パンケーキに目玉焼き。おいしいカロリー

渋谷のロイヤルホストで朝ごはん。
道玄坂面した店で、渋谷のハロウィンが盛り上がりはじめた頃にハロウィンの夜をここで過ごしたことがある。
そのときはボクらはまだ仮装なんかに興味はなくて、町の様子を見に来ただけ。
フーターズで食事をとって町をぶらつき、若い子たちがから騒ぎする様子をちょっと羨ましく思ったりして、どこかでお茶にしようかと来たのがこの店。
タナカくんも当然一緒で、ボク以外はみんな絵に関わる仕事をしてた。ボクがお題を出して審査する画力対決なんかで盛り上がったものでした。
その日のお店はカオスでネ…、店のそこここで仮装に着替える人たちがいて、みんな楽しげ。来年は仮装デビューしようかって話し合った場所でもあります。なつかしい。

ここの朝もインバウンドさんで大にぎわい。朝ごはんをやってるレストランに入るとほぼインバウンドさんってことが最近、当たり前のようになってきている。朝から1000円を超える出費をすることをもったいないと思うか、それとも他の人が贅沢しない贅沢をこの上もない贅沢と考えるか…。
ボクにとって朝の外食は格別なもの。スタバを一回我慢すればできる贅沢、だから好き。
目玉焼きがメインの朝食セットをたのむ。
トーストをパンケーキに変更して目玉焼きはオーバーミディアム。モーニングサラダをつけた。
パンケーキが焼きあがるまでカフェラテとトロピカルアイスティーを交互に飲んでじっくり待った。ドリンクバーがディスペンサーだけじゃなくって冷蔵庫にさまざまな飲み物を入れたピッチャーが用意されているのがうれしい。オキニイリ。

さてやってきた今日の料理。
パンケーキ、フライドエッグどちらとも見事な焼き加減でウットリします。
パンケーキはゴールデンブラウン。
フライドエッグの白身の縁はサクサクに焼けレースのように仕上がって黄身はプクッと潰れていない。
焼いたソーセージにハッシュブラウンでひとそろえ。
サラダの中に千切りキャベツがあるかないかが、サラダの品位のように感じてここのはよきサラダ。
ノードレッシングで…、とお願いするのをわすれちゃってて、でもソテオニオンの甘みがやさしいドレッシングで悪くない。
二枚重ねのパンケーキをまずバラします。バターを両方に塗り込めて、その一枚にフライドエッグをひとつ置きパンケーキで蓋してはさんでパンケーキサンドイッチのように仕立てる。残ったフライドエッグ一枚はハッシュブラウンの上にのせ、食べる準備の出来上がり。そっとナイフで8つに分ける。

黄身の芯はまだ半熟でトロンと溢れてパンケーキの生地がそれをうけとめる。小麦の生地の塩気とやさしい甘みと一緒に焼けた卵がやってくる。生地は粗くて一瞬、唾液を奪って口を乾かすけれどそれも束の間。卵の黄身がとろけてなめらか。
メープルシロップを吸わせて食べる。
焼けた白身の香りとメープルシロップの香ばしさが引き立てあってウットリします。甘いだけじゃなく旨味も強いメープルシロップ。焼いたソーセージにもたっぷりまとわせ朝のお腹を甘やかす。
もう一枚の目玉焼きはハッシュブラウンと一緒に食べる。
これがどうにもこうにもおいしくて、朝のカロリーはしあわせの素…、ってにっこりしました。オゴチソウ。

 

関連ランキング:ファミレス | 渋谷駅神泉駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。