フライドフィッシュサンドにジンジャークラウド

シティベーカリーで小腹を満たす。
この場所を銀座プラザの地下二階と感じるか、丸ノ内線の銀座駅の改札口から直結している場所と思うかでまるで気持ちがかわってくる。
銀座プラザは負けビルでその地下の店は格好悪い。でも銀座プラザのお客様をとってるわけじゃないこの店は、銀座の入り口近くのお店。ボクにとっては家から一番近い銀座の飲食店。
いつものツナと玉子のサンドイッチにしようかなぁ…、と思ってショーケースの中をみるとちょっと変わったサンドイッチがある。
フィッシュサンド。フライドフィッシュをバゲットではさんだもので防水性の高い紙でくるまれているのもいい感じ。それをたのんでアイスティーとコーンポタージュを追加する。コーンポタージュはあとからやってくるので番号札の7番もらって席に付く。

サンドイッチの包みをとくと、中からコロンとサンドイッチ。
レタスの葉っぱとタルタルソース。
芥子がたっぷり塗られてて、カサカサ揚がったフィッシュフライのおいしげなこと。
油の香りが食欲さそう。
さぁ、食べようとか思ったところでコーンポタージュが到着します。
いつもはもっと時間がかかる。だからのんびりしていたら、今日は案外すぐに出てきてちょっとびっくり。熱々、しかもポッテリしていて唇つけるとあっちっち。ゆっくり飲もうとまずはスプーンですくい上げ、一口ハフっ。一時期薄くなってしまったこれも今日はどっしりポッテリ。
喉がヒリヒリするほどにしっかりとした味わいで、お腹がじんわりあったまる。胡椒の風味がとうもろこしの甘みをピリッとひきしめるのもオキニイリ。

さてサンドイッチ。バリバリ焼けたバゲットです。焼けた小麦の香りがなんともこうばしく、なのに内側の白いところはふっかりしてる。妙に甘くも、妙にやわらかくもなく歯ごたえしっかりした焼き上がり。
フィッシュフライと一緒にパクリ。パンがザクッと歯切れたところにカサカサ、パン粉がちらかってくる。魚はジュワッととろけてく。あんまり上等な魚じゃなくて、その独特の風味がパンと一緒になるとおいしく感じるところが不思議。オモシロイ。
それにしてもやっぱりメイソンジャーに入った飲み物って粋じゃなない。今日はストローをもらうの忘れてジャーの凸凹の口に口あて飲むはめになったのだけど、味わうことよりこぼさないことに一生懸命。ゲームをしているようでござった。笑っちゃう。

 

関連ランキング:パン | 銀座駅有楽町駅日比谷駅

 

GINZA SIXのスターバックス。オキニイリの夏の飲み物があって、それを飲みにやってくる。
ジンジャークラウドっていう冷たいコーヒー。
コールドブリューとジンジャエールを氷と一緒にシェイカーに入れ、シャカシャカ、シェイクして仕上げるもので、ふっくらとした泡がたっぷり氷にのっかり仕上がっていく。グラスに注ぐとほぼ半分が泡で、しかも明るいコーヒー色をしているというのがステキにうつくしい。
ストロー使わずそのまま飲みます。やわらかな泡が唇フワッとなでたと思うと、ジンジャエールの香りがしてくる。グラスを傾け泡の混じった液体が口に入るとジンジャエールの香りが途端にコーヒーの香ばし臭に変わっていくのにまずびっくり。フルーティーでのどごしなめらかな冷たいコーヒーを思う存分たのしんで、体がスッと軽くなるのがオキニイリ。

 

関連ランキング:カフェ | 銀座駅東銀座駅銀座一丁目駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。