ビーフン飯にアイスカフェラテ、ティンフック

ケンミンのビーフンが一袋だけある。
豚バラ肉があり、昨日の朝の焼きそばで使ったピーマンとセロリも残ってる。
ただケンミンのビーフンはそれだけで食べると味が強すぎる。
ちょうど冷凍ご飯が軽く茶碗に一膳分ほどあったので、それを一緒にそばめし風にしてみることにした。
豚バラ肉をフライパンにしき、上に乾麺。それから野菜。水を注いで蓋して蒸し焼き。仕上がったところで一旦取り出して、そこでご飯をニンニクオイルで炒め焼き。
ビーフンと豚バラ肉を包丁使って短く切ってフライパンに戻して強火で炒めて仕上げる。
クニュクニュスベスベしたビーフンとご飯が一緒になって散らかる、騒々しさが独特で、しかも味がほどよく整う。そばめしならぬ「ビーフン飯」。悪くないなとお腹が満ちる。

四谷三丁目のオールシーズンズコーヒー。まだテイクアウトのみの営業です。
お店に入るとテーブルは片付けられていて厨房を兼ねたカウンターの周りの席だけが、ウェイティングシートして機能している。
ケーキの種類は絞り込まれて、飲み物メニューはフルメニュー。
アイスラテをお願いしました。
豆が一昨日から変わったんです。今までの、これぞコーヒーって感じの濃厚味から軽やかで華やかな風味のものになったんですよ…、と。こういう重苦しい時期ですから、ちょっとでも気持ちを軽くしてもらいたくってと、なかなかステキなアイディアです。
作ってもらったアイスラテ。たしかに香り華やかで酸味が穏やか。しっかりとした苦味とコクはあるのだけれど後口スッキリ。ゴクゴク飲める感じがステキ。歩きながら飲んで結局、家についたら残り半分程度になってた。それもまたよし、オキニイリ。

 

関連ランキング:コーヒー専門店 | 四谷三丁目駅曙橋駅信濃町駅

 

夜、友人が「元気で食べてる」って心配してきてくれて、それでティンフックで晩ご飯。
先客ひと組。
忙しかった?ってベトナムかぁさんに聞いた。
そしたら、昨日はたった4人だったのって。
どこも大変なときだから、がんばらなくちゃねって声かけにっこり。
春巻きそうめんを注文します。
米粉で作ったベトナムの麺。細くて白くてそうめんみたいに見えるけど、スベスベとした食感とやわらかさ。むっちりとした噛みごたえがとても独特。
スイートチリの熱いタレをかけ冷たいレタスに揚げたての春巻き。あたたかくもなく冷たくもなく、やさしく酸っぱくやさしく辛い。ザクザク奥歯で壊れる春巻きの食感際立つオゴチソウ。

いつものように鳥カレー。今日はいつもよりほんのちょっとだけ塩が強くてよく煮込まれてた。ドラムは骨がスルンとぬけて肉はとろとろ。胸の部分は繊維が見事にほぐれてキチキチ、奥歯をきしませとろけてく。人参、じゃがいも、玉ねぎと野菜もとろける。オキニイリ。
野菜も食べなきゃと野菜炒めを作ってもらう。脂をたっぷりまとってツヤツヤした野菜。キャベツに玉ねぎ、人参、青菜と色とりどりで塩とスープの味がどっしり。ほどよく焦げた玉ねぎの風味と甘味が食欲さそう。ちょっと元気になりました。

 

関連ランキング:ベトナム料理 | 四谷三丁目駅曙橋駅新宿御苑前駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。