上野の朝に、ビストロ・エガリテ、夜のコト

a taimenken朝、上野で野暮用。
それで上野駅の中で朝食をとることにした。
かつてJR東日本が駅舎を超高層ビル化して、ココを同社の拠点にしようと考えていた駅であります。
大きい。
新幹線が素通りするようになったとはいえ乗降客や通過客はやはり多くて、駅舎の中の商業施設はかなり充実。
何しろ、フィットネスセンターまであったりします。

飲食施設も充実していて、ほとんどの店が朝食営業をやっている。
東京駅の朝はどんどん貧しくなってしまっているけど、上野の朝はなかなか充実。いいなぁ…、なんだか羨ましい。
寿司屋の朝食とか、居酒屋風の店の朝食。どれにしようかと迷うたのしさもあって中でも「たいめんけん」がプロデュースした店の朝食がたのしそう。
オムライスが名物の店です。ランチ以降はオムライスと洋食メニューのセットが豊富に揃ってて、お腹いっぱいをたのしめる。

a seta om朝にはオムレツ。
ボルシチと窯焼きパンが一緒にそろって朝のセットとなっている。

さすがにオムレツがうつくしい。
お待たせしましたとお皿が届き、テーブルの上においた途端にユラリと揺れる。しばらく揺れて徐々に揺れが収まっていく。
中がトロトロであることの証であります。

ナイフでサッと表面傷つけ、中をのぞくとトロリとなめらかな玉子の姿。
上手に作ったスクランブルエッグのようなトロトロ玉子を、焼けた玉子の膜が覆って形を作る。
生じゃない。しっかり熱が入っているのに固まってない…、つまりトロトロ。ケチャップが彩り添えてはいるけれど、ケチャップ無しの塩と玉子のおいしさだけで食べられる。駅の中のお店だと思って食べると、いい方向に予想を裏切るおいしさで、ウットリします。

a currya sidesちなみに友人。朝カレーをたのむ。
洋食屋さんらしい若干粉っぽさを感じるなつかし系のカレー。
それはそれでおいしいのだけど、友人が着てきたTシャツがカレーを食べてるみたいに見えて、味になかなか集中できないオモシロさ(笑)。

カレーにオムレツをちょっと贈呈。オムレツカレーにして食べる。
それにしても、オムレツができるんだから朝にもオムライスを作ってくればいいのになぁ…。そんなコトを思いながら、窯焼きパンを食べてみる。
…、と、これがおいしくビックリします。ふっかりしていて、小麦の香りがフワッと漂う。表面のカチッと固く焼き上がった部分の歯ごたえたのしくてオムレツとの相性抜群。ボルシチにひたして食べるのもいいかと思ってやってみたらば、このボルシチがちょっと残念。酸味足らずでこれじゃぁ「ボルロク」。まぁ、それもよし(笑)。朝のコト。

 

関連ランキング:洋食 | 上野駅京成上野駅稲荷町駅

 

ali rapeali saladeところで昨日、月曜日の夜、なつかしい友人とおいしい会食。
エガリテというお店。
フランス料理の気軽なビストロ。
カウンターがあり、大きなテーブルが置かれてて、店の中にいる人たちが、みんな仲良い友達みたいに感じる空間。
おいしい香りに満たされてもいて、いいなぁ…、っておいしい先味がある。
しかもすごい場所にあるんです。
神泉の駅と駒場東大前駅の真ん中。最寄り駅なしの街道沿いで目印になるものはまるでないんだけど、不思議な色気があるんですね。何軒か店が固まっているのだけれど、どこもが案外流行ってる。
リヨンで生活していたという、フランス料理が大好きなマダムの「自分が食べたい料理」でもてなすというのがわかり安くて安心できるのでしょうね。

ali terineしかも量がたっぷりしてる。
グラスにたっぷりやってくるキャロットラペにグリーンサラダ。
西洋ニンジン独特のハーブの香りに柑橘系の酸味、甘味がお腹の入り口こじあける。
サラダの中には鳥のレバーのソテがゴロゴロ入ってて、コレにバゲットでランチだったら十分お腹が満せそうなほど。

それからテリーヌ。
田舎風のどっしりとして、豚肉、レバーにピスタチオがザクザク、ボロボロ、砕けて口の中でとろけるおいしさ。
スパークリングワインがジュワリと、口の中を洗ってスッキリ。
するとたちまち、次の一口をおねだりするようなオゴチソウ。
これにもたっぷりサラダがついてて、野菜でお腹が満たされるのがなんだかウレシイ。軽やかな夜。

ali shuali dishメインディッシュにシュークルートを選んでたのむ。
塩漬けの豚の塊肉。
ソーセージにベーコンをザワークラウトと一緒にコトコト煮込んだ料理。
味はほとんど素材の持ち味。
スパイスやハーブが風味を添えていて、素材同士の持ち味が溶け出し混じって互いをおいしくしていく料理。

スプーンの背中で押すとホロリとほどけるように潰れる豚肉。
バッサリ繊維がちらかって、ザワークラウトのキャベツと一緒に口の中へで潰れて混じる。
ベーコンの脂の旨みや、白ソーセージの風味にムチュンと弾ける食感。しっとりとしたキャベツの食感と好対照で、口の中がニギヤカになる。
ほっこりとしたジャガイモがスープを吸ってみずみずしくて、マスタードでピリリと味をひきしめゴチソウにする。
会話がはずむたのしい食卓。いいなと思った…、オキニイリ。

 

関連ランキング:ビストロ | 神泉駅駒場東大前駅池尻大橋駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。