レタス抜きでもモステリは旨い!

四谷四丁目のモスバーガー。朝から夕方まで今の時期としては比較的長い時間営業していてありがたい。
平日は店内で食事をすることも出来、週末になるとテイクアウトだけだという。UberEATSの配送スタッフがひっきりなしにやってくるのが、どんなときにも安定している人気を感じる。
店内で食べるつもりで注文をする。
なんと四谷三丁目の尾張屋に週末入ってる中国系のおばさんが働いていた。
ひと通り注文を終えてお金を手渡しながら、いつも一緒にお店にいってた友人がなくなったんだ…、ってそっと伝える。
糖尿病だったのよね…、いつも注射してたし最近ちょっと体が疲れているようだった。足を引きずることもあったし、それが理由で?って。ボクには疲れているようには見えなかったけど、周りの人には違ったふうに見えていたのか…、ってあらため思う。

やっぱりもっと気づいてあげていればよかった…、とちょっと後悔。しょうがない。
テリヤキバーガーとスパイシーチリドッグ、チキンナゲットを注文しお供にたのんだアイスティーとビーパーもらってテーブルにつく。お店の中にはボクひとりだけ。のんびりとしたムードで料理が作られる。
5分ほど待ちましたか。ファストフードと言うにはいささかゆっくりで、ビーパーはならずにお店の人が料理をテーブルに運んでくれる。ありがたい。バスケットの中に料理がぎっしり、詰め込まれたようにやってくるのがおいしげで、いただきますとさぁ、食べる。

まずテリヤキバーガー。
何枚ものレタスが折りたたまれて、レタスがメインの具材のようにふるまうステキ。
新鮮で、ザクザク歯切れてみずみずしい。
ただ何枚も重なったレタスはかなりの難物で、噛み切ろうとするもちぎれず口の中に一度に引きずり込まれる。
3口目にしてすっかりレタスがなくなってテリヤキ味のハンバーガーになっちゃった。
まぁ、ここのテリヤキソースはおいしい。香ばしくって甘くてなめらか。ぽってり多めのマヨネーズと一緒になってバンズをとろかす。バーガーペーパーの底に残ってしまうほどにたっぷり。ちょっとばっさりしたパテをおいしくさせる。オキニイリ。

スパイシーモスドッグは安定の味。クミンシードの香りにうねるようなどっしりとしたチリソース。スッキリとした辛味と酸味が口をヒーハーさせるハラペニョ。若干甘めのドッグロールと相性もよくて飽きないおいしさ。
ただ若干、ソーセージが細くなったように感じる。歯切れ、肉汁、とろけ感は上等だからそれも良し。
チキンナゲットはふっくらタイプ。衣はやわらか、肉はフワッとふっくらしていて味も控えめ。この対極にあるのがバーガーキングのナゲットでいかにもアメリカ的なスパイスにガリガリ衣。どちらもそれぞれ趣深く、ただモスのナゲットのマスタードソースがボクは好き。酸味と辛味が突き抜けていて揚げた油をスッキリさせる。たっぷりまとわせ味わって、アイスティーでお腹を洗って〆とした。

 

関連ランキング:ハンバーガー | 四谷三丁目駅新宿御苑前駅曙橋駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。