フランスの雑煮?…、オニオングラタンスープでお昼

オニオングラタンスープを食べたい。
目がさめベッドの中にいるのに肩が寒くて、ケホッと小さな咳した途端に思った。
寒いときにおいしく感じる料理です。特に急に寒さが厳しくなった今日みたいな日が旬じゃないかと思うわけです。
場所は銀座、有楽町より。
帝国ホテルで野暮用があり、そこから歩いて数寄屋橋へと向かう途中にもしかしたらあるかもな…、とオーバカナルの店頭のぞく。
そしたらメニューに「オニオングラタン」と書かれているのをみつけて飛び込む。クラシックな建物がちょっと欧米的な景色の泰明小学校の向かい側。テラスに座ると日本じゃないみたいな感じがしてくるステキな場所で、寒さに震えて熱々のオニオングラタンを食べるのも粋。…、なのだけど。

昨日からちょっと寒気がして、もしや風邪気味。それでお店の中で食べることにする。ちと残念。
サラダがセットになったハーフサイズのオニオングラタンもあるというのだけど、ハーフサイズじゃ満足できぬに決まっててフルサイズにする。野菜も食べなきゃいけないんだろうけど、スープの中にたっぷり入ったソテオニオンも野菜だよネ…、と思ってオンリーオニオングラタンスープ(笑)。
バゲットをつけましょうかというので、せっかくだから併設されてるベーカリーショップでカスクートをかう。ふっかり仕上がったパンでジャンボンブランとゴーダチーズを挟んだモノ。口の中で素材同士が溶け合う感じがおゴチソウ。

そしてオニオングラタンスープ。
さすがフルサイズ。たっぷりです。
器の縁でスープがグツグツちいさく沸騰しながらチーズを持ち上げる。
とろけたチーズ。
端がこんがり焦げていて、焦げたチーズが器に貼り付く。
そこをまずペロッとめくって剥がしてパクリ。焦げたチーズがガリッと砕けて口の中をおいしくさせる。
ソテした玉ねぎの甘みと旨味。スープの風味が混じり合いスープをたっぷり飲み込んだバゲットふくらみスプーンでとろける。
これを日本の料理に例えるとしたら、一体、どういう料理になるのか。とろけるチーズ。しっとりとしたパンの味わい、おいしいスープ。
お雑煮かなぁ…、それとも力うどんだろうかって思ってハフハフ。お腹がポカポカ、あったまる。

それにしても溶けたチーズのおいしいコト。溶けただけじゃなく焦げていて、しかもスープと一緒に混じってみずみずしい。チーズの一番おいしい食べ方がこれかもしれない…、って思ったりさえするオキニイリ。
サンドイッチもしっかりお腹におさめて満腹。さてお勘定とお札をテーブルの端っこに置く。飛んでいっちゃ困るからお冷のグラスを乗せておさえてお店の人とアイコンタクト。ギャルソンがやってきてサロン前掛けのポケットからお釣りをとりだしその場で決済。こういうところがアナログ的で、でも未来的。パリって感じがするのがステキ。また仕事。

 

関連ランキング:カフェ | 銀座駅日比谷駅有楽町駅

コメント

  1. ボルテイモアのおかず

    あららサカキさん御咳ですか、年末の疲れが出る頃ですものね、どうぞお大事になさって下さいね。
    (うちは手製の鶏骨スープとビタミンいっぱいのシトロンテイーで治しました。後者は妻家房にあるのでは)。

    • サカキシンイチロウ サカキシンイチロウ

      ボルティモアのおかずさん
      シトロンティー…、おっしゃる通り妻家房にゆず茶があります。
      今年はいつ加湿器を出すかというタイミングをはかるのがむつかしく、喉が乾いてそこから風邪になったのでしょう。熱いお風呂に入って夜はビックスベポラップかなぁって思っています。
      そうそう、夜はうどんを炊いて食べました。ご心配、ありがとうございます。

