ブルックリンなコーヒー、くろねこケーキ解体ショー

有楽町の駅の近くのガラスの箱。
東京フォーラムの一角に「ブルックリンロースティングカンパニー」がオープンした。
シェイクシャックが近所にあって、ロサンゼルスからやってきた800℃ピザの隣。名前の通りブルックリンからやってきてるからアメリカ的な景色が完成したかと思ってみると、「PLAZA」のテナント。
ソニービルが引っ越ししてきたみたいに見える。まぁ、それもよし。
「本当に美味しいコーヒーは地球と人に優しく育まれたものだ」…、というのがフィロソフィーらしい。
アメリカの人たちは最近どうもコーヒーを頭で飲むことを選ぶことが多いようで、それが理由でかスターバックス以外はどうもパットしない。特にブルックリンを名乗ったり、ブルックリンをイメージしたりして成功したお店は多いけれど、ブルックリンからわざわざやってきて成功した店は少ない。コーヒーはもっと気軽にたのしむべき飲み物で、おいしきゃいいんだろうとボクは思う。

ちなみにここのコーヒー。旨いです!最初にまずアイスカフェラテを飲んでみた。エスプレッソの豆は2種類の中から選べる。さっぱりしたのとコクがあるのと2種類で、うちの濃厚なミルクにはコクのあるのが合うという。
輪郭のくっきりとしたエスプレッソで、酸味も苦味も、渋みもキッパリ強くて鮮やか。それをミルクの旨味が上手にまとめて甘みすらも感じさせる見事なおいしさ。せっかくだから温かいのも飲んでおこうと、スッキリとしたもう一種類のエスプレッソでマキアート。
ポッテリとした泡の食感、ふくよかな味。気に入りました。通いそう。
普通の紙のスタンプカード。昔、駅の改札口でパチンパチンと切符を切ってたような機械で星型マークを抜いてくれるのもなんだかたのしくオモシロイ。

 

関連ランキング:カフェ | 有楽町駅日比谷駅二重橋前駅

 

さて東京駅から新幹線で西に向かって移動の前に。
ひさしぶりに解体ショーをしてみましょうか…、と東京駅の駅ナカの地下、フェアリーケーキフェアにくる。
ハロウィーン商戦、真っ只中です。
お菓子売り場が並ぶ通路は飾り付けもハロウィーン仕様で気持ちがザワザワしてくる感じ。
ここ数年は気合を入れて準備万端整える仮装の準備も今年は少々出遅れ気味。まだ何にしようかとテーマすらも決まっておらず、にもかかわらず街の準備ばかりが整う。それで一層、気持ちがざわつく。
ちなみにここのお店のハロウィーンカップケーキも少々不発。
いつものあるクマさんが角をはやして悪魔仕様にされてたり、ひよこがかぼちゃの旗をもってたりとやっつけ仕事に見えて残念。

黒猫にした。中でも不気味な表情の子を選んでもらって、包を剥がす。横から見ると人を小馬鹿にしたような一癖感じるまがまがしい面構えだったのに、斜め上から見下ろすと、目がうるうるとちょっとかわいい。こういう立体造形の動物って角度でまるで違って見えるところが不思議。
フォークでスパッと2つに解体。頭の中はカカオクリーム。チョコフレーバーの胴体にはラズベリーソースがたっぷり注入されてて、ちょうどいい感じの禍々しさがあるのがそそる。
それにしても悲鳴一つもあげずにちぎれて、かなり苦めの味を残して消えていく。
くろねこって不思議な怖さをもった生き物…、いえいえ、食べ物(笑)。最後の最後まで目玉がじっとボクを睨んでおりました。

 

関連ランキング:ケーキ | 東京駅大手町駅二重橋前駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。