メリークリスマス・ティンフック

クリスマスの夜。近所のレストランで夕食にする。
どうしても今日、来てあげたかったお店で名前は「ティンフック」。ベトナム料理のお店です。
クリスマスの夜に四谷三丁目みたいなパッとしない街で食事をする人は少ないに違いない。しかもフランス料理やイタリア料理のお店ならばいざしらず、ベトナム料理です。
多分、さみしくしてるだろうなぁ…、と思って来てみた。クリスマスのお菓子をもって「メリークリスマス」ってお店の中に入ったら先客ひと組。おなじみさんで、やっぱり心配になって来てたんでしょう。眼と眼があってニッコリとした。ベトナムかぁさんもうれしげで、ベトナムで新春寿ぐちまきをクリスマスプレゼント代わりに分けてもらった。8時間もつきっきりで作らないといけない料理。おしいただいた。

まずは揚げ春巻きをもらって食べる。
ランチタイムの早めの時間とかディナーがはじまる直前だとかに来るとお店の人たち総出で巻いて作ってる手作り料理。ライスペーパーでキチッと巻かれて、中に引き肉、野菜に春雨。バリッと揚げられ油の香りが食欲そそる。それを葉っぱでくるんで食べる。
一緒にきゅうりも巻いてヌクマムとスイートチリを混ぜたソースに浸して食べるとクシュッバリッムチュンと食感にぎやかで顎のゴチソウ。オキニイリ。

たまに食べたくなるのがイカ団子。
イカを叩いてミンチにし、丸めて揚げてチリソースかけて食べるというもの。
機械じゃなくて手切りで作ったミンチだから、大きさ不揃い。
噛むとクニュクニュしたとこもあればムッチリ細かなミンチもあってイカの強い旨味もおいしい。
ピリ辛ソースがイカの旨味を甘みに変える。手作りならでは素朴なゴチソウ。
牛肉とゴーヤの炒め物をメインに選んだ。
厨房の中でじゃじゃっジャジャっと中華鍋で何かが炒められる音がして、しばらくしたらやってくるコレ。ゴーヤと牛肉を炒めて玉子を加えたモノを生の葉っぱ野菜の上にドサッとのっけてて、シャキシャキとした野菜の食感にゴーヤの苦味ががさわやかでいい。ビーフサラダって感じがするのもオモシロイ。

そして〆。ココで一番人気といえば鳥カレー。鶏の胸肉、ドラムスティックをほろほろになるまで煮込んで仕上げたカレー。油をほとんど使わずに粉も使わずだからサラサラ。スープカレーのような感じで、じゃがいも、にんじんのぶつ切りがドサッと入ってやさしい味わい。
パラパラご飯にたっぷりかけて、やさしい辛味と酸味、旨味を味わいつくす。いくら食べてもお腹が重たくならないカレーがオキニイリ・
スープ代わりにかけソーメン。茹でたソーメンにスープをかけただけの料理で、スープがおいしい。鶏ガラスープに塩、胡椒。チリソースで辛味と風味が整えられてて野菜がたっぷり。おかぁさんが、野菜もたっぷり食べなくちゃねって勧めてくれたありがたき味。年末年始は長いお休み。また来年…、と挨拶をしてお店をあとにいたします。

 

関連ランキング:ベトナム料理 | 四谷三丁目駅曙橋駅新宿御苑前駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。