ホテルバターにロゴ入りナイフ

火曜日からずっと食べて仕事して、話して笑って飲んで寝る…、の繰り返し。
少々、日記の更新が遅れております。これから徐々にキャッチアップと、まず水曜日の朝ご飯。
熊本老舗ホテルの2日続けての二日目の朝。前日は和朝食を食べてたのしみ、今日はアメリカンブレックファストにしようとそうする。
注文するとテーブルの上が次々整う。ナイフ・フォークに水に濃厚オレンジジュース。ポットを持ったサービススタッフがやってきてニッコリしながらカップにコーヒーを注いでポットをおいていく。あぁ、朝だなぁ…、と目が覚める。

それに続いてパンが入ったバスケット。
メインの卵料理が続く。スクランブルエッグか目玉焼きが選べてそれで目玉焼き。
ひっくり返して焼いてください…、とお願いしたら白身はこんがり、油を吸い込み揚がって仕上がるおいしげな様。
黄身を覆った白身にもうっすら焦げ目がついていて、たしかにしっかりよく焼けている。
グリルドベーコンは幅が広くてツヤツヤしてて焦げた脂の香りもおいしい。
コイン型のハッシュブラウンでひと揃え。
それにしてもパンのバスケットについてくるバターの包に「ホテルバター」と書かれてて、ホテルで使われる洋食食材は一流のもの…、と誰もが信じていた時代の名残の名前にクスリと笑う。今となってはホテルが美食を代表している場所ではなくて、だから少々しょっぱいなぁ…、って(笑)。

玉子を食べると塩と胡椒がしっかりしている。
ケチャップなんかを必要とせぬ、玉子の甘みや香りを素直に味わうゴチソウ。
プルプルの白身。ムッチリとした黄身の加減もなかなかに良い。
ベーコン一枚。
玉子一個分をそのままお腹におさめて食べて、残りでサンドイッチを作る。

トーストブレッドの上にベーコン。
玉子をのっけてパンで蓋する。両手でがっしりつかんでパクリ。
サックリ歯切れるタイプのパンです。ほんのり甘くて口溶けがよく、けれどトロトロにとろけるような感覚はない、トーストとして味わうよりもサンドイッチにするとおいしいパンと感じてニッコリします。
黄身の芯がとろけるようで、口の中でそれがソースのようにふるまい、すべての素材をひとつにまとめる。焼けたパンの香りもおいしいよく出来トーストサンドイッチの出来上がり。

バスケットの中にはトースト、クロワッサン。クロワッサンで朝の〆。
バターの香りが強く漂う、表面カサカサ焼きあがった好みの仕上がり。マーマレードをお皿にうつし、たっぷり塗ってパクリと味わう。焼けた小麦の香りと一緒に、マーマレードの酸っぱい香り。皮の苦味が甘みを引きしめ、とろける感じにウットリします。
お皿に散らかるパン屑が秋の景色のように見え、ニッコリしました。オゴチソウ。
それにしても、ココのナイフ・フォークのすばらしいコト。分厚く重たく、全てにホテルのロゴが入ってつまりオリジナル。こんな贅沢が出来る…、あるいは出来たホテルってステキかもって思いもしました。移動を開始いたします。

コメント

  1. Note

    サカキさん^^こんにちは!
    朝食のテーブルセッティングの佇まいが凛としていてステキですね。
    こういう朝食がいただけるホテルに泊まりたいなと思います。
    九州のお仕事も充実なさっている様子で、ブログを楽しみにしてます!

    • サカキシンイチロウ サカキシンイチロウ

      Noteさん
      朝から「もてなされている」という実感がわくのがウレシイ朝食でした。
      九州に来ると人と人とのつながりをしみじみ感じることができて元気がでます。ありがたいコトです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。