マカデミアナッツの香りで朝がくる

朝、赤坂見附のホノルルコーヒーにやってくる。
ホノルルからやってきたコーヒーの店。それでホノルルコーヒーと、わかりやすいことこの上ない。

お店の中は年中ホノルルな感じであります。
ハワイアンソングがかかっていて、シーリングファンがゆったり回る。
シェードがいつも半開き。
朝も昼間も夜すらどこか、昼下がりっぽい雰囲気がある。
けだるいムードとでもいいますか…。
のんびりできるところがステキ。

ときおり混んでいることもある。
けれど大抵ユルユルです。そのユルユルな感じもハワイ的で、好きなんだけど朝からパソコンでオシゴトしているおじさん、おばさま、にぃさま、ねぇさまと、みんな忙しそうな景色に今朝はため息。
特に隣のおじさんなんて、ジャケット脱いでネクタイほどき、靴まで脱いで椅子に足を投げ出し仕事の真っ最中。
成田空港のサクララウンジにこういうおじさんがいたりするよなぁ…、って海外旅行に出発前な感じになった(笑)。わらっちゃう。

今日は朝から涼しい金曜。4月の今時、例年ならばこのくらいの気温で当たり前なんだろうけど、昨日までがあったかくってそれでちょっと肌寒い。しかもポツポツ、小さな雨まで降ってきてそれでホノルルに逃げ込んだ…、って感じの朝。

ココではいつもマカデミアナッツのフレーバーがついたコーヒー。
ちょっと寒い朝にはあったか。
アリガタイ。
コーヒーそのものは酸味の少ない飲みやすい味。
アメリカのコーヒーにしては濃い目の仕上がりで苦味が豊か。深い味わい。
そこにマカデミアナッツの甘い香りが加わって、甘くないのに甘く感じる。
まるで砂糖を入れて飲んでるみたいな気持ちがするのです。
人は舌だけで料理を味わっているわけじゃない。鼻が詰まると味が変わって感じるように、鼻って大切な味わう器官なんだなぁ…、って思ったりする。
コーヒーの朝のお供にサンドイッチ。ラップでキチッとくるんで売ってて、それをそのままトレイにのせて持ってくる。ハワイのABCストアで売ってるサンドイッチのようでちょっと懐かしい。

デニッシュ生地のパンにツナのマヨネーズあえをたっぷり詰めたサンドイッチ。パンが甘くてツナの旨味やマヨネーズの味を引き立ておいしくさせる。
生地そのものはざっくりしていて、食パン状に焼けた端っこ。裏返すとまるで違ったパンのようにみえるところがオモシロイ。
マカデミアナッツコーヒーとの相性もよくてウットリします。
この匂い。夕暮れ時のハワイの匂い。それもカラカウア通りの裏側に漂う匂いに似ているなぁ…、ってぼんやり思う。
外は寒くても気持ちはあったか。今日一日を頑張る元気をくれる朝。

 

関連ランキング:カフェ | 赤坂見附駅永田町駅赤坂駅

コメント

  1. ワイメア

    ホノルルコーヒーで一番好きなお店です。
    マラサダありますし…。
    マノアのスターバックスみたいな感じかしら。
    スタバじゃなくて(笑)
    全員マックブック開いてる朝?

    銀座のトミーバハマも先日までは同じ空気感があったのに、急にギンザなお店に…
    コーヒーが800円になっちゃってました。

    • サカキシンイチロウ サカキシンイチロウ

      ワイメアさん
      最近ではMacBookよりも、サーフェスが目立つようになりました。特にスーツのおじさんたちは自慢げにサーフェス(笑)。
      ホノルルコーヒーはパンケーキを売るようになって堕落しました。その点、この店は未だにマラサダ。見上げた姿勢です。
      そうですか…、トミー・バハマも銀座のお店になっちゃいましたか。GINZA SIX以降の銀座がどう成り果てるのか、ドキドキしております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。