ベルクでビール、みかんはホリデープレゼント

メリークリスマスな朝。午後からちょっと打ち合わせ。新宿に出てメリーな朝をベルクではじめる。
12月に入ってからちょっとづつクリスマス用のデコレーションが増えて今ではすっかり外もホリデー仕様。
お店の人もトナカイさんやサンタさんのカブリモノ着てご機嫌な朝を盛り上げる。
三連休があけたというのに町はなんだか寝ぼけたようで師走の忙しなさを感じさせない。お店ものんびり。こういう朝はビールだなぁ…、とビールを飲んだ。
今年一年。新しい仕事の準備を着実にして、でもまだまだ形にならぬちょっと焦れったい年ではあったけど、がんばったなぁ…、と自分で自分を褒めることができた年でもあってご褒美。朝からビールを飲むとはなんと奢った朝でござんしょう。

ふっくらとした泡がトロンと喉を撫でつつお腹の中へと流れ込む。
泡はシュワシュワ。
口や喉をくすぐるように踊って爆ぜて消えていく。
香り華やか、やさしい苦味と酸味が口をひきしめて体がじんわりあったまる。
ビールって飲み物じゃなくて食べ物だなぁ…、ってしみじみ思う。
お腹が満たされる感じがするもの。

その点でシャンパンだとかハイボールとは明らかに違う食品で、朝からここで朝食がわりにビールを飲んで帰ってく人の気持ちがなんだかわかる。
お供にマイスターベーコンドッグをもらう。ドッグロールにソーセージじゃなくグリルドベーコンを挟んだもの。スライスオニオンもたっぷりと、ロールブレッドからはみ出る様が食欲さそう。

このベーコンがすばらしいです。両手でパンごと掴んでひっぱると、ザクッとちぎれる。ちぎれた断面は肉の繊維がみてとれるほど、自分が豚肉であることを忘れず仕上がる。日本のハムやベーコンは水で膨れた肉の加工品であることがほとんどで、焼くと縮んだり変な匂いや味がする。
このベーコンは豚の脂や肉の旨味がしっかり残り、香り豊かで罪悪感を持たずたのしくあじわえる。さっくり歯切れるパンとの相性も見事でおいしい。うっとりしながらサクサク食べる。
ちなみにみかんがひとつ、テーブルの上、お皿のサイドに置かれているのはお店からのクリスマスプレゼント。カウンターの商品受け渡しの窓の脇に「クリスマスです。自由にお取りください」と置かれてあった。ありがたいかな…、いただき食べる。

あと二日ほどで今年の仕事もすっかり終わり。
それもほとんどが顔合わせとかご挨拶とかで気持ちは軽い。
そう思いながら飲むビールはなおさらおいしく、あっという間にお腹に消える。
ボクの隣ではメリーポピンズみたいな格好の傘をもったおばさまが豪快にハーフアンドハーフを煽っておかわりしてた。
ボクもお代わりをと思うもやっぱり午後に控える打ち合わせのため我慢でかわりに、朝のカフェオレもらってのんびりすごす。
クリスマスプレゼントのみかんは思いがけずも甘くてとてもみずみずしくて、一口目から飲みやすいぬるい温度のアサオレもやさしい味わい。メリーな火曜日、クリスマス。

 

関連ランキング:カフェ | 新宿駅新宿西口駅新宿三丁目駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。