フライド海南鶏飯にヴァーヴコーヒー・ロースターズ

朝に続いて赤坂見附で昼。
ひさしぶりに海南鶏飯を食べてみようと、赤坂サカスの地下にある店で、お店の奥の壁面はシンガポール独特のプラナカン様式の家の意匠で作られている。
その建物の軒下に置かれた屋台で食事をしているみたいな気持ちになるのがまずたのしい。
それにしてもこの店の入り口に置かれていた大きなマーライオンが今日は不在で、もしかしたらシンガポールのお父さんマーライオンが昨日解体されたのを傷んで引退…、ってことでしょうか。気にかかる。
海南鶏飯とラクサヌードルをたのんで今日の昼とする。日本で海南鶏飯といえば蒸した鶏を使ったものがほとんどで、けれどここには揚げ鶏を使った海南鶏飯がある。ブヨブヨした蒸し鶏の皮が苦手で、だから食べたくなるとここに来る。

鶏のもも肉。
厚めの衣をぽってりとつけ、それをガリッと強めに揚げる。
鶏の肉自体はクシュッと縮んで衣と肉の間に隙間ができて仕上がっている。
食べると衣を食べてるみたい。
けれど鶏の味がするから、鶏肉味の衣をザクザク食べる感じ。
奥歯でハラハラ崩れて散らかって、口の中をニギヤカにするのがとてもたのしい。
タレが3種類。こってりとした風味と甘味、甘み濃厚な中国醤油。スッキリとした酸味と辛味がおいしいスイートチリにネギを油に漬け込んだもの。どれもそれぞれおいしいんだけど、それらを全部使って食べるのが1番おいしかったりするのがオモシロイ。

ちなみにここのジャスミンライスは本当においしい。パラパラ具合という鶏のスープで炊いたその香りに味わい、風味がよくってこれだけ食べても十分おいしい。おいしい上に悔しいほどにバリバリ鶏に調味料との相性もよくてウットリしちゃう。
ラクサヌードルは甘くてピリ辛。ココナツミルクの甘みと風味。エビのスープの旨味や香りが口に広がり気持ちが南に飛んでいく。
ラクサは税込みで1080円。あと2日の値段になるんだろうなぁ…、消費税があがって大変というけれど、たった2%というと叱られるかもしれないけれど、もっと鷹揚になってもいいんじゃないかと思ったりする。わからない。

 

関連ランキング:東南アジア料理(その他) | 赤坂駅赤坂見附駅溜池山王駅

 

ヴァーヴコーヒーロースターズ。
新宿駅の新南口。新宿駅の一部ではある。けれど住所は渋谷区千駄ヶ谷。
そう考えるとたしかにこの店は新宿というより渋谷らしい店。
若々しくて自由なムード。
ロサンゼルスからやってきたということもあって、フレンドリーなのだけれどメニュー自体はどこか人を突き放したようなところがあったりする。
最初はとっつきづらくって、通えば通うほど自分のものになっていくような不思議な魅力があったりもする。
随分にぎやかなお店です。全面すべてがガラス張りでお店の中がよく見える。お店によっては落ち着かないと言われて流行らぬお店の構造。
ワン&ワンというオキニイリ。エスプレッソ用の小さなカップにひとつはエスプレッソ、もうひとつにはマキアートをいれたもの。カップソーサーにカップが寄り添うように乗せられやってくる。

まずエスプレッソをグイッと一気に飲み干します。ポッテリとした喉越しでまずどっしりとした苦味を感じる。焦げた香りにコーヒー独特の風味に旨味。最後に酸味がズシッと残って、体が軽く震える感じ。常温のお水が小さなグラスに一杯。口に含んで転がすように味わうと、口の中に再びコーヒーが蘇ってく。
一緒にたのんだパルミジャーノワッフルを食べつつ、ゆっくりマキアートを飲んで味わう。エスプレッソにミルクが混じっただけでこんなになめらかに、しかも甘くなっていくのが面白く、表面ザクザク、ふっかりとしたワッフルのやさしい甘みにニッコリします。オキニイリ。

 

関連ランキング:カフェ | 新宿駅新宿三丁目駅代々木駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。