ラルフな紅茶、吉兆の吹き寄せ寿司に味噌煮込み

大塚で食事を終えて山手線に乗る。
あいにく雨が降りはじめ、さて、どこで降りようかと思案する。
本来ならば新宿で降りぶらぶらしながら家に帰るというのが順当なところ。けれど今日は友人がいる。
どっか行きたいところはある?って聞くと、原宿に用事があるといえばあるという。
ならば原宿に行ってみようと…、と新宿の駅を乗り過ごす。
駅舎がすごいことになっていました。オリンピックシフトの急ごしらえでホームも増設、駅ビルも新設をまるで違った場所にきたよう。駅の前に大きなビルができていて、営業している店もあり、まだ開店していない店もありとこれから一体どうなるんだろうとちと心配になったりもする。竹下通りも人通りなく、表参道にでると一層静か。雨が降っているからということもあってでしょう…、参道の緑がいつも以上に緑に見える。
前から気になっていたラルフローレンの中のカフェ、ラルフズコーヒー表参道を覗くことにした。

さすがにガラガラ。
自由にお座りくださいと。
座るとお店の人がメニューを持ってくる。
決まったらあちらで注文してくださいとレジを指差し、消えていく。
飲み物は500円前後と表参道的には程よい。ケーキがおしのようではあるけど900円越えの値段というのに気持ちたじろぎ、アールグレイを選んでたのむ。

いまどきの対策でしょう…、紙のカップに入って到着。
紙カップにティーバッグで500円かとしみじみ思う。なやましい。ティーバッグをどうぞこちらにと用意されていたのが陶器のお皿というのがまたなやましく、ボクの紅茶よりティーバッグの方が偉そうだなぁって思った。外は雨。

 

関連ランキング:カフェ | 明治神宮前駅原宿駅表参道駅

 

表参道から新宿三丁目を経由して家に戻った。
途中で伊勢丹。
デパ地下にいき晩のご飯をあれこれ調達。
もしかしたらあれがあるかも…、と吉兆の売店を見る。
ここの吹き寄せ寿司が好物で、先日きたら売り切れだった。
それで今日はと来てみればめでたく見つかり、お願いすると「最後の一個でございました」と。
なんとうれしい。
昔はこれ1.5倍ほどの大きさのお重に入って用意されてた。
吹き寄せ寿司と笹の葉ぐるみの赤飯が詰め合わせになってて今はお寿司だけ。小さくなったんですねと聞くと、この方がほどよい量だと人気があってよく出るんです…、って。
こういう料理をわざわざ買って食べる人たちの胃袋はそういう胃袋ってしみじみ思った。
酸味の強いシャリの中に刻んだ胡麻にしいたけ、干瓢。上には酢蓮に穴子、海老にしいたけ、玉子焼き。しっとりとした食感がやさしくやわらか。気持ち晴れ晴れ、堪能します。

宮きしめんの袋に入った味噌煮込みうどん。乾麺をお湯でクツクツ煮込んでそこに味噌と出汁をくわえて再びクツクツさせて仕上げる料理。
麺はきしめん状の平打ち麺で、700ccという大量のお湯で煮込んでふやかし仕上げてく。煮詰めるうちに汁は適量、しかもとろみがついてきてブクブク大きな泡が湧いてくる。一緒に味噌のおいしい香りが沸き立ってきて食欲誘う。
たべてみればそこそこおいしい。さすがに味噌煮込みうどんの酸味を帯びた味噌の濃厚風味を感じることはない。けれど出汁はしっかりしていてぽってりとした汁の喉越しもなかなか上等。刻んだ油揚げとネギをくわえて良きアクセント。
ハーブリーフにレモングラス風味の唐揚げ、サウザンアイランドドレッシングで仕上げたサラダ。よき夜でした。のんびりす。

コメント

  1. あーた

    原宿駅前のそのビルにIKEAが入るんですよね。
    小物中心のようですが今までより行きやすく
    なるので楽しみです。

    スタバではたまにこれにティーバッグをと
    紙コップをくれますが、逆ですね。

    • サカキシンイチロウ サカキシンイチロウ

      あーたさん
      IKEAが入るビルには資生堂パーラーとイータリーが出店するようですネ。
      原宿…、ちょっとこれから面白くなりそうです。

  2. Leocco

    お店で飲むのに、紙コップって嫌ですよね。
    コロナ対策っていうけど、陶器のものと何が違うのかな。

    • サカキシンイチロウ サカキシンイチロウ

      Leoccoさん
      スターバックスのように最初からテイクアウトが前提のお店であればそれも仕方ないのかなぁ…、と思いますけど、こういうサービスがつくお店でここまで神経質になる必要ってないんじゃないかと思うんです。
      素手は汚くビニール手袋は清潔。
      陶器は汚れていて紙カップはキレイ。なんだか滑稽ですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。