レストランサカキ@キッチンステージ

定期的にくるのがたのしみのキッチンステージ。
新宿伊勢丹のデパ地下にあり、オープンキッチンを「覗ける」カウンター席と、身近に「感じる」ことができるテーブル席が全部で20席ほど。メニューは持たず定期的に持ち込まれる有名店のレシピで料理が作られる。
この水曜日から10日間ほどは「レストランサカキ」のプロデュース。
京橋にあるレストランで、何度か行ったことがある。「サカキ」ではあるけれどシェフの名前は榊原さん。なんで「原」をとっちゃったのかはわからないけど、身近に感じてこれは来なくちゃと思ったり次第。
もともと洋食屋さんとしてスタートした店。今では昼は洋食、夜はフランス料理とメニューコンセプトをちょっと変え、たしかに洋食はお腹いっぱいになるのにぴったり。けれど夜、お酒と会話をたのしむにはいささか性急。合理的に過ぎるお料理。

洋食店は夜の集客に苦労する。一方、フランス料理は昼のお腹いっぱいを提供するのが下手くそで、それを上手に使い分けるコトができれば使い勝手のいいレストランになるだろうとそれで今のお店になった。いいんじゃないか…、と思ったりする。
通常、キッチンステージのメニューはおまかせコース的。それも1種類かせいぜい2種類。
ところが今回のイベントでは全商品がアラカルト。全部で5種類の料理を自由に組み合わせるコトができるという。しかも料理の提供が驚くほどにスピーディー。ランチの忙しい洋食レストランで磨いた仕組み、技術はスゴいって感心します。

まずはサラダ。
メインディッシュとしても十分役目を果たす「メリメロサラダ」でお腹を開く。
フランス語でごちゃまぜ。
レタスにルッコラ。山盛りの野菜の中には生ハム、トマト、イチヂク、カテージチーズにブルーチーズ。グレープフルーツが酸味や苦味をそえて味もメリメロ。葉っぱ野菜を食べてくと最後はワインをねだる前菜料理のように見えるのがオモシロイ。

メインディッシュはポークジンジャー。「豚肉の生姜焼き」的ではなく「豚肉のステーキ」みたいな風貌で、分厚い豚肉を焼いて上にジンジャーソースをまとわせたモノ。
ナイフを入れるとスパッと切れる。
きめ細やかな繊維がザクッと切れる感触が手に伝わってっくる。その断面のうつくしいコト。表面色白。けれど内側はキレイなロゼ色。ふっくら断面盛り上がり、しっとり濡れてる。肉の旨みをたたえた肉汁。口に含むと舌をおいしく濡らしてくれる。
噛むとざっくり、歯切れがよくて上品な旨みジュースがほとばしり出る。
分厚く焼いておいしい肉ってもしかしたら豚肉において他にないかも…、って思ったりする。オゴチソウ。

ほんの少しのご飯がつきます。お腹を満たすためというより、強めのジンジャーソースで疲れた口を休ませるための役目のご飯。固めに炊けてて、ホツホツとした食感で口の中がニギヤカになるのもたのしい。洋食屋さん的発想だなぁ…、って感心します。
小さなカップにミネストローネ。これも味はやさしくてそれだけ飲むとちょっとひと味足りないかなぁ…、って感じるほどに野菜そのもの味で仕上がる。これもポークジンジャーの合間に食べると口がホっとするほどよきおいしさ。ポークジンジャーのサイドの焼いたトマトにブロッコリ。アメリカ料理ならばマッシュポテトが添えられるとこポテトサラダというのも洋食。ホっとするほどやさしくて、唸るほどにおいしい料理。オキニイリ。

 

関連ランキング:フレンチ | 宝町駅京橋駅銀座一丁目駅

コメント

  1. ポルコロッソ

    はじめましてサカキ様
    いつもブログ 楽しく拝見しております。
    先週水曜日に キッチンステージに 素敵な赤い服の男性が座ってらして、サカキ様に違いない!と思いながらも子供がいたのでお声がけ出来なかったのですが、このブログを拝見したら日付が違ってましたので、お声がけしなくてよかったと思いました(笑)
    今度仕事で初めて神戸に行くので、サカキ様のブログにあった KOBE A_1にいってみたいとおもっています。
    いつもありがとうございます。これからもどうぞよろしくお願い申し上げます。

    • サカキシンイチロウ サカキシンイチロウ

      ポルコロッソさん
      赤は大好きな色なので、赤いジャケットやカーディガンを来ている小太りおじさんがボクである可能性は極めてたこうございます(笑)。
      いつかお目にかかれればなぁ…。
      神戸のA!さん。
      ひさしぶりに行きたいなぁ…、東京の「上等はステーキは高級レストランで」という常識が一切すっ飛んでしまうようなカジュアルで気軽な空間。たのしまれてくださいね!

  2. ポルコロッソ

    コメントありがとうございます。
    そうですか!
    赤い服の素敵な紳士に、今度こそお会いできたらお声がけさせていただきます。
    どうぞ宜しくお願いします。
    初神戸なのに、素敵なお店にめぐり合わせていただいて(まだ行っておりませんが(笑))どうもありがとうございます。
    私の両親の実家の岐阜でも、今度サカキ様お勧めのお店に行ってみようと思います。楽しみをたくさん分けてくださって嬉しいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。