レモンクリームブリオッシュクロワッサン

ひさしぶりにディーンアンドデルーカによる。
新宿駅の南口。ニゥマンの一階にあるカフェつきの店で、おいしいコーヒーを飲もうとやってきたのであります。
お店に入るとパンの甘くておいしい香り。
それに続いてお店でくつろぐおばさまたちの明るいおしゃべり、笑い声。気持ちが自然とたかぶるような構造になっているのがなにより上手。
レジの横にお菓子がズラッと並んでて、おいしそう。
お茶だけでいいやと思ってやってきた人を誘惑するような工夫も上手い。その手に見事にひっかかる(笑)。マキアートをダブルでひとつ。カップも大きく、濃いめのカフェラテじゃないかしら…、って思ってしまうほどの分量。アメリカンポーションということなのでありましょう。

お供にかったお菓子はレモンクリームブリオッシュクロワッサン。
名前がすでにおいしいです。
レモンクリームはイタリア菓子の花形クリーム。
特に今の季節はレモンの酸味と香りが一層おいしく感じる季節でござる。
ブリオッシュなのにクロワッサン。
クロワッサンなのにブリオッシュという不思議なパンは形はキレイな三日月型でクロワッサン的。
断面を見ると層をなしている様はクロワッサンのようではあるけど、バターたっぷりでふっかりとしてやわらかなとこはブリオッシュ。噛むと一瞬、口の中に散らかるように壊れるのだけど、たちまちとろけてクシュッと消える。そんなところはブリオッシュ。

クロワッサンを食べてるときのようにお皿は散らからない。すべてのものが口の中でちらかりとろけてなくなっていく。そこに混じってくレモンクリームの思いがけぬほどにたっぷりで、ぽってりしていてなめらかなことにもまたうっとりです。脱帽です。
クロワッサン型の先っぽ部分をマキアートにひたして食べる。レモンクリームの酸味がエスプレッソの酸味をひきたて甘みを強くしてくれる。苦味ゆたかで、泡はふくよか。疲れがゆっくりほぐれる感じ。
ここではマキアートをたのんだときだけサイドにチョコが一個つく。その場でこれをなめながらエスプレッソを飲むもよし、お土産にしてどこかでなめて溶かすもよし。今日はお土産。夜、食べる。

 

関連ランキング:カフェ | 新宿駅新宿三丁目駅代々木駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。