ヒルトンの朝バフェ

ひさしぶりに西新宿のヒルトンホテルのバフェで朝。
東京で一番好きな朝バフェで、もう30年以上のお付き合い。
今のスタイルになってからもう10年以上も通っているから、大体どこに何があるのか目をつぶってもわかるほど(笑)。ときおりバフェの内容、レイアウトに変化があって、それが「おひさしぶり」って挨拶されてるみたいな感じに思えてうれしかったりするステキ。
ちなみにここしばらくは「不思議の国のアリス」がテーマのスイーツバフェをやってて、そのため床がだまし絵モード。
ぐんにゃり床が歪んで見えてぼんやりしてると転んじゃいそ。オモシロイ。

まずは玉子を焼いてもらいます。白身だけで作ったオムレツ。いろんなところで作ってもらって食べるけど、ここのがボクには一番おいしい。こんがり焦がして白身がサクサク、なのに芯の部分はみずみずしくて風味豊かなオゴチソウ。

お皿の真ん中にご飯を少々。まわりにおかずをのっけて食べる。
まずアルファルファ。くしゃくしゃしていてむしゃむしゃ食べるとクシュクシュ縮む。みずみずしくって緑の香りがおいしくて、体の中が潤う感じがオキニイリ。茹でたブロッコリに蒸したシュウマイ。それから薄切りのベーコンたっぷり。ここのベーコンは自分の脂で揚がったように仕上がっていて、だからサクサク。噛むと脂がジュワリとにじむ。醤油をほんのちょっとだけ垂らすとまるで鰹節みたいな風味、食感になるのもたのしい。
ハッシュブラウンも油がおいしく、朝の油は値千金(笑)。ご飯の上にはスクランブルエッグ。ネギをちらして醤油を垂らす。ちょっと和食な味がする。

さて、いつものようにパンを焼く。
薄切りのライブレッドをベルトコンベア式のトースターに放り込む。
ベルトが奥へ奥へとパンを運びこむ。
真っ赤に焼けたヒーターがベルトを上下から挟む構造のトースター。庫内は丸見え…、扉はない。
だから焼かれるパンから水気が思う存分吐き出され、カサカサ乾いて仕上げるところがオキニイリ。
一度だけではまだ浅焼けで、ポトンとベルトから落ちたトーストをベルトの真ん中をめがけて投げて放り込み、1回半分焼きのよく焼け。焦げたパンの香りがおいしい。

トーストをのせたお皿にシェイブした白ハムこんもり。ゴーダチーズをのせてテーブルに戻ってそれらをひとつに合わせる。そしてパカンと折りたたみ体重かけてパンと挟んだ具材をひっつかす。
ナイフで切ってトーストサンドの出来上がり。パンの風味にハムの塩味、チーズの旨味ととろけ感。
ソースや調味料なんか使わなくても、パンと具材をキチンと選べばサンドイッチはおいしくできる。カサカサ感をたのしみながらお腹に収める。

小さなボウルにご飯を少々。
味噌汁注いで刻んだネギをぱらりと散らす。
鰹節のふりかけご飯にパラリ。
お行儀悪い食べ物ってなんでこんなにおいしいんだろう。サラサラ、お腹を温める。
湯煎の器の中でずっと温められいて煮詰まっていた味噌汁が、ご飯と一緒になってちょうどおいしくなるのがオモシロイ。

ソース焼きそばがあったのですネ。ホテルの宴会で食べる焼きそばは案外おいしく、それをイメージしながら食べた。キャベツもタップリ。そしたらこれが想像と違った味で、それが不思議とおいしかった。ソース控えめ、ケチャップ多め。オイスターソースの香りもしていて酸味強めの大人味。
シュウマイ、ハッシュブラウン、ソーセージ。黒酢で風味を整える。

小さなサイズのクロワッサン。お皿に一個。クロワッサンのお供にピーナツバターにチョコスプレッド。いちごのジャムにマーマーレードと彩り豊かにお皿を飾る。
まずクロワッサンをちぎって一口大にしておく。
その一口分でジャムやスプレッドをつまむようにして食べていく。つまんだところは色が滲んでお皿に模様が描かれていく。口の中ではバターたっぷりのクロワッサンが崩れて散らかり、そこに色とりどりの味が混じってとろけて消える。中でもチョコスプレッドとマーマレードの組み合わせの甘くて苦くて酸っぱい味わい。ウットリしながらお腹が満ちる。月曜日。

 

関連ランキング:バイキング | 西新宿駅都庁前駅西新宿五丁目駅

コメント

  1. Taka

    サカキさま
    はじめまして。ほぼ日をきっかけに、こちらを拝読するようになりました、東京在住のTakaと申します。
    日々の記事に示される注文の工夫やお皿のアレンジがとても興味深く、お食事のお店って、実はこんなに楽しめるんだ!という気づきをたくさん得られ、まずはマネをするところから、見識を広げようと、楽しませて頂いております。
    近場のホテルの朝食も、お手軽に、いつもと違う雰囲気を楽しめそうですね。近々、訪れてみたく思います。

    • サカキシンイチロウ サカキシンイチロウ

      Takaさん
      今の東京のホテルって、世界中からいろんな人たちがやってきて、その人達の顔や立ち居振る舞いを見ているだけでもたのしんです。
      朝食ひとつとっても人それぞれに食べ方があり、外食って本当にたのしいコトなんだなぁ…、って実感できます。
      はじめまして。
      ほぼ日の連載も読んでいただいているようでありがたい限り。これからもよろしく。たのしいコメント、お待ちしております。

  2. 一番荒木

    この日私もここでの朝食でした。
    ああ、焼きそばあったなぁ、みたいないつもとちょっと違う感想を持ちながら読めて楽しいです。新感覚…!!!

    • サカキシンイチロウ サカキシンイチロウ

      一番荒木さん
      なんと、同じ空間で同じ朝。奇遇ですね。
      この日は三連休の最後の日ということもあってでしょうか…、いつもよりもちょっと静かで落ち着いたムード。お店のスタッフさんたちがどことなくホッとした表情で働いているのが印象的でした。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。