ボールパークドッグを食べて朝、伊予の定食で昼

ひさしぶりにタリーズに来てみよう…、と朝のタリーズ。
昔はスターバックスがまだない場所をタリーズが埋める…、というような関係性があって住み分け、使い分けができていた。
今ではスタバはどこにでもある。店舗数にすればタリーズの倍近くあって、利便性という観点からタリーズを選ばなきゃいけない理由は希薄になった。
選んでもらえるようにと料理に力を入れてます。サンドイッチにサラダ、パスタまである。ただタリーズといえばやっぱりボールパークドッグかなぁ…、アメリカの野球場で食べるものといえばホットドッグ。それリスペクトというネーミングがいい。

朝食メニューの売りもボールパークドッグ。プレインドッグを選べば値段も手頃。アイスティーをお供に食べた。
歯ごたえのあるパン。胚芽の香りが独特でソーセージもバキンと肉肉しくてたくましい。噛むとジュワッと肉汁が滲んでパンと混じり合う顎においしい感じが好き。
お皿にケチャップとマスタードを絞って線を描き、ちぎったホットドッグを押し付け食べる。なおうまい。
ところで数あるコーヒー専門店で売られている一番安いコーヒー豆の食味テストをしたコトがあり、ドリップで落とした味ではタリーズのが満場一致で一番だった。それから泡盛に浸して風味を抽出したときもタリーズの豆が一番おいしくて、ひと夏そのソーダ割りばかり飲んでた。機会があれば試してみられよ…、びっくりすることうけあいです。

移動で新橋。早めの昼食を「かおりひめ」にて。
香川の「香」と愛媛の「姫」でかおりひめ。その両県の物産館の二階にイートインコーナーがあって、そこでちゃちゃっと。
ちなみに通りを挟んだ向かい側には「とっとりおかやま新橋館」という物産館があって前の通りはあたかも瀬戸内海!
メニューは讃岐うどんと愛媛の郷土料理をメインにした定食がある。数としては愛媛由来のものが多くて、お店の人曰く、讃岐うどんのおいしい店はたくさんあるから競争したくないんですよ…、と。たしかに比べて愛媛の料理の店は少ない。

伊予鯛めしとうどんの定食を選んで食べる。
最近で愛媛の鯛めしといえば鯛の刺身に生卵を落として出汁醤油と混ぜご飯にかけるものが有名になったけど、あれは宇和島の食べ物で松山生まれのボクにはなつかしくもなんともない料理。
松山のそれは鯛とお米を炊き込んだもの。鯛以外の具材といえばネギが入るか入らぬか。お米に染み込んだ鯛のうまみを心置きなく味わう贅沢料理。
そういえばボクが生まれて育った松山という街は、これと言った名物料理の無い街でした。何を食べてもおいしくて、けれどガツンと唸るようなおいしいモノとか特別変わった郷土料理がないのが特徴。そのおいしいものの代表がこの鯛めしよ…、とハフハフ食べてなつかしむ。

 

関連ランキング:居酒屋 | 新橋駅汐留駅内幸町駅

コメント

  1. koku

    瀬戸内は海のすぐそこに山がある地域で国内でも山海の幸に恵まれてます。(山が荒れると海は死にます)
    名物の料理が生まれるということはそれに特化した風土が必要であることに加え、「土地柄、これしかない」から自然とオンリーワンになることが多い。
    名物料理がないということは、その土地は平均して全体的に美味しい料理があるからだと思ってます。

    • サカキシンイチロウ サカキシンイチロウ

      kokuさん
      何を食べてもおいしい地域って、日本のいろんなところにあるんですよね。そういうところは調味料も穏やかで、素材の持ち味をたのしむことができる場所とも感じます。特に瀬戸内海は宝物のような場所ですよね。そこで生まれて育ったことを誇らしく思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。