ヨルイエゴハン、アサはドトール、マチシズカ

月曜日の夜。家で料理を作って食べる。
オムライスが食べたくって、前日炊いたご飯を使ってチキンライスをまず作る。鶏のもも肉の皮をはぎぶつ切りにして刻んだ玉ねぎと一緒に炒める。塩と胡椒で下味つけてそこにご飯を手でほぐしながらばっさり投入。しっかり炒めてパラパラさせて茹でたグリーンピースを入れて味付け。
ウスターソースとケチャップを鍋肌に入れて熱を通してご飯を混ぜる。かたわらのフライパンで薄焼き卵を作ってくるむ。これが案外上手に仕上がりびっくりします。薄焼き卵から透けて見えるチキンライスの美味しげなこと。
ケチャッププチュッと卵の上に絞り出しパクっと食べると、気持ちがやさしくなる感じ。

お供に肉じゃが。
薄切りの牛肉を200gほど。
半分、鍋にまずいれて炒めて脂を吐き出させたところで新じゃが、それから新玉ねぎ。
からころ転がし脂をまとわせそれから味付け。
出汁に醤油に砂糖を少々。
仙台油麩とニンジンを入れてクツクツ煮込んで休ませ、食べる直前にまた煮込む。グリーンピースを彩りにしてハフっと食べるとほんのちょっとだけ味が足りない。
肉じゃがっていつも味付けに苦労する。
濃い目にしなくちゃいけないってわかっていてもビクビクしながら作ってしまう。それも体にやさしい味と思って食べるとまたおいしい。
それからサラダ。白菜とわさび菜、アスパラガスにブロッコリ。トマトに茹でた卵にツナ缶。オリーブオイルでドレスして、サウザンアイランドドレッシングをほんの少々、揉み込むようにして完成。みずみずしくておゴチソウ。

書類の受け渡しとちょっとした打ち合わせのために外出。
歩いて新宿三丁目まで向かう小さな旅のはじまりをドトールコーヒー。
電車も車も使わず移動できる距離で、生活や仕事が完結できるってありがたいなぁ…、としみじみ思う。100年も前にはそれが当然のことだったのに、今の東京ではそれが極めて稀であること。
今の当たり前が本当に当たり前のことなんだろうか…、と考えさせられるこの状況。街の作り方とか仕事の仕方を根本的に考え直すきっかけなのかもしれないなんてしみじみ思う。
いつも朝にはにぎわうこの店。駅から降りてきた人がタバコを吸うために駆け込む姿が当たり前であったけど、まず基本禁煙になったこと。そして移動自体が減ったことでかなり静かな朝だった。

朝の気軽な朝食セット。ハムと卵サラダのサンドイッチをたのんでカフェラテをお供に選ぶ。いつものスタッフもマスク姿で、笑顔の半分が隠れてしまっているのがなんだかもったいない。
ボクの好みでよく焼きにしてくれるトースト。スライストマトに卵サラダ、薄切りのハムをふっくらのせてレタスをふわり。みじん切りにしたパセリをちらし潰さぬようにスパッとナイフで2切れにする。断面、空気をたっぷり含んでふんわり仕上がり噛むとシャキッとレタスの食感。ぽってりとした卵サラダが口の中をなめらかにして始終口が潤うおいしさ。歩いて移動をいたします。

 

関連ランキング:カフェ | 四谷三丁目駅曙橋駅新宿御苑前駅

コメント

  1. いにしえ

    サカキさま
    美味しそうなオムライス!私はこんなにきれいな薄焼き玉子は作れません。何がコツなんでしょうか?
    肉じゃがもサラダもきれいですね。
    盛り付け方もそうですが、サカキさんのお料理は材料の切り方がとても丁寧で美しいなと思いながら、お写真をいつも拝見しています。
    料理は見た目も大切ですね。餌のような料理もありますが、料理との違いは、味もさることながら切り方や盛り付け方かも。
    この時期、外出もせずずっと家に居て、外食もままなりません。そして不安のなかの日々。
    自宅で料理をすることがぐっと増えていますから、ココロを健康で豊かに保つために、きれいな料理を作ることも一役かってくれそうです。
    サカキさんもくれぐれもご自愛くださいませ。

    • サカキシンイチロウ サカキシンイチロウ

      いにしえさん
      新しくおろしたばかりのテフロン加工のフライパンで作ったのがよかったのでしょう。
      油はうっすら。卵をよく切って白身が固まらないようにするのも工夫のひとつかも。白身と黄身は固まる温度が違うので薄焼き卵がうまく焼けない理由の一つになるようです。
      フライパンを良く焼き蓄熱させて、卵を流し込むときには火からおろして焦らずにといつも心がけていることがすべていい具合にまとまっていった結果じゃないかと思います。
      時間をかけてゆっくり作る。
      自分でたべるものも誰かに食べてもらうつもりで作り、盛り付ける。ちょっとしたことがおうちごはんを豊かにしてくれるように感じます。
      いろいろと大変な時期ではありますが、明るくそして前向きにすごしてまいりましょう。

  2. いにしえ

    薄焼き玉子のコツ、ありがとうございますございます。卵をよく切ることが足りていなかったかようです。
    でも何よりも、焦らず心に余裕を保ってお料理をすることですね。自分で食べるものも誰かに食べてもらうつもりで作り、盛り付ける、忘れないようにしますね。
    思わずできた家に居る時間を、せっかくなので豊かに過ごします。

    • サカキシンイチロウ サカキシンイチロウ

      いにしえさん
      台所をいつもよりちょっと入念に磨き上げたり、時間がかかって普段を作ることをためらっていたような料理を作るいいきっかけと思うと、気持ちも晴れるにちがいありませんね。

サカキシンイチロウ にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。