ホノルルコーヒーのちドーナツプラント

ひさしぶりのホノルルコーヒーカンパニー。
そろそろ春も本番の時期。あったかくなりはじめるとここのほのぼのした空気がなんだか恋しくなる。
日はまだ低い。だから陽の光がお店の奥までやさしくやってくる。
それがなんだかうれしくて、天井で回るシーリングファンの動きもどこかのんびり。やさしく見える。
欧米系の人たちはすでに半袖。中にはショートパンツの人たちもちらりほらりといるのがたのしい。彼らの寒さに対する耐性と、暑さに対する感受性の強さにはいつもびっくりさせられる。カリフォルニアとはいえ冬になると十分寒いサンフランシスコで、真冬のプールで泳ぐ人見ててっきり温水プールかと思って飛び込んだら、水で風邪ひきそうになったコトをぼんやり思い出す(笑)。

甘い香りのマカデミアナッツフレーバーコーヒー。どっしり濃くて苦いのに酸味があまりなからとても飲みやすい。甘い香りが口の中から鼻へと抜けて、寝ぼけ眼をさましてくれる。
ツナデニッシュサンドイッチを朝のお供にもらって食べる。
ざっくりとした焼き加減。空気をたっぷり含んでちょっとボロボロ崩れる食感。なのにバターを容赦ないほど混ぜられてるからたちまちとろけて口の中がクリーミーになる。ツナのオイル漬けもマヨネーズまみれになっているからとろける、とろける。中に一枚サニーレタスの葉っぱが挟まっているのだけれど、そのシャキシャキが唯一最後まで残る確かな食感で、あっという間にお腹の中に収まっていく。朝のコト。

 

関連ランキング:カフェ | 赤坂見附駅永田町駅赤坂駅

 

移動して有楽町。
打ち合わせを済ませて次の時間までちょっとぼんやり。
どこかで時間を潰そうと思うもどこもかなりの混雑。そもそもこの界隈にはちょっとお茶をという気持ちを満足させてくれるような気軽なお店が少なくて、それでドーナツプラント。
会議場の東京フォーラムに曲がりしているみたいな感じの小さな店で、プレミアムドーナツのお店としてはかなり古株。一時期、かなり積極的な展開をしていてたしか新宿駅の中にもあった。
今では随分縮んで、日本上陸一号店の白金の店とこの有楽町のお店だけになっている。
無理に広げてしたくないことをしなくちゃいけなくなるよりも、無理せぬ程度の経営がこういう特別な商品を売るお店にとっては多分シアワセ。

何しろ玉子を一切使わぬレシピで作ったドーナツです。ボソッとしている。同じドーナツでもクリスピークリームのとろけるようなやわらかさと対局をなす素朴な食感。口の中の唾液を総動員しないと喉に詰まってしまいそうな感じがボクは好き(笑)。
今限定のキャロットチーズケーキドーナツを選んで食べる。
ケーキドーナツと分類される、確かに食べるとキャロットケーキを食べてるみたいな食感で、甘みも酸味もそれからコクもなかなか上等。そのまま食べてもおいしんだけどコーヒーにちょっと浸して食べると生地がとってもなめらかになり、おいしい、おいしい。オモシロイ。

 

関連ランキング:ドーナツ | 有楽町駅日比谷駅二重橋前駅

コメント

  1. cotae

    私はDOUGHNUT PLANTのバニラビーンズが好きです。以前は大宮駅や地方にもお店があったと思います。その頃はお店が増えて嬉しかったのですが、いつの間にかなくなってしまいどうしたのかな、と思うこともありました。ドーナッツの単価は少々高いかもしれませんが、とても美味しいです。DEAN & DELUCAでも買えますね。

    • サカキシンイチロウ サカキシンイチロウ

      cotaeさん
      今では直営店の運営よりもディーンアンドデルーカなどのお店に卸す製造販売業の方にシフトしているようですね。
      バニラビーンズのバニラは本物のバニラ。
      チョコレートもしっかりとした風味、味わい。原料や手間のことを考えればこれでも安いと思えるクオリティー。大切にしたいお店のひとつですね。

サカキシンイチロウ にコメントする コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。