上野洋食遠山の昼

上野で昼食。上野駅の上野の森側に数年前にできた「上野の森さくらテラス」という食堂ビルの二階にある店。
「上野洋食遠山」という洋食店。
フランス料理のシェフがやってらっしゃるんだという。「洋食」というのはフランス料理を日本人にあわせて再構築したものだとボクは思ってる。ちなみにイタリア料理店を日本流にすると喫茶店。だからイタリア料理のシェフが作る洋食店にはあまり食指が動かない。
建物自体がガラスの箱で、この店も窓が大きくて店全体がテラスのように明るく感じる。
店の規模に造りがいいです。決して大きくはない厨房は働きやすくレイアウトされていて、しかもほとんどの仕事がお客様の方を向いてできるようになっている。客席部分と厨房の親密でほどよき緊張感をもった関係性がとてもよい。

気軽なランチセットも魅力的。ただどうしても食べたいものを食べたくてアラカルトから2つ選んだ。
とはいえ、ランチのメニューにはサラダがついてて、まずサラダ。
クリスピーなレタスは冷たく、水気がしっかり拭われている。トマトにスライスオニオンにポッテリとしたマヨネーズベースのソースがポタポタ、施されてる。味を野菜につけすぎず、野菜そのもののみずみずしさを邪魔せぬ工夫。
ゆで卵が半分あしらわれていて、それがおいしい。ハーブの香り?それともスパイス?…、玉子臭さがまるでなく添えられたマヨネーズと一緒に食べると口の中でたまごサラダにたちまち変わる。食べたあとのお皿がキレイというのもステキ。背筋が伸びる。

そして目当ての料理のひとつ。
シーフードカレーがやってくる。
メインのお供にとたのんだつもりがお店の解釈はメインディシュの前という位置。
つまりスープですな…。
あるいは温かい前菜という位置づけで、カレーは飲み物という考え方も悪くない(笑)。

サラサラしていてカレー独特の匂いはほのか。エビやイカから出たスープがどっしりおいしくて、カレー風味のシーフードスープを食べてるような感じと一緒に食欲がわく。
エビフライと自家製タルタルソースをトッピングする。
タルタルソースといいながらたまごサラダのような仕上がり。十分にカレーのお供の役目を果たす。
何よりエビフライのおいしいこと。むっちりとした健康的なエビに細かなパン粉をまとわせ、サクッと揚げる。そのまま食べても下地十分。タルタルソースをのっけるのもよし、カレーにひたして味わうのもよし。食べ進めるとカレースパイスで体がホカホカ、汗になる。

カレーを半分ほども食べたところでメインが到着。
ハンバーグステーキをたのみました。
ここのランチの一番人気のようで、次々やってきたお客様の目当てもこれ。
厨房の中からずっとペチペチひき肉を叩いて形を整え焼く音がする。
俵型のハンバーグです。デミグラスソースがタップリかかってツヤツヤ、香りがなんとも香ばしい。
ナイフを当てて力をいれると手首に肉がザクッときれる感触伝わる。まるでステーキを切ってるような充実感。
粗く叩いて切り分けた肉。それを肉と肉の力だけでまとめて形を整えている。口の中に入れると最初は大きなひとかたまりで、噛むとくちゃっと抵抗しながらほぐれて潰れる。肉汁ジュワッとほとばしり出るという趣向。
サイドはマッシュドポテトでこれも粗突き。大きなじゃがいもがゴロリと口の中に転がりだしてくる食感に、自然な甘みに芋の香りにウットリします。
ほのかな酸味が上等なデミグラスソースをたっぷり吸わせてスプーンで掬ってマッシュポテトを頬張ると、思わず笑顔のお昼どき。

 

関連ランキング:洋食 | 京成上野駅上野駅上野御徒町駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。