レタスドッグにおうちで作るグリーンカレーの伊府麺

ドトールコーヒーでちょっと休憩。
いつものドトール。いつものスタッフ。お店の空気もいつもの空気で中に入るだけでホッとする。
アイスラテでお腹の熱をスキッととろう。
そう思って注文し、けれどなんだかそれだけでは寂しいような気がしてそれでレタスドッグをお供にたのむ。
ドトールコーヒーのジャーマンドッグの一番のおいしさといえばドッグロールのさっくりとした食感、甘さにたよらぬ小麦の風味が際立つところ。
レタスドッグもパンがおいしい。そのパンから溢れ出すほどたくさんのレタスの葉っぱが差し込まれ、それをベッドにソーセージ。上からたっぷりの粒マスタード。レタスの上には水滴がキラキラ輝き、食欲誘う姿がステキ。

ソーセージは若干細くてひ弱になった。ずっと茹でた状態にあるから時間が経つとブヨブヨになる。かつてソーセージを焼いてくれてたときにはパキッと弾けるような食感があり、それがジャーマンドッグのおいしいところだったんだけど、今は残念。しょうがない。
だからこれはパンとレタスを味わう料理。その両方の持ち味を引き立てるためにマスタードがあると、そんな感覚。でもその組み合わせもなかなかよくてお腹の中をみずみずしくする。アイスラテで口を潤し、みずみずしさに拍車をかける。オゴチソウ。

 

関連ランキング:カフェ | 四谷三丁目駅曙橋駅新宿御苑前駅

 

中村屋で買った伊府麺がまだ残ってる。
乾燥面ではあるのだけれど、消費期限がとても短く、それを使って今日のメインになりそうなもの。
さぁ、どうするかと考えながら食品売り場を歩いてた。
順当に考えるならスープで炊いて上に五目あんかけをのせるのが普通のレシピ。
ただあんかけって未だに苦手でかなりの確率で失敗しちゃう。
帯状でペロンペロンで細かな穴が無数にあいてる麺だから、例えば麻婆豆腐なんかをかけてもおそらくおいしいだろう。
中華風にこだわらず鍋焼きうどんとか味噌煮込みうどんのように仕立ててみるのもいいかもしれない…、ってあれこれ考えながら目に入ったのがグリーンカレーのレトルトパック。
一時期、グリーンカレーにハマったことがありまして、辛くて甘くて旨味もしっかりしていてしかも緑の香りがさわやかな不思議なおいしさ。ただそれと普通のご飯をあわせるとベタベタ感が際立っちゃって例えばそうめんなんかとの相性がいい。
もしかしたらとスープで戻した伊府麺にかけてみたらこれがおいしい。フワフワとした麺にカレーがたっぷりからみ麺の形をしたグリーンカレーが口の中にあるような心地よくって不思議な食感。この伊府麺、いろんなものと合わせる実験をしてみたいなぁ…、と思ったりした。オキニイリ。

お供にサラダ。カンパチの良さげな刺し身があったので、メインのグリーンカレー伊府麺に合わせてアジア風に仕上げる。
カーリーリーフとパクチーをピーナツオイルとヌクマムでドレスさせたのにニンニクチップ。塩で下味つけたカンパチをのっけて一緒に食べてみる。醤油で食べるのとはまるで違った味わいで、モサモサとした葉っぱ野菜がムッチリとした魚の食感引き立てる。
鰹節をまぶしたご飯でおむすび作り、キュウリをバンバン鍋底使って潰したモノに塩と刻んだザーサイとネギをまぶして熱してニンニクオイルをかける。しばらく休ませ味が馴染んだところでパクリ。エキゾチックな夜になる。

コメント

  1. ヨウコ

    サカキさん、すごいです。
    グリーンカレーと伊府麺の組み合わせなんて!
    よくぞ思いつきましたねー。
    中村屋さんのオニオングラタンスープをコンソメ代わりに使う知恵も教えていただき、ありがとうございます。
    いろいろお勉強になります。

    • サカキシンイチロウ

      ヨウコさん
      アジア系のカレーとの相性がいいことがわかったので、今度はティンフックさんの鳥カレーと合わせてみようかなぁ…、なんて企んでもいます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。