  2. Rie

    さかきさん、こんにちは。
    オーバカナル!すっかり忘れていました。もうすごく懐かしい。原宿にあった頃よく行きました。うさぎやホロホロ鳥なんかがあって、東京にいながらにしてすっかりパリにいる気分になれる場所でした。原宿を閉める少し前くらいから、だんだんパリじゃなくなってきて(自分が慣れたのもあるのでしょう)、他にもパリっぽいところが増えてきて、足が遠のくようになりました。そして、今は、反対にフランスに住んでいるから、さかきさんのよく行かれるお蕎麦屋、天ぷら屋、おむすび屋みたいなところのほうに断然惹かれます。フランスではちゃんと作ったオニオングラタンスープにはあまりめぐりあえません。今は流行らないのかもしれません。
    ところで、私は喉がイガイガするな、と思ったら梅酢でうがいします。痛いなと思ったら、レモンと生姜汁(たくさん入れる)とハチミツを湯で溶いて飲みます。自分では薬よりも効くと思ってます。お大事に。

    • サカキシンイチロウ サカキシンイチロウ

      Rieさん
      ボクも原宿のお店が好きでした。
      もともとロイヤルホストがあったところ。跡地にどんなお店ができるんだろうと思っていたら、パリがやってきた…、ってびっくりしたものでした。
      お店の前でシェフが鴨を焼いたりしてたんですよね…、すごくのどかで飾り気のないビストロ料理を味わうコトができる原宿のパリ。
      あのビル自体がなくなって、新しいビルの一階に何ができるんだろうとワクワクしてたら結局、レストランは入らぬ普通のオフィスビルになっちゃった。
      レストランが街の景色を彩る時代が終わっちゃったんだなぁ…、と思って悲しくなったものしでした。

      梅酢でうがい。
      してみます。昨日の夜は加湿器をだして湿度を高めて寝ました。ちょっと楽になった感じがするのですが、油断大敵ですね。ご心配ありがとうございます。

  3. いにしえ

    サカキさま、
    オニオングラタンスープは、寒くなってのご馳走ですね。オニオングラタンスープが美味しくなる頃に横浜のスカンディアに行こうと、知人と約束しているのでソロソロでしょうか。
    コンソメスープ、じっくり飴色になるまで火を通した玉ねぎ。手間が掛かりますから感謝と共に頂きます。
    お風邪になりませんよう。私は風邪になりそうと感じたら、何よりです生姜です。料理にも大量投入、それから生姜蜂蜜紅茶で温まります。
    ご自愛くださいませ。

    • サカキシンイチロウ サカキシンイチロウ

      いにしえさん
      昨日の夜はおうどんをクタクタになるまで煮込んで生姜をたっぷり入れて食べました。おかげでポカポカ。ただ血流が良くなりすぎて一晩鼻水が大変でした(笑)。
      今日は午前中の仕事をスキップして、ゆっくり午後から活動しようと思っています。夜は忘年会。本格的に年の瀬です。

      田舎から葉山に引っ越してきて家族みんなではじめて横浜で外食したのがアルテリーベ。そして二度目がスカンディヤでした。なつかしいです。

  4. かっち

    オニオングラタンスープ、体が温まりそうでいいですね!
    実は私は食べたことがありませんでして。
    オーバカナル、行ってみようと思います!

    • サカキシンイチロウ サカキシンイチロウ

      かっちさん
      上品でお腹を温める程度のオニオングラタンスープがほとんどの中、ここのはお腹いっぱいにしてくれるうれしいオニオングラタンスープ。ぜひ、最強のどっしり系スープをたのしまれてください。

  5. めるば

    オニオングラタンスープ、バカナルは一年中置いてませんでしたっけ?ドトール系列と思うと若干テンション下がりますが、それでもディナーのカスレとかはちゃんとしてて美味しいので、ここは使い方次第かなぁと思ってます。
    っていうかこの写真見て思ったのですが、一人前の量が減ってますねwww

    そういえば、いつの間にやら赤坂店が閉店してましたね…理由はよく存じあげないのですが。

    • サカキシンイチロウ サカキシンイチロウ

      めるばさん
      一年用意されている定番メニューではありますが、やっぱり寒くなるとおいしく感じます。
      赤坂のお店はデベロッパーの意向で、ムードをリフレッシュしたいからなんだ…、と漏れ聞いております。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。