ファーストキッチンウェンディーズ

aw1aw2ファーストキッチンウェンディーズ。
なんか不思議な名前の店が最近、東京では増えはじめていて、気になっていた。

直営店がたった1店。
それも曙橋なんてマイナーな場所にあるだけの小さな会社が、ファーストキッチンを買収しちゃった。
今年のはじめの頃のコト。
外食事業を整理して本業に資源を集中させたいサントリーと資金調達が上手な会社との大人の思惑が、へんてこりんなM&Aを可能にしちゃった今の時代の象徴的な出来事で、どうなっちゃうんだろう…、って思っていたら結果のひとつがこういう出来事。今日の朝食にとやってきた。

a3a1a2

場所は赤坂見附で、ずっとファーストキッチンがあった場所。ロゴやお店のデザインはどちらかといえばウェンディーズ寄り。朝の時間のメニューはすっかりウェンディーズ的でかなり絞り込まれた内容。
午後以降にはパスタなんかが提供される。ファーストキッチン的なメニューもあるけれど、朝はキッパリ、ハンバーガーショップなんだという趣向。ハンバーガーを2種類とハッシュブラウンのセットをたのみ、ついでにウェンディーズの名物料理、チリビーンズを追加した。
ちなみにチリビーンズ。本来ならば10時以降の商品で、けれど食べたいなぁ…、って言っていたらいいですよって作ってくれた。アリガタイ。

aw-bebaw-priハンバーガーのひとつはベーコンエッグハンバーガー。
ベーコンエッグと言えばファーストキッチンのお家芸。
それがメニューに堂々と有る。
こういうところもファーストキッチンウェンディーズ的?って思ったりする。

バンズはフッカリとしたカイザーブレッド的な形。
パテは四角いウェンディーズに特徴的な形のモノ。
肉の風味がどっしりしていて、肉を食べてるっと実感が湧く歯ごたえたのしいステーキ風。
だから普通のバンズではなく肉汁をしっかり受け止めるこのバンズじゃなきゃいけないんだというコトでしょう。
目玉焼きにグリルドベーコン。
タルタルソースがたっぷり挟まり、口の中でとろけてく。
マヨネーズの威力って本当にスゴいよなぁ…、って感心しながら、バクバク食べる。いい感じ。

もう一種類はプリッツェル生地をつかったバンズで挟んだハンバーガー。
最近のウェンディーズで一押しのモノで、普通のハンバーガーに比べるとちょっと高い。
小麦が焦げた風味とカラメルっぽい甘い香りが独特で、ムチュンと若干ねばる感覚。しかもバンズ自体の主張が強くて、ハンバーガーじゃなくパンを食べてるような感覚。あんまり好きじゃないな…、と思う。バンズとパテの相性が良くないんですネ…、中に挟んだ具材がどれもボリューム不足というか実力不足。口の中がモサモサするから、なんか工夫をしたくなる。

aw-c1aw-c2aw-c3

そこで企み。チリビーンズを挟んでチリバーガーにすればいいんじゃないかしら…、って。
それでタップリ。バンズとパテの間にのっけて食べるとシットリ。バンズがすべてを受け止めて口の中がみずみずしくなる。チリビーンズの酸味と辛味、ときおり潰れる豆の食感もおいしくて口の中がニギヤカになる。
ちなみにチリビーンズにホットスパイスがついてくる。袋をちぎって注いでみるとびっくりするのがソースが白い。昔もこういうスパイスがあり、それは赤くて辛さだけじゃなく独特なスパイス臭があったのだけどそれは控えめ。いろいろ変わっていくんだなぁ…、と思ったりする。しょうがない。

 

関連ランキング:ハンバーガー | 赤坂見附駅永田町駅赤坂駅

コメント

  1. みるみる

    ウェンディーズ、大好きでした。

    再上陸と聞いて楽しみにしていましたが、お店が増えないなあ…と思っていたら、ファーストキッチンと一緒になるとは!
    それぞれのイイトコドリをして、楽しいお店になってくれればいいのですが。

    ベーコンエッグバーガーが美味しそうですね!以前と比べていかがでしたか?お肉食べてる感は健在でしょうか?

    それにしてもチリが食べたい。関西でも食べられるようになったら嬉しいなあ…

    • サカキシンイチロウ サカキシンイチロウ

      みるみるさん
      ほぼ同じように感じました。でもチリビーンズの肉や豆の分量はかつてのとおりではありませんでした。つまり、水っぽいまるでスープのような状態。
      コストと価格のせめぎあいの中で、苦労しているんだなぁ…、と感じました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。