上等にしたもやしで焼きそばを焼く…。

夜、家でご飯を作って偲ぶ。
「上等もやし焼きそば」をひさしぶりに作ってやろうともやしを仕込む。
2人で作っていたときは二袋とか三袋分のもやしを使って作ってた。
まず氷水にもやしをはなってシャキッとさせる。
カウンターにまな板を2つ並べて真ん中にザルに移したもやしを置く。
一本、一本、髭をとって両端を切り、長さと太さを整えていく。冷たいもやしで指はかじかみ、しかも細かな作業です。
一人ですると滅入ってしまうような仕事で、けれど2人でお喋りしながらやればたのしい。
10分、ときには20分。時間をかけて丁寧に。
折れてしまったものや太さが足りないものをはじいていくと、量は3分の2ほどになっちゃう。上等焼きそばに使わぬところは、刻んで炒め、ご飯と一緒に炊くとおいしいもやしご飯になっていく。
もやしの仕込みが終わったら、焼きそば用の袋麺を電子レンジであっためて、ザクザク切って短くしておく。フライパンの上で手でもみパラパラにして弱火で乾煎り。パラパラになったところでもやしを入れて強火でパパッと炒めて仕上げる。味は中華スープの素に塩、刻んだニンニク、胡椒をたっぷり。もやしに軽く焦げ目がついたら出来上がり。もやしだけを炒めてもおいしいのだけど、パリっと焼けた麺と一緒に食べると一層おいしく感じるオキニイリ。

太さ、長さの揃ったもやしはシャキシャキ。
みずみずしくて乾いて焼けた麺と一緒に口の中で踊って消える。
普通のもやしが上等もやしに姿を変えてざっくりとした麺の壊れる感じもゴチソウ。
これでビールの飲むのが好きだったよね…、ってニッコリしながら一人で食べる。

そろそろ六本木にイタリア料理を食べに行きたい。食べたいものはタナカくんが一番好きだったトリッパと白インゲンの煮込みと決まっているんだけれど、まだ行けないから自分で作る。
韓国食材のお店でハチの巣を買ってきて、圧力鍋で下ごしらえ。白いんげんもやわらかくしてオリーブオイルに刻んだニンニク、赤唐辛子にトマトをくわえ軽く煮込んでパセリをパラリ。
お店の味とは違うけど、そこそこおいしくクチャっと潰れるトリッパの食感、味わい、風味が涙を誘います。

活きてたエビを酒蒸しにした。お酒にお水に塩を少々。沸騰させたところにエビを放り込み、急いで蓋する。鍋の中でしばらくドタバタ、エビが暴れる。ごめんなさいね…、っていいながら静かになったらそのまましばらく休ませて殻を剥いて食べるだけ。
甘くて食感むっちりしていて、頭も尻尾もサクサク食べた。
レタスの葉っぱをちぎって茹でる。ゆでるというよりレタスしゃぶしゃぶをしている感じでシャキシャキとした食感残してオイスターソースをかけて味わう。友人からもらったフカヒレ煮込みをあっためてご飯の上にかけてスープの代わりにハフっと食べる。そのまま食べるよりご飯と一緒に食べるとスープのスベスベ感が強調されてお腹も満ちる。今日はいささか食べすぎの夜。

〆の甘味をどうしようかと思案した。
ケーキにしようか。
それならチョコレートケーキかチーズケーキか。それとも季節のいちごのケーキにしようかなぁ…、と伊勢丹の地下をぶらぶらしながら歩いていると、千疋屋さんのフルーツサンドが目に入る。
これ、大好きだったサンドイッチです。

薄切りの食パンが食べると気配をすっかりなくし、いちごとクリームだけが口の中にあるようななまなましさを味わえる。ケーキの生地が邪魔せぬおいしさとでもいいますか。真似て作ってみようと試行錯誤したけど結局断念し、たまに買って一緒に食べたネ。なつかしい。

