ビーフン東でビーフン、バーツァン、新橋の昼

「ビーフンの東」に来ます。
新橋の汐留側の新橋駅前ビルの中。新橋駅から汐留という平成の街に向かう途中の昭和の要塞…、そんな感じの古臭いビル。
地下に一階、それから二階と新橋サラリーマン御用達のおいしい店がずらりと並びランチ時には周りのビルからお腹をすかせた人が続々、やってくる。
カウンターの中に厨房。オープンキッチン。テーブル席がズラッと並ぶ店の姿は昔と変わらず。ランチのメニューはビーフン3種。サイズも3種でそれぞれ焼きビーフンと汁ビーフンが選べる。それに粽。ココでは台湾風にバーツァンと呼ぶ、それが一種でビールが2種類。あっけないほど単純で、ずっとこれでやり続けてる。みんなこれらのどれかを目当てにやってくるから、変わる必要が無いというのがステキなところ。

五目焼きビーフンの小さいサイズとバーツァンを注文しました。
まずビーフンがやってくる。
あっという間です。
仕込んでおいたビーフンに炒めた具材をのせるだけ。
豚肉、キャベツ、白菜、ピーマン。
にんじん、筍、エビに茹でたうずらの卵と五目といいつつ8種類。
量もたっぷりで盛り付け方もうつくしい。
油の香りがフワッと漂い食欲誘う。
お供にスープがついてきて、まずは一口。口を潤す。それからおいかけバーツァン到着。包んで蒸した竹皮を剥いて中身があらわな状態。スープを含んで蒸されたもち米は、ひとつひとつがくっつきあって色は飴色。テカテカ光る。シアワセな昼のひと揃え。

バーツァンを崩すと中からゴロゴロ具材が転がしだしてやってくる。豚バラ肉の醤油煮にうずらの玉子にしいたけ、鶏肉、ピーナッツ。どれもしっかりスープを吸い込み、おいしい色に仕上がっている。もっちりとした米の食感。蒸しただけなのに香ばしく、粘るかと言うとパラッと散らかり歯ごたえがよい。添えられたザーサイがまたおいしくて、夜ならこれでビールだなぁ…、なんて思った。
これをお土産で買っていく人。あるいは郵送手続きする人が昼から何人もいるというのにびっくり。まさに名物。
そしてビーフン。圧倒的なおいしさです。バサッとしていて歯ごたえがよく、なのに口の中ではとても頑丈。噛めば噛むほどに味が染み出してなんとも旨い。にんにく醤油が用意されてて、それをかけるとコクと風味が深さをまして、たまらぬおいしさ。

これをはじめて食べたとき。今まで食べてたビーフンって、一体何だったんだろう…、ってそれまでの自分の食を反省させられるような気持ちになった。
ただ、このようにおいしいビーフンをこのお店以外で食べられるかというと決してそんなことはなくとても独特。
普通ビーフンは茹でて戻すけど、ここのは熱湯に浸すだけ。
その戻し方がおいしい秘密って一度効いたことがあるけど、自分で試してもなかなかこんなふうにはならない。この店、この料理がこれから先もずっと続いてくれることを望むばかりというゴチソウ。
二個のうずら卵がそれぞれ違った状態。普通に茹でたビーフンの具と、醤油スープで煮込まれたバーツァンの具を食べ比べ。白身が痩せてトロンと黄身がとろけるようなバーツァン卵が格段おいしくオキニイリ。小サイズの焼きビーフンはあっという間に終わってしまう。隣の人が食べてたカニ玉のっけの焼きビーフンがおいしく見えて、追加しようと思って我慢。また来ればいい…、と大人の分別。また来よう。

 

関連ランキング:台湾料理 | 新橋駅汐留駅内幸町駅

コメント

  1. Michiko

    バーツァンなるもの、そしてビーフンのシンプルながらも、なんとも美味しそうな容貌にわくわくしますね!お店から出てきたお客さんらの満ちたりた顔も見えそうです。フツーながら、いつもの変わらぬおいしいものが、沢山の人達の元気の素ですもの。長く続いて欲しいお店ですね。

  2. サカキシンイチロウ サカキシンイチロウ

    Michikoさん
    すばらしい料理を当たり前のように作り続け、決して威張ったりしないこと。こういうお店がまだあり続けてくれる東京ってステキだなぁ…、ってしみじみ思わされますね。大切にしたいです。

  3. たかはし

    こんにちは。
    「ビーフンを崩すと」ではなく「バーツァンを崩すと」でしょうか?

    中華ちまき、本当に美味しそうです…!
    このブログのおかげでいつも良いお店を知ることができて、嬉しいです。

    • サカキシンイチロウ サカキシンイチロウ

      たかはしさん
      そうですね。読み返して、あぁ、間違っちゃったと気づきました。修正しておきます。ご指摘どうもありがとうございます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。