三州屋の牡蠣フライ、冬のシンプルチョコレート

牡蠣フライを猛烈に食べたくて「三州屋」にくる。
どこにしようかかなり迷った。例年ならば有楽町のレバンテを選ぶ。けれど何があったのか今年は牡蠣の噂をとんと聞かない。
…、となると三州屋だなぁとそれで銀座二丁目。ビルとビルの谷間の路地の突き当たり。この路地だけとると、ここが銀座かとびっくりするほど生活感に溢れてて、でも昔の銀座にはこういう路地がたくさんあった。
今でこそビルにおさまり偉そうな顔をしている名店も、こういう場所でおなじみさんをひっそり待っているものでした。
中に入ると開店直後というのににぎやか。カウンターの端っこの席をもらってホッとする。使い込まれて角がすっかりとれてしまった白木のカウンター。ランチ商品が書かれたホワイトボードをみると牡蠣フライの定食がある。それをたのんでのんびり待った。

居酒屋のランチって実はあんまり好きじゃない。
酒の肴でご飯を食べさせられているのって、片手間ランチのように感じる店がほとんど。
ここは居酒屋。
けれど「料理がおいしい」居酒屋で「肴」ではなく「日本料理」で酒を飲んでるって贅沢感が人気のお店。
牡蠣フライも見事です。
低温でじっくり揚げるから、衣は色白。
カサッとパン粉衣が前歯をくすぐって、ラードの匂いが軽く漂う。低温調理だから牡蠣の芯まで熱が入って仕上がっている。生の牡蠣の色っぽさはなくしているけど、みっちり旨味が凝縮されてムチュンと歯切れる食べ応えかんは肉感的。

牡蠣の旨味で何も使わずとも味わえる。ただラードの香りがほのかに重たく、おいしいのだけど食べ続けるとちょっと疲れる。そこでウスターソースをチョチョッとかけるとスキッと油が軽くなる。
千切りキャベツと野菜サラダがついてくる。レタスの葉っぱにきゅうりにパプリカと洋野菜を塩で揉んでしんなりさせて、マヨネーズ和えにしたサラダ。みずみずしくておいしくて、しかも缶詰の黄桃が一口分だけ混ざってる。そのなめらかと酸味と香りが口の中を華やかにする。
ヌルンとなめこの食感がおいしい汁にやわらかご飯。冬が来たんだ…、としみじみ思う。オキニイリ。

 

関連ランキング:定食・食堂 | 銀座一丁目駅有楽町駅銀座駅

 

冬のゴチソウで満たしたお腹に冬のデザートで蓋をしようと「ピエールマルコリーニ」にやってくる。
有名なショコラティエです。一階がチョコレートブティック、2階、3階がデザートサロンでチョコレートパフェがおいしいので有名。
ただ今日の目当ては「シンプルチョコレート」。
高純度のビターチョコレートに生クリームとミルクだけというシンプルなチョコレートドリンクで、ただ濃度がすごい。スプーンをそっと表面に置くと沈まずずっとそこにある。すくって持ち上げるとずっしり重たく、ポッテリ舌の上にのっかりゆっくり溶ける。
甘い。苦くてほのかに酸っぱくて生まれたてのチョコレートを味わっているような無垢にしてフレッシュな味。ホットとアイスの2種類あってそれぞれ味わい異にして、一層濃厚でなめらかなアイスがボクのオキニイリ。冷たいくせしてお腹や気持ちがあったまる。オゴチソウです、満たされる。

 

関連ランキング:チョコレート | 銀座駅東銀座駅有楽町駅

コメント

  1. にゃおにゃん

    カキフライ、築地なら新富町寄りの蜂の子か、築地本願寺前の路地ふじむらがランチの定番でした。足が向きましたら是非。
    鳥取は生牡蠣は有名ですが、カキフライを出すお店はなく、築地が恋しいです。
    寒さに向かう頃松葉蟹と親がにが旬な季節、温泉とセットでこちらへもどうぞ。

    • サカキシンイチロウ サカキシンイチロウ

      にゃおにゃんさん
      県庁所在地の中で、日本一、星がキレイにみえる街が鳥取と言う人がいます。歳がキレイである上に、冬の美味が揃う街。
      昔は定期的に伺う機会がありましたが、最近、ずっとご無沙汰。機会があれば…、と思います。
      蜂の子さん。
      長らく伺ってないなぁ。なつかしいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。