パイホールからゴリラコーヒー

仕事のついでにコーヒー飲んだりお茶を飲んだり、ときに甘いものを食べたりの今日。
まずパイホール。
ロサンゼルスで人気のパイの専門店。
最近、銀座シックスにも店をだしたけど小さな店で、品揃えも限定的。
新宿の駅近くにあるこの店は客席多く、ショーケースの中のパイの種類も多彩。
パイに合わせた飲み物も充実していて、中でも売り物は「ニトロコーヒー」。
アイスコーヒーに窒素を混ぜて泡立たせて作るコーヒーで、カウンターにあるビアサーバーのようなノズルをアイスコーヒーが通るとき、プシュープシューって音たてながら窒素が混ぜられカップにシューッと注がれる。
細かな泡がアイスコーヒーの表面にずっと漂い、飲むとぽってり、口から喉を撫で回す。かなりビターなコーヒーで、薄められていないからドシンと苦くて酸味が最後にビリっと走る。甘いものへの準備ができます。

ちなみに今日は甘いパイじゃなく「マック&チーズパイ」にする。セイボリーパイっていうシリーズで、パイの生地で料理を包んだ食事用のパイ。ミートパイとかチキンの煮込みを包んだパイ。野菜やベーコンエッグ、ソーセージと具材は多彩。
そんな中でも「マカロニチーズ」を包んだパイ…、とあれば食べずにいられましょうや。

グズグズにやわらかくなるまで茹でたマカロニにチェダーチーズをとかしてたっぷりまとわせたマカロニチーズはアメリカ時代の大好物。それがたっぷり。さっくりとしたパイ生地に詰めて上をやわらかで薄いパイで蓋する。パイにもたっぷりチーズをふりかけこんがり焼いて食べるというモノ。
炭水化物と炭水化物の組み合わせって、まるで広島のお好み焼きのようでもあって焦げたチーズととろけたチーズの味わい豊かでウットリします。オートミールのクッキーをお供に買ってざっくりとした食感、甘みでお腹に蓋した。次はやっぱりピーカンパイって思って席をたちました。

 

関連ランキング:カフェ | 新宿駅新宿西口駅新宿三丁目駅

 

それから渋谷で仕事の合間にゴリラコーヒー。
渋谷で打ち合わせをしたいとき。
待ち合わせをしたいときとか、あるいは一人でのんびり仕事をしたいとき。
ここほど適した店はない。
気持ちのよい空間に座り心地のいい椅子があり、しかもカウンター席、テーブル席、ソファ席、あるいは電源を自由に使える大テーブルと半ばシェアオフィス的な機能と快適をもった店。
場所は公園通りから別れた道に面してあって、決してわかりにくいワケじゃない。なのに必ず座れるのです。

座れるどころか時間によってはガラガラだったりするから、安心して待ち合わせができるというココ。
大箱だということもあるのだろうけど、もしココがスターバックスだったらおそらくスゴい人気で待ち合わせなんて出来ないほどに混雑するに違いない。
なんだかちょっともったいない。
ビジネス的には大変だろうなぁ…、と思うけど、利用者側にたてばとってもアリガタイ。今日ものんびり。仕事にせいを出すことにする。

冷たい紅茶をもらって仕事のお供にしました。
フレイバーが自然。
スッキリとした苦味がおいしいアイスティー。
氷を多めにしてください…、ってお願いをしてカップに霜ふる状態をたのしみ飲んだ。

手にひんやりと、カップの中の冷たさが伝わってくるのがたのしく頭も働く。
ココのコーヒーはかなりビター。ラテにするとミルクもぽってり。濃厚味でトロトロ喉を撫でるようにしてお腹を満たす。満腹感すら感じる重たい飲み心地で、一時期ハマった。けれど最近、その重たさがちょっと苦手になってきたかも。それで最近、アイスティー。たのしみました。午後三時。

それにしてもひさしぶりに来る渋谷の街の空の小さくなったこと。
駅の再開発ばかりに気持ちがずっといってて、さすがに電車が走らぬ時間にしか工事ができない。
それでなかなかビルの姿が見えなかったんだけど、やっと最近になってちょっとづつ、ビルの土台ができはじめてた。

ところがそこの南側。
大きな道路を挟んだ向こうに突如大きなビルが姿を現した。
現れた…、と思った途端に、これがニョキニョキ高さを増してもう10階分は優にできてた。

今の建築技術ってスゴいんだなぁ…、って感心しつつ、ワクワクしながら空を見る。東京の街の空の景色はあっという間に変わってく。

 

関連ランキング:カフェ | 渋谷駅神泉駅明治神宮前駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。