上野のダンケ、吉池丼

上野で用事を終えてお茶。前から行ってみたかった「ダンケ」を探す。
チーズケーキがおいしい喫茶店というので、おやつ代わりにと思って住所とグーグルマップをたよりに探してみるも、これが一向にみつからない。
すぐそこにあるんだろうと検討はつく。
けれど、姿が見えず一区画をグルっと回って探すと小さな路地の向こうに看板発見。
店の向かい側には「まんぷく」なるとんかつ屋の看板。そこからラードで揚がる衣のおいしい匂いが漂い気持ちが揺れる…、そんな場所。
店に入るとカウンターだけ。5人も座れば一杯という空間にぎっしり食器が並べられたりぶら下がったり。お世辞にもサービス精神旺盛とは言えぬご主人におそるおそる「チーズケーキはありますか?」と聞くとあるという。アイスコーヒーと一緒にたのむ。

ゆっくり時間をかけて提供されたコーヒーは、バターブレンドという焙煎時にバターをしみこませて仕上げたという豆のコーヒー。バターの香りは無いけれどとてもなめらかで飲みやすい。
チーズケーキはおいしかった!
極薄のビスケット生地の上にどっしりなめらかなレアチーズ。上にスキッと酸味鋭いクリームソースがのっかって、今こうして書きつつ思い出すとよだれが滲んででてくるおいしさ。バターブレンドコーヒーとの相性もよくて、午後の疲れがとれるよう。

 

関連ランキング:コーヒー専門店 | 上野御徒町駅御徒町駅上野広小路駅

 

夜は家で料理を作る。
上野に行ったついでに「吉池」で魚をどっさり買ったのです。
もともと魚屋さんからはじまったという総合食品店で、さすがに魚の品揃えはすばらしい。
この店が近所にあったら、外食頻度がかなり下がるに違いない…、って感心するほど売り場充実。
刺身の盛り合わせのパックをみてると、ちらし寿司を作りたくなる。
鯛とハマチ、マグロの中トロに赤貝がついたパックを一つ買い、貝をあれこれ。
タイラガイが立派で殻から剥いてもらって一個買う。
青柳の舌が安くてそれ。
トリ貝の生がこれまた立派で買った。
いかそうめんもおいしげで、買って今夜のひと揃え。
もち麦を入れたご飯を炊いて、すし酢をまとわせ軽く冷まして休ませる。
丼にもり、焼き海苔をもみパラリとちらして刺身を並べ、シャリの上をキレイに覆う。大葉の上にマスの魚卵の醤油漬け。ワサビをすって溶かした醤油をかけまわしつつハフハフ食べる。吉池丼と名付けよう。

同じ売場で活きたまんまで跳ねていた大正海老を買って蒸す。むっちりとした歯ごたえに豊かな香り。噛むと甘みと旨味が口に広がっていく。頭の中の味噌をチューチューすって味わう。
小さなじゃがいも、新玉ねぎ。松阪牛の脂の乗った切り落とし。仙台油麸、しらたき、にんじんをコトコト炊いた肉じゃがに、冷蔵庫の中のありあわせを使って作ったサラダで食卓、にぎやかにする。アボカド、トマト、アルファルファ。魚肉ソーセージをただただオリーブオイルとマヨネーズであえただけのものなんだかど、モサモサとした食感、そしてみずみずしさが夜のお腹をたのします。

コメント

  1. すうさん

    まんぷくに行ってみたいと思いながら、かなりDEEPでなかなか勇気がなくて。。。
    近くににある小島屋というナッツ&ドライフルーツのお店は新鮮でおいしいです。オススメです。調子に乗って色々買ったらとても重くて帰りが大変でした。
    以来ネットで購入しています(^^♪

    • サカキシンイチロウ サカキシンイチロウ

      すうさんさん
      この界隈は日本なのか韓国なのか、中国なのか中近東なのかわからぬ不思議なムードがあって、ワクワクドキドキしちゃいますよね。
      ナッツやドライフルーツはまとまると重い。でもあれこれ買っちゃう気持ち…、わかります。吉池ももし近所だったらもっと買えたのにって、なんだか近所に引っ越してきたくなる魅力にあふれておりました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。