見せ場の料理。
上海蟹ミソかけふかひれの土鍋姿煮込み。
毎年、年始に新宿にあった維新號という店で、フカヒレの土鍋煮込みを食べるのがもう20年近くの決め事だった。
なかば験担ぎの意味もあってお金に苦労していたときにも欠かさなかった習慣が実は去年、その維新号が閉店しちゃって途切れてしまった。
なんだかそれがすごくさみしく、一年、なにか物事が思い通りにいかないときに、フカヒレ煮込みの呪いだなぁ…、なんて思ってしまっていたほどだった。
今年は代わりにこの店で。ザクザク歯切れる繊維たくましいフカヒレに、この上もなくなめらかな上湯スープ。口の中でパラッとヒレがほぐれてちらかり、ザクザク歯切れる蟹肉と一緒にさらりと流れ込んでくるスープも絶品。2年越しの正月がきたようなゴチソウ。ウットリします。
さて今日のメインに上海蟹の姿蒸し。男の子と女の子の食べ比べ。

まず、これから食べる蟹の顔見せ。大きく太って色鮮やかに蒸しあがった蟹。蟹を食べはじめると殻を剥くのに一生懸命になって会話をなくす…、ってよく言われます。ところがここの上海蟹はお店の人が殻を剥き、肉をきれいにせせって甲羅に盛り付け直す。甲羅の中には卵と白子。男の子の方が大きく横に張っているから一目でわかる。
蟹の胴の肉、爪の肉に足の肉とどれもが食べやすいよう下ごしらえされている。だから手を汚さずに手間いらず。苦労もしないですぐ食べられる。なのに食べはじめるとやっぱり無言になってしまう。おいしくってただただ食べることに専念したくて言葉をなくす。上海蟹の魔力とでもいいましょうか…、ひたすら味わう。
卵はホロホロ崩れて散らかり、唾液を含んであっという間にネットリとろける。白子はムチュンとまるでマウスピースのように歯にこびりつき、強烈な旨みを残してゆっくり消える。お腹を冷やす蟹のコト。お腹をあっため口をすっきりさせる生姜湯を最後に飲んで口をすっきり、リセットさせる。

ダックの皮がカラメル状になって仕上がる北京ダックを挟んで肉料理。
中国飯店名物の黒酢の酢豚を食べたいと思ったのだけど今日の肉の料理は決して後悔させない出来栄えだという。
「フォアグラと和牛とイチジクの甘辛ソース」という名前の料理。
もしソースの名前がヴァンルージュソースであるとかバルサミコソースだったとしたら食材の組み合わせといいフランス料理。どんなふうにしてやってくるんだろうと思って待つ。
やってきたのはやっぱり見事に中国料理。フォアグラを牛肉で巻き、炒めたところにネギをたっぷり加えたチリソース。たしかに甘辛。しかも和牛の脂にフォアグラがとろけて混じってなんとも濃厚。他に類を見ない一体感に感心しました。中国料理の底力。
〆は上海蟹ミソあんかけチャーハン。ネギを具材にしたパラパラチャーハンに水分を出し切るまで熱を加えた卵白合わせ、生姜風味の蟹味噌餡をたっぷりかけて仕上げた料理。卵白のキュッキュッと音を立てる仕上がり、フッカリとした食感がなんとも見事で蟹餡のぽってり感を引き立てる。
イチゴの杏仁豆腐とココナツパイでお腹に蓋する。これで一年、がんばらなくちゃとたのしくおいしい覚悟をします。おゴチソウ。

 

関連ランキング:中華料理 | 六本木駅乃木坂駅麻布十番駅

コメント

  1. いにしえ

    サカキさま、
    今年も美味しく、楽しいブログを楽しみにしております。

    なんと新宿の維新號さんは閉店されていたのですね。2シーズン前の上海がにを維新號さんでいただき、その時はフカヒレの姿煮もいただくという贅沢をして、それきりご無沙汰しておりました。時代を感じさせる内装とサービスに感じ入りました。もちろんお料理も。

    中国飯店さんも間違いなく美味しいですよね。剥いてくれるのはやっぱり集中できてありがたいです。私は小天地さんで少しカジュアルです。

    個人的なことですが、最近少々食事に制限が入ってしまいまして、しばらく食べられないものができてしまいました。サカキさんのブログとお写真で疑似体験をしてしのぎます。美味しい記事を楽しみにしています。

  2. サカキシンイチロウ サカキシンイチロウ

    いにしえさん
    維新號がなくなってしまったことに気がついたのが、お店を閉めてからしばらくたってからだったんです。お別れの挨拶もセずにいなくなってしまったような感じでなおさらさみしく、エレガントで背筋の伸びたサービススタッフの人たちは今、どこにいらっしゃるんだろう…、となつかしく思い出します。
    食餌制限。
    実はボクもいくつかなるべく食べないようにと指導されている食品ができました。このときに食べたフォアグラはもう一年ぶりになりましょうか…、エビも去年の後半で4尾だけ。好きなものが食べられなくなったことを、他のものでおいしくたのしくと前向きに考えることにしています。
    あけましておめでとうございます。
    今年もよろしくお願いいたします。

  3. いにしえ

    あけましておめでとうございます。
    ご挨拶が足りていませんでした。このご挨拶が末永く元気にできるためにも、食事の制限も楽しく前向きに取り組んでいきたいですね。
    今年もよろしくお願いいたします。素晴らしい一年となりますように。

  4. いにしえ

    連投失礼いたします。
    お店がなくなることは、お料理にさよならすると同時に、スタッフの皆さんにもさよならすることですね。個人的な会話はなくとも、その空間と時間を作ってくださっていたスタッフの皆さんの不在を感じてしんみりしてしまいました。
    レストランはお料理だけでなく、人でできているんだなと改めて思います。

    • サカキシンイチロウ サカキシンイチロウ

      いにしえさん
      外食の最大のたのしみは、人と人との出会いですものね。お店がなくなってしまうことは、そこで働く人との出会いの場をなくしてしまうことでもある。とても切なくさみしいこと。
      だからオキニイリのお店とは大切に付き合っていきたいと思いますネ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。