ブルックリンパーラーでステックフリッツ、芋まみれ

昼、ステーキを食べたいなぁ…、って思ってブルックリンパーラーにやってきてみる。
人気の店です。
新宿という街に珍しい大箱のカフェ。ブックカフェのような体裁で、なのにDJブースが設えられていてここだけちょっと渋谷みたいな感じがするのがオモシロイ。
実は先日、新宿三丁目界隈で一番東京らしいお店ってどこだろう…、って話を知り合いとしていてそこで出てきたお店がここ。考えてみれば決して「新宿的」ではなくてむしろ「渋谷」な感じがするのが今の東京で東京的っていうことなのかもしれないなぁってちょっと不思議を感じたりする。オモシロイ。
まずサラダ、オーブンで軽く焼いたバゲットとアイスティーがやってきてしばらくお待ち下さいという間もなくおいかけステーキが到着しました。

リブアイロール。
300g。
しかも脂をキレイにとって、筋もしっかり抜けている。
フライパンで焼いたのでしょう…、自分の脂でつやつやしている。
ほどよく厚みがあるのがうれしいところ。
ナイフをあてて軽く力を入れるとスパッと切れる。その感触にお腹がなります。
そういえば、注文をしたとき「焼き加減は?」と聞かなかった。もし聞かれても多分「おいしいようにおまかせします」って言っただろうなぁと思いつつ、その断面を見るとキレイなロゼ色で、ミディアムレアといったところでしょうか。
芯の部分まで熱はしっかり入ってて、にもかかわらず食感なめらか。ネットリ、奥歯にからみつくような食感にウットリします。

しかも表面はかなりしっかり焼けている。脂と肉がまじりあった端の部分も焼ききれている。だから脂もさっくりしていて噛むとジュワッとおいしい脂がにじんでくる。あらかじめ施されている塩の加減も絶妙で、脂の甘みを引き立てる。
それにしてもすべてがたっぷり。粒マスタードに酸っぱいピクルス。フレンチフライはサクサク揚がってそれもたっぷり。肉を上にのせて出すから、ところどころに肉の脂がうつってしんなりしている。それがまたおいしくてニコニコしちゃう。
肉を片付けフレンチフライも三分の1ほどお腹に収めたところでケチャッププチュっ。途端にフレンチフライがアメリカ料理になっちゃった。
アイオリソースがあれば旧大陸にずっといられたはずなのに…、って思って笑う。満ち足りる。

 

関連ランキング:カフェ | 新宿三丁目駅新宿御苑前駅新宿駅

 

打ち合わせの合間に一服。オールシーズンズコーヒーにくる。
新宿二丁目のメインストリートの入口近く。かつて、夜の商売以外の店を誰もやろうとしなかった場所にできたコーヒー専門店。
朝早くからやっていて、これが案外流行ってる。
お店の入り口脇に焙煎機をおき、お店の外までおいしいコーヒーの香りが漂う。決して大きくない店で、カウンターの中が厨房。小さなスペースにテーブル、椅子が所狭しと並べられててみんな肩を寄せ合いコーヒーを飲む。
確かにこの界隈においしいコーヒーを飲ませてくれるお店は少なく、香りに誘われ次々人がやってくる。外国からの観光客がどんどん増えて今日なんてほぼ外国人。コーヒーって不思議な力があるんだなぁ…、ってマキアートを飲みしみじみ思う。オモシロイ。

 

関連ランキング:コーヒー専門店 | 新宿御苑前駅新宿三丁目駅新宿駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。