三希房にてシーズン最初の冷担々麺

sanki kanbansanki hiyasitantan九段下で打ち合わせがあり、ならばランチを「三希房」にしようと思った。

先日、お店の前を歩いていたらお店の前の道路に置かれた看板発見。
「冷やし担々麺、はじめました」という看板で、その涼しげな写真にお腹がグーッとなる。

ボクにとっては冷やし中華始めましたと言われるよりも、ずっと魅力的な季節を告げるおいしいフレーズ。
この店の近所のオフィスに通ってたときは、夏になるとかなり頻繁にやってきて、ここの冷たい担々麺で夏の元気をもらってた。
今年もそういう季節になった。今年もココでオキニイリの料理をたのしむコトができるというシアワセに、ニッコリしながらやってくる。

大層な繁盛店で、混雑しているに違いないと1時を目指してやってきたのだけれど、それでもほとんど満席で座敷の一角をもらって座る。
早速、冷たい担々麺の定食もらってのんびり待ちます。

sanki tantanそれにしても本当に流行っているお店で、しかも近隣のオフィスで働く人ばかり。ほぼ完璧にリピーターという、それだけおいしいと評価されてるお店なんでしょう。
ただ一年前にきたときは、麺と料理をひとつづつ選んで組み合わせることができるメニューがあったんだけど、なくなっちゃった。
多分、忙しすぎて手が足りない状態なのかも。
まぁ、しょうがない。
やってきた冷たい担々麺のおいしいコトにワタクシ、骨抜き。

スープはキリッと冷たいです。
冷たい担々麺なのだからスープが冷たいのは当たり前で、ところが旨みがしっかりしている。
鶏ガラベースの上等スープで、そこに辛味がまじってる。
茹でたもやしも冷たくて、ピリ辛味に仕立てた挽き肉も冷たい状態。なのに脂がスープの上に浮かばないのです。
細めの麺はゴリッと固くしめられていて、にも関わらずスープをたっぷり絡めて口へと運んでくれる。

sanki soupスープはポッテリとしているわけじゃなく、サラサラしていてなのに麺が口にやってくるその食感はクリーミーな担々麺。スープの上に浮かんだ胡麻やピーナツのペーストが麺と一緒に口の中へとやってくるからなのでしょう。
サラサラしてる。なのに食感クリーミーで、冷たいくせしてお腹がポカッと温まる。食べれば食べるほど、頭とお腹、口や舌が戸惑い、その戸惑いをたのしむような不思議な料理。堪能します。

ランチの定食にはほんの少しのご飯にシュウマイ。
エビとしめじを塩味炒めにしたものと、ネギとザーサイの和物がつく。シュウマイは肉がギッシリ。しかもザラリと舌触り。粗めに挽いた肉の食感がたのしめる。
ご飯をほんのちょっとだけ、小さな器に移したところに、冷たいスープを移してみます。
冷たいスープご飯のようにして味わうと、これまたサラサラ。麺の食感と違ったご飯のすべるような感じと一緒に、おいしいスープがやってくる。
どうやったらこういうスープができるんだろう。
辛い。けれどおいしくて、冷たい、なのに脂を感じぬなめらかさ。にもかかわらず口の中ではネットリとした味わいになり消えている。
レンゲですくって一口、そしてまた一口。味わい食べたら、あっという間にスープがほとんどなくなっちゃった。

sanki higawari二人で行って、二人で感心。
こういう料理を自分じゃ真似をできないことが本当に悔しい。
オゴチソウ。

二人でひとつ、日替わり定食をもらって分けた。
冷たい料理だけではお腹が冷えてしまうから、それで熱い料理がほしくなったのですネ。
今日の料理は、豚肉とタケノコ、きのこの炒め物。
オイスターソースの風味と旨み。見事なテリがうつくしく、ニラの風味が食欲湧かす。
油通しされた茄子が、トロリととろけて肉屋タケノコの食感を引き立てこれもなかなか旨い。
ご飯の上にのっけて即席丼のようにして味わうと、冷たい担々麺のお供にピッタリ。定食の一部をなした卵スープは、玉子と共に酸味を帯びた漬物を入れ、夏のお腹にやさしいもてなし。
今年は何度、これを食べに来るんだろう…、って思ったりした。オキニイリ。

 

関連ランキング:中華料理 | 九段下駅神保町駅飯田橋駅

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。