コメント

  1. toys

    初めましてコメントさせて頂きます。
    ほぼ日の記事からサカキ様の事を知り、ブログへコメントをしたかったのですが、詳しくも知らないまま、コメントするのが憚られ、こちらのブログを最初から読み始めました。
    もう少しで追いつく!というところで、ほぼ日連載終了を知り、そこでまたコメント時期を逸してしまいました。
    初めましてです。
    ブログを通してお人柄や、食に対するゴキゲンな記事を毎回楽しみにしております。
    時には笑い、時には鼻の奥がツンとするほど切なくなりながら拝読しております。
    当方、夫とは趣味も嗜好も全く異なり、唯一の共通点が美味しいモノを食べて嬉しくなる事です。付き合いたてのカップルのように毎度ドキドキワクワクはありませんが、食を通して日々、なるべくワクワクしようと過ごしています。
    世の中、シビアになりすぎて、解釈や生活習慣、果てまでは思考まで正誤が厳しい雰囲気ですが、美味しいモノを食べて、雰囲気を楽しんで、思った事は自分の言葉で発信しているこのブログが大好きです。
    これからも、沢山参考にさせて頂きます。沢山読ませていただきます。
    そして、今日はサカキ様の特別な1日ですよね。長文ですみません。これからも応援しております。

    • サカキシンイチロウ

      toysさん
      ボクたち二人も関心事はまるで違って25年経っても日々、驚きの連続でした。
      そんなふたりをつないでいたのは「おいしいものをたのしむ」という気持ち。
      食べるということは日々のコト。
      必要なことでもあり、でも必要だから食べるのでなく心を豊かにするために食べることを心がければ、日々の生活がたのしくなる。
      このブログはそんな気持ちの集大成なのかもしれません。
      はじめまして。
      付き合いが長くなるとドキドキワクワクはなくなっちゃいますけれど、互いをわかり合ってしみじみホノボノを味わうことができるようになると思います。
      ステキなコメントありがとうございます。これからもよろしくお願いいたします。

  2. junchan

    「上等もやし焼きそば」一本、一本、髭を取って、長さも揃えて、大変な作業ですね。でも、手間を掛けた分、美味しさも倍増するように思います。
    タナカさんとの共同作業、さぞ楽しかったことでしょうね♪
    私もマネをして、挑戦してみたくなりました。

    • サカキシンイチロウ

      junchanさん
      何をしゃべるわけじゃないんですけれど、ぽつりぽつりと近況報告。
      一緒に同じ作業をしているということがたのしかったんですね。しかもその仕事の結果、おいしいものにありつける。
      本当にたのしかった。
      上等なもやしはフカヒレスープにもいいアクセントになるんですよ。

  3. ヨウコ

    もやしの下拵えは丁寧にやると本当に手間なんですよねえ。でも、きちんと手抜きせずにやると、お料理した時にぜんぜん違いますよね。
    餃子を作る作業も1人でやると苦行なんですが、誰かとおしゃべりしながらだと楽しいですよね。
    トリッパと白インゲンの煮込みも丁寧なお料理で、とっても美味しそう!
    サカキさんのブログを見て、一度は絶対に行きたいと思ったお店の筆頭がオステリアナカムラさんです。
    まだ行けてないのですが、いつかせひ!

    • サカキシンイチロウ

      ヨウコさん
      オステリアナカムラの中村ご夫妻はいつも気をかけてくれていて、だから早く行きたいのですけれどまだまだ気持ちが落ち着かず…。
      桜が咲く頃。
      あるいは一周忌を終えた頃に伺っていつもの料理をいただこうと思ってのんびりがんばっています。

  4. ヨウコ

    サカキさん
    そうでしたか。
    はい、のんびりと、無理をせずに。
    自然に気持ちの赴くままでいいかと思います。
    今年の桜はどんなでしょうね。

  5. toys

    稚拙なコメントに丁寧に返して下さりありがとうございます。食べる事は身体だけでなく、心にも栄養なのですね。なお一層、楽しめちゃいそうです!上等もやし焼きそばもやってみます!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。