ピザに寿司、小雨ふります金曜日

明日、どうしても東京にいなくちゃいけない用事があって、一旦、東京。また来週来るからネ…、って母には言って戻ってきます。
土曜日、しかも雨の夜。高速道路は混んでいるかもと思いながらもリムジンにのり、あっけないほどスイスイとバスは走ってゲートを出てから30分後には新宿の街についていた。
にぎやかな街。どこも飲食店はにぎわっていてしかも長居の客ばかり。なかでも回転が早そうに見えたピザの店にきてちょっと並んだ。10分ほどで狙い通りにお店に入る。800°ディグリーズナポリタンピザという店で、店名通り800度の釜で焼き上げるナポリピザの専門店。

お店の中に長いカウンター。
ピザの土台の種類をきめて、上に乗っけるトッピングやサイドディッシュ、飲み物を実物みながら注文し先払い。
番号呼ばれて料理が出来たら取りに行くという、ファストフードスタイルの店。
スタイルだけじゃなく料理はテキパキ、手早くできて5分ほどでテーブルの上はギッシリ料理が並んでた。

メインのピザはマルゲリータをベースにし、ハラペニョ、ペパロニ、ゴルゴンゾーラチーズをトッピング。ローストガーリックで風味をつけて焼いてもらった。
スッキリとしたトマトソースにモツァレラチーズ。生地はさっくり、縁の部分はもっちりで、塩の旨みがしっかりしてる。なによりゴルゴンゾーラチーズがいい味出していて、お酒が進む大人味に仕上がった。

かなりドサドサ具材をのっけて、かたくななピザ職人なら味のバランスが崩れるはず…、っていいそうなとこ。生地がしっかりしているからもあるのでしょう。どっしりとした味わいに多彩な食感がたのしくて堂々メインディッシュの風格。

一緒にたのんだサイドの料理もいい感じ。
イタリア系のメニューにみつけると必ずたのんでしまうのが「カラマリフリット」。ココでもたのんでむっちりとしたイカの食感、スパイシーな薄い衣に熱々感。どれもしっかりしていてニッコリ。
揚げたガルバンゾに刻んだサラミがたっぷり混ざったサラダは葉っぱが冷たくシャキシャキ。オリーブオイルと塩と搾ったレモンで味が整っていて、上にほどこすチーズのコクと旨みで味わう。口の中がスッキリするのがオゴチソウ。
ふっくらとしてナッツがコツコツ奥歯を叩くミートボールは、スッキリとしたトマトソースと相性抜群。ピザだけじゃないおいしい料理があるのもステキ。オキニイリ。

 

関連ランキング:ピザ | 新宿駅新宿三丁目駅新宿西口駅

 

お店の外に行列ができ、待ってる人が次々増える。
腹6分ほどではあったけれども、一旦お店をでて歩く。
もし沼津港が空いてたら〆に寿司をと思っていって、運良く座れる。
入れ替わりのタイミングだったようであります。運がよし。

今日の仕入れの札をみると活の貝がいくつか揃う。
それらを次々。
平貝にミル貝、ホッキ。生のトリ貝をたのんで食べる。
貝のにぎりを食べるたび、味わい、風味に食感がそれぞれ異なり、魚と違った貝の魅力にウットリします。
小さな個体に海の旨みがギュギュッと凝縮しているような、力強さがなんとも旨い。
都心の回転寿司にしては、案外、寿司が流れているのが特徴のココ。ところが今日はほとんど寿司は流れておらず、ベルトの中の職人さんも必死の形相で手を動かして寿司を次々にぎってる。
握り手はいつもと同じ人数がいて、だからおそらく何かでリズムが崩れたのでしょう…、その分、握りたてを食べることができてウレシイ。
自家製のコハダも味わい、お腹がそろそろくちくなる。中トロを芯に鉄火をつくってもらい、それで〆。ネットリとしたトロの食感。大葉がそれを受け止めてシャリがパラリとちらかるところをひとつにまとめておいしくさせる。

そう言えばピザと寿司って似ているかも。どちらも指でつまんで食べる。それしか売らぬ専門店が数多く、酒のお供、小腹満たしに満腹用にもと使い勝手が多彩なところもよく似てる。オモシロイなぁ…、って思ってパクパク。腹満ちた。家に帰ってお風呂に入り、明日の準備をいたしましょ。

 

関連ランキング:回転寿司 | 新宿三丁目駅新宿駅新宿西口駅

コメント

  1. めるば

    木曜にこのピッツェリアもTevern on Sも混んでて入れなかったので久々にFrigoへ行ったのですが、ムール貝のワイン蒸しがムール貝と「大ハマグリ」のワイン蒸し、というメニューに変わってました。あれ、写真見たらホンビノスっぽかったので、サカキさん風に言うと正に「しんみりしちゃいました」、って感じで。
    今更ですが大庵行った方が良かったかなぁ、なんて…

    • サカキシンイチロウ サカキシンイチロウ

      めるばさん
      そうなんですね。
      実はこの日、Frigoにしようかなぁ…、ムール貝とフリッツを長い間食べてないもんなぁ…って思って結局、ココを選んだ次第でしたが。
      なんと、それは哀しい出来事。
      東京で一番おいしいムッセルをうたっていた頃が、すっかり遠くになってしまったんですね。
      本当にしんみちしちゃいます。
      またおいしい店を探すチャンスができたんだ…と思うことにいたしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。