バナナの受話器、江戸YAのジョーク

夜、オモシロイ居酒屋があるんです…、というので移動。
「江戸や」という店。
こじんまりとした一軒家。テーブル席に板間にテーブル。グループ客やファミリー客に使い勝手がいいような店。
ご主人がサービス精神旺盛で、楽しい料理を開発しふるまうことが大好きだという。名物料理がいくつかあって、中でもほとんどの人が目当てにやってくるという鍋をメインに夜をたのしむ。
テーブルの上にガスコンロ。土鍋の中には鰹節の出汁。弱火でじっくり熱を通して沸騰するまでお待ち下さい…、と。テキパキできる料理を貰おうと枝豆たのんだ。蒸したてのホカホカのがやってきて、塩水にくぐらせ蒸しているのでしょう…、塩梅ほどよくお腹が空いた。

夏は沖縄料理に力をいれてるというので中からゴーヤサラダ。バリバリとした食感を残すほどよき厚さに切って、塩もみ、軽茹で、しっかり冷やしておかかをたっぷり。オニオンスライスがゴーヤの5分の1ほど混じり、マヨネーズと醤油を一緒に混ぜて味わう。カリコリシャキシャキ、食感たのしく苦味鮮やか。けれどマヨネーズの力でしょう…、苦味と旨味、ほどよい酸味が混じり合い食べやすくってなかなかうまい。今度自分で作ってみようって思ったりする。
海ぶどうを食べたことがないって人がたくさんで、それでたのんでプチプチ食べる。
豚肉料理も力が入る。片栗粉をつけ竜田揚げ状にした豚ロース肉に刻んだネギをたっぷりのっけポン酢をかけて味わう趣向。脂の乗った豚肉を口に含んでいるのにどこか健康的に感じるたのしさ。オモシロイ。

さて、土鍋の中で出汁がふつふつ沸騰はじめる。
蓋の穴から湯気がブワーッと吹き出たところで蓋を開け、中にまずはまぐり投入。
大きく立派なはまぐりで、口を開いたら食べてください…、と言われてみんなでハフハフプルンとはまぐり食べる。
一緒に鍋の中のスープをすくって飲むと、カツオの出汁に貝の旨味と風味がうつってなんとおいしい。ゴクゴク飲んじゃう。
貝を食べたら三つ葉に豆腐。
それもクツクツ炊いて味わう。豆腐にしみた出汁のなんともおいしいこと。炊かれた豆腐はふっくらプルン。
お腹がポカッと温まる。

そこで豚肉。
脂の乗った豚バラ肉を薄切りにしてお皿に並べる。脂の温度が上がると向こうが透けて見えるほど薄切りです。
それと一緒に熱々の蕎麦出汁。刻んで晒したネギをたっぷり。好みで赤い柚子胡椒。
最近、よくある蕎麦出汁で食べる豚しゃぶだけど最初にはまぐりを炊いたというのが独特。出汁のおいしさとコクや風味が一味ちがう。薄切りの肉が汁にまみれてまるで汁を食べてるみたいな感じがするのがオゴチソウ。〆はラーメン。チュルチュル食べてお腹が満ちる。

鍋のお供にと揚げ物2種類。ひとつは唐揚げ。大きく切った鶏もも肉に厚めの衣をつけてさっくり。むっちりとした鶏を味わう趣向の唐揚げ。
それから牡蠣の天ぷらたのんだ。大ぶりの牡蠣。分厚いフリッタ的なバリバリとした衣をまといざっくり揚がる。そのバリバリの衣が壊れて中からぽってり、牡蠣が出てくるところがステキ。トマトの天ぷら、オクラの天ぷらとサイドの野菜も特徴的でオモシロイ。
食事を終えて店を出た。
するとお店の人が「お客様、携帯電話をお忘れじゃないですか?」と飛び出してくる。えっと思って振り返ると、バナナを一本差し出しニッコリ。バナナを受話器に見立てたジョーク。遊び心のオゴチソウ。

 

関連ランキング:居酒屋 | 細畑駅切通駅

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。