リビスコの生のジェラート

銀座松屋の裏側あたりにジェラートのおいしい店がある。
場所はスモークサーモンの専門店「王子サーモン」のお店の2階。
ドアをあけるといきなり階段のにちょっとびっくり。お店の名前は「リビスコ」っていって軽井沢に本店がある。今の時期、軽井沢はオフシーズン。しかもコロナで観光客はほとんどこない。それで休業。銀座のここだけが今、リビスコのジェラートを食べることができる場所。
生ジェラートというのが売り物。
できたジェラートを凍らせることなくその出来たての味をたのしんでもらおうとお店の中にキッチンを作って少量づつ作ってショーケースに並べてる。全部で10種類ほどのフレーバーがあり、ここらしいのはいちごのジェラートやミルクジェラート。まずそれを半分。

それから珍しいことにピスタチオが今日はある。
それを半分。
コーンにのっけてもらって食べる。
空気をたっぷり含んでふっくら、しかもなめらか。
口溶けがよくて、温度が上がるとサラッととけていちごやピスタチオの香りがフワッと立ち上がる。
いちごのジェラートはまるでいちごの練乳がけを食べてるみたいな感じを味わえ、ピスタチオはとてもやさしい。
ピスタチオの分量を多くすると濃厚味はなるのだけれど、きなこや枝豆みたいな味にもなってしまって、その塩梅がむつかしい。ここのは押し付けがましくない程度のピスタチオ味。ホツホツ、ところどころに砕いたナッツも残ってて堪能しました。オゴチソウ。

 

関連ランキング:アイスクリーム | 東銀座駅銀座駅銀座一丁目駅

 

夜は家でご飯を作る。
今日のメインは焼いた牛たん。
USビーフの厚切りのたん元。塩とうま味調味料を水で溶かして霧吹きしラップで包んで冷蔵庫の中で休ます。

昨日の夜に仕込んだ牛たん。
ちょっとドリップがでてはいるけどふっくらとして、旨味成分のために表面がぺっとりしてる。
ロースターで焼こうかと思ったけれど、脂ののりがそれほどでなくフライパンで焼いてみた。
弱火でじっくり芯温をあげ、最後に強火で表面カリッとさせて休ませ一枚を3切れにする。4枚買って焼いて並べて全部で11枚しかないのは途中で一枚つまみ食いしたからでござんす。

サイドにざく切りにしたキャベツの塩もみ。一味唐辛子をたっぷり使ってご飯と一緒にザクザクバクバク。肉汁たっぷり、旨味も十分。堂々夜のメインを果たすオゴチソウ。
アルファルファを氷水に漬けてシャキッとしたのにビッグシェフのファンシーモアドレッシングをたっぷりかけてシャキシャキ食べる。口の中がみずみずしくなり体を芯から洗うよう。刻んだ青菜と海藻の漬物お供に、汁は刻んだ油揚げとちょっと多めの味噌でぽってり仕上げたもの。
今夜も上出来。のんびり映画を観るつもり。

コメント

  1. ナリヒト

    程よい焼き加減ですネ、アルファルファが束になって噛まれる感覚、オツな感じの青物の漬物!ご飯の国の人で幸せだと、榊さんの自宅ご飯のフォトを見ていて、いつも参考になります。

    • サカキシンイチロウ

      ナリヒトさん
      料理することを面倒くさく思わない限りはまだまだ気持ちが元気な証拠。
      そう思いながら、あれこれ料理を作っています。
      おいしくできたときは一人でにんまり。誰かに自慢したくなっちゃいます。

  2. らら

    タンの焼き方がお上手!
    色合いにうっとりしました( *´艸`)

    今日、難波の大黒さんに行って来ましたよ。
    開いてるのかどうか分からなくて逡巡しましたが近付いたらお出汁のいーい香り♪

    かやくごはんは大にするべきでした!煮魚も噂に違わずとっても美味しかったです(^-^)白味噌もお雑煮以外ではあまり食べないので新鮮でした。次は赤味噌にトライします♡

    • サカキシンイチロウ

      ららさん
      大黒デビュー。お気に召して頂いたようで、わがことのようにウレシイです。
      白味噌に卵を落としてもらうのが大好きで、こうやってコメントを書きながらもよだれがでてしまいます。
      かやくご飯のふっくらとして軽やかなこと。確かに「大」でもすんなりお腹に収まってくれますよね。

  3. ちい

    来月から子どもが軽井沢勤務になります。しばらく住むので遊びに行く予定です。オンシーズンにリビスコ行ってみようと思います。

    • サカキシンイチロウ

      ちいさん
      東京から続々と大企業の本社が逃げ始めていますね。軽井沢はそのうち東京の第24区になっちゃうかもしれない勢い。
      ボクも早くリビスコの本店に行きたいです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。