プロントの「0号店」

プロントの開業当初の姿を今に残す、数少ない店のひとつにひさびさにくる。
西新宿にある店で、実はこの店。プロントという店がチェーン展開を構えて1号店を銀座にオープンする一年前から実験店として営業されてた。つまり「0号店」…、なんですね。不思議なお店。
ちょっと歩くとオフィス街。電気街のちょっと外れという場所でサラリーマンやカメラ屋さんで働く人が仕事の合間や仕事終わりにホッとするのによいロケーション。
間口小さく奥行き深いカウンターがメインの店。丁寧に作り込まれたインテリアです。かつてサントリーが全国に手広く展開していた「ジガーバー」を彷彿とさせる木造りの バックバーに、立ち飲みが様になる高さ、広さのカウンター。ジガーバーの展開が1984年から。この店ができたのが1987年ですから参考にした部分もあったのでしょう。

昼はカフェ、夜はバー。二毛作というコンセプトに大手資本で最初に取り組んだのがおそらくプロント。
バックバーが2つに別れてて、半分がエスプレッソマシンを中心としたカフェの厨房。残り半分はバーの機能が納められてた。
カフェの部分は上島珈琲。バーはサントリーがノウハウを出し共同出資で共同経営。
その洗練されたシステムにみんな感心したものでした。
しかも、上島珈琲にしてもサントリーにしてもそれぞれ喫茶店やバー、居酒屋がお客様。だからカフェやバーを直営事業で手広くするのは本業のお客様のライバルを作ってしまうことになる。でもこの業態なら「サントリーさん、バーをはじめるらしいじゃない」ってバー経営者から言われても「いやいや、上島珈琲さんのカフェがメインの店ですから」…、って逃げられた。上島珈琲にしてもそう。そういう意味でも上手なアイディア。

ただ今となっては二毛作業態というよりも「夜にアルコールや肴も提供しているコーヒー専門店」というイメージかなぁ…、つまりカフェ寄り。お店の造りも今では随分チープになって、お酒よりもコーヒーがあう雰囲気になっちゃった。
日本人のアルコール離れを考えるとしょうがないんだろうと感じる。
創業当初からの売り物、ホットドッグを食べてみる。千切りキャベツと一緒に挟んだキャベツドッグでパンもソーセージもそこそこおいしい。ホットドッグって考えてみればコーヒーのお供にもよく、酒の肴にもなったりもする。当初の業態において重宝な料理だったんでしょう。なつかしむ。

 

関連ランキング:カフェ | 新宿駅都庁前駅南新宿駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。