マフィンサンドイッチに妻家房の昼

ゴールデンウィーク最後の火曜日。
朝からちょっと蒸し暑い。
朝ご飯にマフィンサンドイッチを作って食べる。
ブランまじりのマフィンを買ってた。2枚に開いて賢いトースターでこんがりと焼く。
マヨネーズは使わず仕上げる。
食パンに比べてマフィンは味が複雑。特にブランマフィンは香り豊かでふっかりとした食感独特。表面にぎっしり貼り付く胚芽が食感をたのしむためにも調味料は最小限。
一枚の表面にはフレンチマスタード。
もう一枚にはケチャップをそれぞれほんのちょっとだけおき塗り込める。
ハムを焼きます。油をひかないフライパンを強火で焼いて蓄熱させて、ハムを乗せたら火を止める。予熱でこんがり。脂がとろけて透き通りハムの表面に軽い焦げ目がついたらフレンチマスタードを塗ったマフィンの上にのっける。
続いて卵。常温に戻しておいた卵を中火でジリジリ焼きます。蓋して白身が固まって黄身にもほどよく熱が入ったところで取り出す。出来上がり。
ホツホツとした胚芽が口に散らかって、むっちりとした生地と一緒にハムがちぎれる。焦げた白身の香ばしさ。黄身がとろけてソースのようにふるまうステキ。よく出来ました、オゴチソウ。

お供に野菜の料理をひとつ。きゅうりとレタスをひたすら細く千切りにする。ザクザクザクザク、包丁の下で繊維が壊れて切り分けられていく、その感触に目が覚める。
千切りするのが好きなんですネ…、ただただひたすら無心になれる。しかも野菜の香りが立ち上り鼻をくすぐりお腹が空いてく。今日は緑の香りにウットリとなる。ボウルに千切りきゅうりとレタスをうつし、塩と胡椒を少々ふって軽く揉み込み冷蔵庫の中でしばらく休ませる。しんなりしたら軽く絞って食べるだけ。ザクザクシャキシャキ、野菜の繊維が奥歯のところで壊れる食感たのしくて、塩が野菜の持ち味を引き出し体が潤っていく。今日は床を磨きましょうか…、汗かきお風呂に入りましょう。

ランチを近所の妻家房にて。
日本全国にあるチェーン店だけど、四谷三丁目のこの本店だけはまるで特別。メニューも違うし味も違って本格派。なにしろこの建物の中でキムチが作られて一階部分には韓国料理の食材や、キムチ、ナムルのような惣菜が売られてる。
ここ一軒で小さな韓国って感じがあるのがステキ。
急な階段を上がって2階に。いつもは使わぬホールも全部開放し隣り合わせに座らぬようにと、今どき配慮がここにもあった。
気軽なセットが用意されてる。食べたかったのはプルコギでそれがメインでチヂミのついた定食にした。テキパキ料理が作られてテーブルの上が徐々に整う。まずお惣菜。もやしのナムルと菜っ葉の煮付けがひと口づつ。わかめスープに白菜キムチ。スープで喉を潤すうちに残りの料理もみんな到着。

まず目当てのプルコギ。甘いタレに浸して仕込んだ牛肉がホロホロするようなやわらかさ。ネギに玉ねぎ、パプリカ、ピーマン。エノキにしいたけと野菜がたっぷり。すき焼きの味にニンニクを混ぜた感じで味が整ってご飯がおいしい。オキニイリ。
ここのチヂミはネギとイカがたっぷりはいったふっくらタイプ。ネギのクニュクニュ感とイカのプルプル。どっしりとした旨味の生地に油の香りがなんとも旨い。それにしてもキムチがおいしい。浸かり具合が絶妙で鮮度を感じる。だからシャキシャキ、白菜らしい歯ざわりがあり酸味も上等。ご飯と一緒にパクリパクリとお腹が満ちる。オゴチソウ。

 

関連ランキング:韓国料理 | 四谷三丁目駅曙橋駅新宿御苑前駅

コメント

  1. すうさん

    マフィンの焼き加減と白身のチリチリ具合がたまらなく美味しそうです(^-^)
    ちなみに、卵とお肉の上下は何かこだわり等がおありなのでしょうか?

    • サカキシンイチロウ サカキシンイチロウ

      すうさんさん
      ハムは下、卵は上というのが収まりがいいように感じます。サンドイッチを作るときも、やわらかくてデリケートな具材は上。食べるときに心地よさを感じるのですよね。今日の卵の焼き加減は、我ながら!って出来栄えでした。

すうさん にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。