一緒に食べたかったなぁ…このオムライス

築地本願寺さんでお経をあげてもらいました。
華麗で厳かな空間に身を置きお経を聞いてると、こんなところで毎日好きなことをやってるんだろうなぁ…、と思って気持ちがホッとする。祈りとは故人のためであると同時に残されたもののためにあるもの。
さぁ、昼ご飯を食べに行きましょう。
どこにしようと歩いていたら、路地に看板。
一緒に行こうよと話してて、結局、行かずじまいに終わった「蜂の子」の看板で、そうか、こんなところにあったんだ。
特別探したわけじゃなく、ただただ気持ちが向くがまま歩いた先に、2人で来ようと思った店があったなにやら不思議なご縁を感じる。飲食店のありそうもない路地の、飲食店が入っていそうもないビルにそっと佇むおだやかな店。窓に面して置かれた一人がけのテーブルに座って大きく息をつく。

来たかった理由はオムライスがおいしいという噂を聞いてて。
オムライスにはいろんなタイプがあって、運命のひとつを探していろんなお店に行っていた。
オムレツをのっけたオムレツライスじゃなくて、玉子でご飯を包み込んだオムライス。けれど上等なオムレツを食べてるみたいななめらかでとろける感じを味わえるのがあったらネって探して見つけたここの写真にもしかしたら…、と思ってた。
だからオムレツがメインのプレートランチを選んでたのむ。
まずポタージュがやってきて、それがなんと春菊のポタージュ。クリームと出会うと春菊がクレソンだったりチコリだったり、あるいはふきのとうだったりの味や香りに変幻自在。今の季節のいい料理…、ってうっとりしながらメインを待った。

オムライスとハンバーグ、ポテトコロッケの盛り合わせ。
卵はふっくら焼き上がり薄いオムレツといった顔立ち。
端からちょこっと顔を覗かすケチャップライスに、明るい色のデミソース。
スプーンで軽くひとすくい。
舌にのせるとフワッと卵がとろけてたちまち消えていく。
どう表現すればいいんだろう…、飲めるオムライスと言ってもいいほどなめらかで、でも飲んで勿体無いから全身全霊をかたむけ味をたしかめる。
卵はバターや生クリームをたっぷり飲み込み仕上がっていて、ケチャップライスはパラパラ。ときおり鶏肉が奥歯で潰れる。
これだったネ…、これをボクらは探していたんだ。絶対彼は喜んだはず。見て微笑んで、スプーンを入れて驚いて、すくいあげておしゃまさんな顔をして、食べて笑って「すごいネ、おいしい」っていいながら次のひとくちを口に運んでまた微笑んで。

ソースは「過ぎない」。甘すぎず、酸っぱすぎず旨すぎず、塩の加減もほどよくて卵やご飯の味をしっかり引き立てる。とは言えドッシリとした肉の風味は心地よく、舌の上ではビロードのごと振る舞い気持ちを贅沢にする。
ハンバーグをなすひき肉はメッシュ細かく仕上がりやわらか。スプーンですくって食べられるほど。熟した肉の香りがドッシリとしてソースと混じって風格のある味わいになる。
食べすすめるに従ってご飯と卵の割合が卵多めになってきて、卵あんかけご飯を食べてるみたいな気持ちにさえなってくる。ケチャップライスを具材に作ったオムレツみたいな不思議でたのしい食べ心地。一緒に来たくてしょうがなくって、一口目からずっと泣いたよ…、また来よう!

 

関連ランキング:洋食 | 新富町駅築地駅東銀座駅

コメント

  1. ヨウコ

    タナカさんにも食べてほしかったですね、本当に。
    私も亡くなった両親の好物に出会うと、食べさせたっかなあ、絶対に喜んだのになあと、いつも堪らなくなります。
    旅先で素敵なお土産物を見つけた時もそう。
    悲しいし、悔しいですよね。

    でも、サカキさんが美味しい物に出会うたび、タナカさんは常に優しく見守ってる気がします。

    • サカキシンイチロウ

      ヨウコさん
      絶対に好きだったに違いないんです。
      なにより自分では絶対に作ることができない料理。築地にはたまにきていたので、来るたのしみができたはずなのに。
      大声で「見つけたよ!」っていいたくなりました。

  2. にゃおにゃん

    これまた懐かしいお店。ここのランチが大好き。経営者らしきマダムはお元気かしら?
    この先、新富町寄り中央区役所近くにヤナギという洋食屋さんがあり、オムドラメンチが好きでした。

    • サカキシンイチロウ

      にゃおにゃんさん
      新富町のヤナギさんはお店の前を何度が通ったことがあって、おいしい匂いにウキウキしたものです。
      機会があったら食べてみなくちゃ。
      この界隈は築地とも銀座とも違ったのんびりとしたムードがあっていいですよね。

  3. チキタン

    サカキさん
    きっと田中クンが連れてってくれたんですよ
    蜂の子 ここだよ
    探してたところだよって
    だから田中クンも一緒に頂いてると思います
    美味しかった 嬉しいって
    喜んでると思います
    私も今度行ってみよう

    • サカキシンイチロウ

      チキタンさん
      そっかぁ…、そうですね。空の上から見れば、あぁ、ここだってすぐわかったに違いないですから。
      本当に素敵なお店でした。

  4. チキタン

    サカキさん
    サカキさんが偶然行ったり、見つけたりしたお店
    もしかして田中くんが導いてるお店かも
    ここきっと気に入っただろうな
    ってお店は
    そっと田中くんが背中押してるかもですよ

    • サカキシンイチロウ

      チキタンさん
      そうだと思います。そう思えばとてもうれしい。

  5. nt

    食事って好きな人とじゃないと美味しくないですよね。誰かがみんなで食べる席から離れはじめると「職場をやめる」んだなって…事務所の所長が言ってたのを思い出しました。美味しいものを一緒に食べて美味しいねえって笑って言えるのは本当に幸せな事ですね。

    • サカキシンイチロウ

      ntさん
      何を食べたかより、誰と食べたか。
      どんな話をしてどう感じたのかのほうがずっと大切ですよね。
      おいしく感じるってそういうことだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。