マンセイサラシナハシゴスルヨル

夜、野暮用があって新宿に出て、晩ご飯をついでに食べて帰りましょうと、万世にくる。

manman salade新宿西口の中地下にあるメトロ街という食堂街の中の一軒。
この食堂街。
オモシロイのが、ほとんどすべてのお店がカウンターコーナーをもっている。
テーブル席では多彩なメニューで時間をかけて。
分厚いサービスをうけつつ食事をしていただきましょう。
カウンターではカジュアルに。
例えばこの店では、排骨カレーをカウンターコーナーで売っている。
食券前売り。ファストフードっぽい雰囲気で、それも結構おいしいのだけど、今日はしっかりテーブル席で。

料理を注文してからちょっとぼんやり。サラダを食べつつ料理をまった。
パリパリのレタスにゴマのドレッシングがポッテリかかり、一緒にやってきたフォークも冷たくひんやりしてる。
それにしても従業員のサービステキパキ良いことに感心します。決して安くはない店で、安く売らずともすむだけの品位があるのがいいなと思う。

man teppan和牛の鉄板焼きを選んでたのむ。
他にもいくつか気になる料理はありました。
ひさしぶりに来たら新商品として導入されてた、粗切りビーフのステーキハンバーグなんてかなり気になる料理ではあった。
けれどやっぱり、ココではコレ。
オキニイリの料理であります。

和牛の赤身の切り落とし。
和牛の牛脂でこんがり炒め、それと一緒に玉ねぎ、キャベツにニンジンを刻んで炒めたモノと一緒に盛り合わす。
焼いた鉄板の上におき、ジュウジュウしながらやってくるのがまずおいしくて、なにより脂の香りがとても上等。
しかも普通は、事前に肉に味をまとわせ例えばカルビ焼きとか、生姜焼きのように仕上げて提供するとこ。ところがここのは軽く塩味つけただけ。
肉そのものの味や風味に自信がなくちゃできない芸当。感心します。
SMLと三種類のサイズがあって、今日はしっかり野菜を食べてやりましょうと、Lサイズ。あくまで「野菜をタップリ食べたかった」というのがおいしいエクスキューズでございます(笑)。

man nikudareman nikumesi一緒についてやってくるのが芥子醤油のつけダレで、これにトプっと野菜や肉を漬けて味わう。
たまり醤油の自然な甘み。
芥子がたっぷりはいってて、ツーンっと鼻から辛味が突き抜け脂の香りをすっきりさせる。
いたずらにうま味調味料などを使っておいしくさせず、あくまで肉や野菜の旨味をたのしんで…、っていうのがステキ。

ご飯の上にタレに浸した肉をのせ、ほんのちょっとだけタレを垂らしてハフっと食べる。これがおいしい、うっとりします。
一緒についてやってくる、豚汁がまたおいしくて、しみじみします。オキニイリ。

 

 

関連ランキング:ハンバーグ | 新宿西口駅新宿駅西武新宿駅

 

そのまま家に帰ろうかって思ったんだけどまだちょっとだけお腹に余裕があるような。ご飯をお替わりもせず残して出てきて、それでふらりともう一軒。

DSC06487sara1永坂更科布屋太兵衛の立ち食いコーナーにやってきちゃった。

ココもテーブルサービスの蕎麦屋の離れ的存在。
蕎麦を茹でるのは蕎麦屋の厨房。
茹でた蕎麦を丼にいれ、小さな窓から差し出されたのに、天ぷらのせて汁かけどうぞと出来上がり。
さすがに天ぷらは揚げ置き。5種類ほどの天ぷらがショーケースの中にならんでる。そのショーケースの前には出汁を入れた寸胴。そこから出汁をくみあげかけるという趣向。
つまり普通の立ち食い蕎麦的オペレーション。けれど蕎麦も汁も正真正銘、老舗蕎麦屋のモノと同じで、だからかなりの実力派。

man sara sobaこの店の隣のテーブルサービスの店も好き。
こちらも好きで使い分け。
まず、テーブルサービスのお店の方は冷たいセイロが旨いのです。特に生粉打ち。太いがっしりした麺に、醤油の風味のパキッと鋭いタレをからめて味わうのが好き。

一方、こちらのお店の方では大抵温かい汁そばにする。
セイロで食べるのに適した生粉打ちそばがココでは選べぬというのが理由のひとつ。
それにココにだけあるかき揚げがある。
白ネギの根っこを筒切りにしたのと豚バラ肉のかき揚げ。
あるいは春菊と、分厚くがっしりした揚げ上がり。
かき揚げの天ぷら衣の油が汁に溶け出して、出汁の風味に奥行きと深みがでるのがいいのですネ。
カウンターの一角に、そのかき揚げをストックしているショーケースがあり、ヒーターでずっと温めているのでそれをのっけても、汁がぬるくならないところがまたウレシイ。

man sara shungiku春菊天をのっけた蕎麦で今日の〆。
かなり大きく、丼の中でどっしり、かなり迫力のある存在感。
ボクの食べ方は、まず麺を持ち上げ春菊天の上にのっける。
かき揚げを沈めるようにしながら麺でそのかき揚げを覆うようにして蕎麦をかぶせて、まず汁すする。
すっきりとした酸味がおいしい江戸前蕎麦の典型的なるツユの味。
七味をパラリとふりかけて、蕎麦をズルリとすすって味わう。

ちょっとヌルンと粘りを感じるような蕎麦。温かいツユの中で休んでいたからこその味わい。ツルツルハリがあることだけが蕎麦の良さじゃないのよねぇ…、ってにっこりしながらズルリ、ズルリと。
そのうち自然に沈めたかき揚げが壊れてく。

出汁を吸い込み、壊れて必死に浮き上がろうとするかき揚げを、箸でつまんでグルンと上下ひっくりかえすと、出汁が春菊の緑に染まって風味が変わる。
しかも春菊の中にはエビが隠れてて、それがゴロリと転がしだしてくるのがなんとも贅沢で、うっとりしながらズルズルハフハフ。お腹がしっかり満たされる。
ひさしぶりに過食に溺れる夜のコトにて、早く帰って風呂にする。

 

関連ランキング:そば(蕎麦) | 新宿駅新宿西口駅新宿三丁目駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。