ロゴが変わってカーネルおじさん若返る!

ときおり無性に食べたくってしょうがなくなるのがケンタッキーフライドチキンのフライドチキン。
一個でいいから食べてやろうと、新宿駅の前の店にくる。
駅の反対側にも一軒店があったのだけど、去年の後半、バーガーキングになっちゃった。
昔からあるケンタッキーが無くなったtことにびっくりすると同時に、バーガーキングの積極姿勢にもっとビックリ。大丈夫?って心配になる。
セルフオーダー端末で食べたいものを探してみるも、メニュー構造が複雑で単品をあれこれ組み合わせることよりもセットを注文してほしいんだなぁって思ったりする。しかも単品同士の組み合わせはおどろくほどに高くなるから、結局、自分が食べたい組み合わせに一番近いセットを探すことになり、フライドチキン一個にビスケット、フライドポテトに飲み物のセットをたのんでコールスローを追加した。

フライドポテトは本当は食べたくなかったんだけど、ほぼすべてのセットについてた。ケンタッキーフライドポテトってお店の名前にした方がいいんじゃないか…、って思うほど(笑)。
さて、フライドチキンのパーツはどこがくるんだろう…、ってドキドキしながらちょっと待つ。パーツを指定することはできない…、だからギャンブルみたいなものです。やってきたフライドチキンはキール。ニッコリしました。
脂の少ない胸肉で実はココが一番好きなオキニイリ。皮を剥ぎ、小骨と軟骨を抜いたらあとは肉だけで、食べやすい上、食べ応えもある。

バッサリとした肉質です。
それで口がちょっと乾いた感じになるのだけれど、ケンタッキー独特のスパイス。
揚げた油の風味が際立つおいしさ。
指を舐め舐め、おいしく食べる。ザクザク奥歯で砕けてこわれるコールスローもオキニイリ。

それにしてもビスケットはおいしいね…。メープルシロップを注ぐとゴクゴク吸い込んで口の中でぽってりとろけてなめらかになる。
メープルシロップがまたおいしくて紙にこぼれたシロップをフライドポテトで拭って食べたら、甘じょっぱくっておいしいことにのけぞりました。危険なゴチソウ。オキニイリ。

食べ終わったゴミを分別していたら、さすが工業製品。アイスティーのカップの蓋もピタッとコールスローの器の中に収まった。
そういえばカーネルサンダーおじさんのロゴキャラクター。顔から皺がとれてかなりシュッとしました。もっと昔はしわくちゃ顔にもしゃもしゃ白髭の、みるからに老人然とした顔だったのに…。頭の縦横比率も変わってスリムになっていたりもします。
シニア性で伝統だとか歴史だとを感じさせることより若々しさを優先したに違いなく、歳をとって見えることってそんなに悪いことなのかしら…、寂しく思った。なやましい。

コメント

  1. EIKO ISHIKAWA

    うっわ、気づきませんでした…>カーネルおじさん

    ステラおばさんだって、ステラお姉さんでシュッとしてたらイメージじゃないし、
    私は前のカーネルさんの方が好きだしKFCが美味しそうに感じると思うけど…

    とはいえ、私もビスケット食べたくなりましたー!週末はケンタだ!

    • サカキシンイチロウ

      EIKO ISHIKAWAさん
      このブログで「おばさん」って言葉を使って炎上したこともありますから、ステラおばさんとかカーネルおじさんとか呼ぶことにドキドキしちゃいます(笑)。
      おばあちゃんが作るお漬物とかお味噌とか…。
      おじぃちゃんが作る和紙とか家具とか…。
      すごい付加価値があるように思いますものね。年を取ることをマイナス評価にとらえる風潮って滑稽だなぁって思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。