ロシアのパンにボルシチ紅茶、スンガリー

昨日の夜、七草粥を食べながらなぜだか無性にロシア料理が食べたくなった。
なぜ食べたくなったのか…、というとそれがへんてこりんな理由で「たま」が昔、歌ってた「ロシアのパン」って歌が頭にポンっと降りてきた。「お母さんはロシヤのパンを焼く、台所をいい匂いでいっぱいにする♪」って一節がずっと頭の中でリフレインして、どうにもロシア料理が食べたくなってしまった訳。
ランチを食べる場所は新宿。
銀座や渋谷ならロシヤ料理のおいしい店を知ってるけれど、新宿で…、となるとなかなか思いつかない。ウェブでいろいろ調べていたら、スンガリーってお店を見つける。予約をしとけばディーナータイム限定のコース料理も食べられる…、というのでそれを予約した。
いつも前を通ってるビルの地下。こんなところにロシア料理のお店があるんだとびっくりしながら階段降りるとキリル文字の大きな看板。スンガリーと読むんでしょう…、異国情緒が俄然高まる。

丁寧に作り込まれたインテリア。ロシア女性がニコニコしながら案内してくれテーブルの上はすでにコースのセッティング。おいしいムードにワクワクしてくる。まずはサラダがやってきて、それに続いてボルシチ、それからロシアのパン。
サワークリームを溶かしながらふうふうしながら食べるボルシチ。ビーツの風味にトマトの酸味。よく煮込まれた牛肉がホロリと崩れて肉の旨味が染み出しおいしい。しっとりとしたニンジンにホロホロ煮崩れたジャガイモにもスープがしっかり染み込んでいる。
ボクをこの店に呼び寄せたロシアのパンをボルシチに浸してパクっ。ライ麦の香り強烈な乾いた生地がボルシチ吸い込みなんとも旨い。

きのこスープがやってくる。
ロシア料理といえば、ボルシチとこれ…、って感じの料理。
壺の中にクリームスープを入れてパイで蓋して焼き上げ食べる。
ここのはパイじゃなくってパンで蓋する。

このパンが、おいしくびっくりします。
表面バリバリに焦げて仕上がり、蓋の内側にあたる部分はふっくらふわふわ。バターをたっぷり吸い込んだ自然な甘さのパンがもうそれ自体おいおしくて、スープを忘れてハフハフ食べる。
スープの中にはマッシュルームがたっぷりで、キノコ由来のどっしりとした旨味が口に広がっていく。お腹が芯からあったまる。

そしてメインはロールキャベツ。ここのは焼いて仕上げるタイプです。
キチッとキャベツで巻き上げたロールキャベツの上がこんがり焼け、焦げている。ソースはサワークリームの酸味がおいしいアメリケーヌソース風。ソースもフツフツ小さく沸騰し続けていて、ずっと熱々。ナイフでスパッと切るとハラリとキャベツが散らかって、中からふっくらとした挽肉出てきて肉汁ジュワリ。甘いキャロットグラッセにジャガイモ、緑のブロッコリ。
お腹をあっため満たしたあとは、ロシアンティーを飲んで〆。どれもおいしく味わい深く、なによりお店の人のサービスがしっかりしてた。よいお店。

ちなみにボクをロシア料理店にいざなった歌がこれ。一回聞くと、頭のどこかにロシアのパンの部屋ができます。危険です(笑)。

 

関連ランキング:ロシア料理 | 新宿三丁目駅新宿西口駅新宿駅

コメント

  1. Aoda

    たま懐かしいです!!
    私はトラピストクッキーが食べたくなってしまいました…。

    • サカキシンイチロウ サカキシンイチロウ

      Aodaさん
      おやつはトラピストクッキーですものね。時代を超えて心に響く名曲です。

  2. いにしえ

    サカキさま
    ああスンガリー!西口のスバルビルにあったのが、ここに移転したのですね。気軽にきちんとした丁寧なロシア料理がいただけて大好きです。
    歌舞伎町の西武新宿駅沿いに本店がありますよ。スバルビルとの2店舗体制だった頃は、本店の方が若干メニューが多かったような、そして何となくより本格的っぽかったような気がしてましたが、今はどうなんでしょうか。確かめてみなくちゃ。
    本店で、ブリヌイでスモークサーモンを巻いて、ウォッカをキュッと頂いたりすると幸せというものでした。
    久しぶりに行きたくてウズウズしてます。

    • サカキシンイチロウ サカキシンイチロウ

      いにしえさん
      スバルビルは解体がすっかり完了して、隣のビルと合わせて再開発をまっている状態。新しいビルになったらどんな飲食店が入るんだろう…、ってちょっとワクワクしています。
      それにしてもこのお店。実力派ですね。感心しました。おっしゃるように本店の方がメニューは多彩で、夜はバー使いもできるんですよ…、ってお店の方がおっしゃっていた。いつか夜に…、と思いました。

  3. kiko

    サカキさん
    大昔、新宿伊勢丹から徒歩圏内にあるロシア料理のお店に連れて行ってもらったことがありました。パンで蓋したきのこシチューの壷焼きとロシアンティーがとっても美味しかった記憶があり、恐らくこのお店だったんだろうなあと懐かしくなりました。
    京都の南座近くにとても目立つ看板を掲げている「キエフ」というロシア料理のお店がありますが、こちらの姉妹店のようですね。
    今度行ってみようと思います。

    サカキさん、今年もごきげんで美味しいお話をたくさん聞かせてください。

    • サカキシンイチロウ サカキシンイチロウ

      kikoさん
      キエフ!キエフ風のカツレツを食べたくなっちゃいました。ロシア料理って縁遠いようでいて、日本にとってロシアが身近な先進国だった時代が長かった。
      その時代の名残で、ロシア料理の名店が日本各地にあったりします。食の歴史って国と国の歴史だったりするんだなぁ…、って思ってたのしくなっちゃいます。
      今年もたのしい食を探してご機嫌にまいります。よろしくお付き合いお願いいたします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。