フユノニチヨウ

g1g2冬の日曜。
「峨眉山」にくる。
四川料理の老舗、名店のひとつと知られる。
昔は会食や宴会なんかでもよく使った店です。
最近は昼にしか来なくなってしまったけれど、夜には趣向を凝らした料理が揃う。
今日も壁に夜のメニューが張り出されてて、そこになんと「マーボー白子」なるメニューを発見。
豆腐の香りにタラの白子を使った料理で、トロリとろける食感とソースの辛味や痺れが白子の旨み、甘みを引き立てる凶暴なほどに栄養タップリな冬のゴチソウ。ひさしぶりに食べに来るのものいいかしらん…、って思ったりする。

gabi-lunchgabi-sideランチを2つ。
メインの料理が4つあり、そこから2つ。
ご飯とスープ。
サイドに今日のおかずがひとつと漬物がつくいつものセット。
麻婆豆腐が売り物で一番人気ではあるけれど、野菜を沢山食べたくて、一つはセロリと豚肉炒め。もう一種類は茄子とイカの味噌炒め。
酸味と塩の味でシャキシャキ炒めたセロリと、甘辛味噌でシットリ仕上げた茄子の食感。
コントラストがおいしくたのしい組み合わせ。

それにしてもセロリのおいしいコト。
小さな頃は嫌いで仕方なかったのに、今では時折無性に食べたくなってしょうがない野菜になった。シャキシャキとした噛みごたえ。ハーブを感じる独特な香りが好きで食べ始めるととまらなくなる。
豚肉もニンジン、たけのこもみんな同じ細さに千切りされてて口の中でバッサリちらかる。一斉にニギヤカになる食感がたのしくうれしいオゴチソウ。

サイドについてくる漬物はいつも同じく醤油漬けにした拍子木大根。
シャクシャクコリコリ、みずみずしくて醤油の風味に混じって八角。中華料理ならではの漢方っぽい匂いがするのがまたよろし。
毎日変わるおかずが今日は昆布の茎。
醤油味で鰹節をタップリまぶして作ってあって、いつもこれだけ日本の家庭料理のようなモノであるのがオモシロイ。

gabi1gabi2gabi3

それからもひとつ、麺をたのんだ。スープ代わりにたのしむ所存。
大抵ココでは担々麺をたのんで食べる。けれど今日はメニューに「麻辣湯麺」というのがあった。スーラーじゃなくてマーラーというのが気になりたのんで食べる。
麺の上に炒めたもやしがタップリのっかる。挽き肉混じりでこれだけ食べても十分ご飯のおかずになるほど。麺は極細。ココの担々麺と同じもの。細いくせしてザクザク歯切れる食感がとてもたのしいオキニイリ。
スープはかなり痺れます。ラーよりマーが強いですね…、ってお店の人に言ったら、それがおいしいでしょう?って。口が楽しく痺れる感じ。辛さ、痺れに負けて冷たいお水を飲むと、それがトロンと甘く粘って感じるたのしさ。どれもおいしいオゴチソウです、オキニイリ。

 

関連ランキング:四川料理 | 四谷三丁目駅曙橋駅新宿御苑前駅

 

icemonster痺れと辛さでお腹がポカポカしたついで。
家に帰る途中のファミマで買い物。
アイスクリームで何かオモシロイのはないかと、ショーケースの中をみたらアイスモンスターのマンゴーアイスクリームがあった。
フレッシュマンゴーの食感をそのままアイスクリームにしました…、っていうのが売りで、買って試した。

最近、コンビニのスイーツ類はかなり値段のハルものが多くなってきた。
お弁当なんかより高いモノまであるほどで、不思議だなぁ…。
日本の人は命や体を作るものより、いっときのたのしさ、喜びを味わうモノにお金をかける人になってるように感じる。
これも結構高かった。

ちなみに味。たしかにおいしくフレッシュマンゴーの味がするけど、ゼラチン質が多すぎてネットリ粘る感じがするのがちと苦手。

yy-chowderさて晩ご飯。
ジャンバラヤを作って食べる。
ディーンアンドデルーカに、缶詰に入ったジャンバラソースが売っていて、それを使った。
感の中に油とスパイス。
ナッツとトマト系のソースが入ってて、ご飯と具材を用意し炒めて合わせるだけというお手軽さ。
具材をタップリ。
ベーコンと玉ねぎ炒めてそこに鶏肉、ソーセージ。
スティックセニョールと赤いパプリカを加えてジャジャっと。
塩と胡椒で下味をつけ、しんなりしたら一旦取り出しご飯を炒める。
具材の量が思った以上に多くてビックリ。野菜が沢山食べられそうでいいかと思う。
ご飯に焦げ目がついたところで、エビを加えてあわせたら具材を戻してソースを混ぜる。パラパラご飯がシットリしてきてエキゾチックな香りがしてくる。ライムを切って、目玉焼きのせて出来上がり。
ちょっと辛くて香りがおいしい。ちょっとひと味足りなく感じてウスターソースで味をととのえニッコリ食べる。

キャンベルの缶詰ポテトスープを使ってチャウダー作る。
じゃがいもを追加で3個。玉ねぎと刻んだベーコンをしんなりするまで一緒に炒めてミルクを注いでしばらく煮込む。じゃがいもがやわらかくなったところで缶詰の中をポカッと投入。
よく混ぜなじませとろみがついたら牡蠣をドサッと。火を止めしばらく休ませる。
食べる直前に再び火を入れ熱々にしてフーフー食べる。お腹あったか。体も芯からあったまる。手軽なゴチソウ。早く練る。

コメント

  1. ワイメア

    こんばんは~
    最近四谷三丁目中華だと、蜀郷香~~にはまっています。
    サカキさんのところでお見かけしたことないかなと思うのですが…
    そして、圧倒的にはまっているのが銀座の「香港1997」
    人気が出すぎてCPが悪くならないで~~と思っているところです。

    • サカキシンイチロウ サカキシンイチロウ

      ワイメアさん
      蜀郷香さんは、開業されてすぐに何度か伺いました。
      おいしいですよね…、ただ、ちょっと量が上品なのでお腹いっぱいになるのにコストがかかってしまうのが難点。
      日曜日がお休みというのも残念なところです。
      香港1997さんは大手町の大型ビルの地下にも出店されて、かなり勢いがあるようですね。シェフが両店を行ったり来たりしてらっしゃるようなので、商品が安定できるかどうか、今が正念場ってところでしょうか。
      中国料理の世界はなかなかに元気がありますね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。