リンガーハットの朝、アレルゲンフリーのモス

朝食営業をやっているリンガーハットが新宿にある…、というので来てみる。
新宿西口のヨドバシカメラ王国の端っこにあるお店でかつて24時間営業をしていたところ。
今はさすがに24時間営業ではなく平日だけ朝の8時に開店をする。
実は先日、週末に来たら10時半開店で朝食メニューはやってなかった。
11時までとお店の外のポスターにあったから、30分だけは朝食時間なのかなぁ…、とぼんやり思ってきたのだけれど、あっさり「週末は朝食やってないんです」って。
悔しかったから出直した今日。平日も朝食メニューだけがあるというわけじゃなく通常メニューも提供してて、ボクの隣では朝からビールを飲みながら皿うどんを食べてる人がいたりした。新宿という自由な街では何が起こっても不思議じゃないのが愉快でたのしい。

さて今日は平日。
11時までの朝ご飯。
朝の野菜食べるスープセット500円也。
お粥かいなり寿司のどちらかというシステムで、いなり寿司を選んで注文。
お店のスタッフはアジア系の女性だけ。ちゃんぽんスープの匂いと相まってどこかアジアの小さな街ではじまる朝のよう。

厨房で野菜を炒める音がする。それに続いてジューッってスープを注いで煮詰める湿った音。その騒々しさが落ち着いた頃合いで商品登場。注文してから5分はかからずやってきた。
トレーの上にスープの入った丼といなり寿司が一個、そしてスープ用の味変調味料。柚子胡椒と生姜の味のドレッシングがのっかっている。

スープはかなりの具だくさん。
ざく切りにしたキャベツにニンジン。もやしにいんげん豆にきくらげ、そしてスートコーン。拍子切りにしたかまぼこ、豚バラ肉とたっぷり多彩で、スープというより水気の多い野菜炒めという感じ。キャベツはザクザク歯ごたえがよく、もやしもシャキシャキ。クニュクニュとしたきくらげやむっちりとしたかまぼこと食感多彩で、分量以上の満腹感が味わえるのがいい感じ。
お稲荷さんはほんわかほかほか。もしかしたら凍ってたのをレンジアップしたのかなぁ…。酸味まろやか、お揚げの味もほどよくて悪くないなぁって思って食べる。途中で柚子胡椒のドレッシングを注いで酸味と香りを足して、シャキシャキザクザク野菜を食べてお腹が満ちる。
さすがにスープの味が強くてほとんど残す。しょうがない。

 

関連ランキング:ちゃんぽん | 新宿駅都庁前駅新宿西口駅

 

ところで先日、モスバーガーでちょっとしたあたらしい経験をした。
もともと他のファストフードチェーンがこだわらぬところにこだわることで、差別化してきたチェーンストアです。
例えば野菜の産地であったり、その保存法に加工法。
菜摘なんていういまだに他のチェーンが真似をしようともしない名品を生み出せたのも、そういうこだわりのおかげなんだと思ったりする。
いつもはあまりメニューを見ないでオキニイリのものを注文してた。
その日は隅から隅を眺めて何を食べようか…、って考えていた。そしたら「低アレルゲンメニュー」っていうのを発見しました。もう何年も前から提供しているらしく、不勉強を一気に取り戻そうと「ポークサンド」を選んでたのむ。一緒に菜摘のエビカツとアイスティーのMサイズ。

7大アレルゲン物質。
つまり、卵・乳・小麦・そば・落花生・えび・かにを含まぬように調整された食品です。
ビニールの包装のままやってくる。
スタッフが商品に手を触れたり他の食品と接触することでアレルゲン物質が混入することを避けるため。
もうひとつたのんだ菜摘エビカツには当然エビが含まれているから、商品を入れるバスケットまで別々にするという徹底ぶり。
おそらく凍った状態で保存されているのでしょう…、消費期限がほぼ半年先というロングライフな商品で、しかもその消費期限が目立つ場所に目立つように印刷されている。こんなに先まで保ってしまうものを食べても平気なんだろうか…、ってちょっとドキドキしてしまうのが少々厄介。今の食品保存技術の凄さばかりに感心しちゃう(笑)。

もっちりとしたナンのような食べ心地の生地。ソーセージは旨み、塩味ともに強くて健康配慮ではなくあくまでアレルギーを起こさぬようにという食品なんだと食べつつ思う。まだこういう色の世界は発展途上。ビジネスチャンスがあるんじゃないか…、と思ったりもした。オモシロイ。
菜摘エビカツは堂々のおいしさ。レタスはシャキシャキつめたくて、挟んだエビカツはサクッと歯切れて中に閉じ込められたエビはムチュンと香ばしい。レモンの香りのソースがぽってり。千切りキャベツが甘くて風味が良くってバリバリ食べる。あっという間にお腹におさまり、ポークサンドはおやつにしようと持って帰った。お勉強。

 

関連ランキング:ハンバーガー | 四谷三丁目駅新宿御苑前駅曙橋駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。