ハロウィン仕様のドーナツはじまりました…。

銀座から家に帰る前にちょっとクリスピークリームの前を通った。
そろそろ季節のドーナツが出てるかなぁ…、と思ってきた。そしたら予感的中でハロウィンドーナツがちょうど昨日から販売開始。
パンプキンドーナツを食べて季節の変化をたのしむ。
クリスピークリームがハロウィン用のドーナツを売りはじめると、今年の仮装はどうしようかって、彼と一緒に考えはじめるタイミング。去年はちょっと手抜きをしたから、今年は気合を入れようよ。渋谷の宮下公園にできるホテルに泊まってさ…ってちょっとイメージはつけていた。宮下公園のホテルは出来た。けれど相談相手を亡くしてしまった。どちらにしても今年はコロナで例年みたいな密の状態は許されないから、ハロウィンなんて盛り上がらないに違いない。今年は静かに過ごしましょう。

ジャックオーランタンの形のかぼちゃ。角は毎年ピスタチオ。今年の角は小さくて、コストをかけてもらえなかったんだね…、ってちょっと同情をする。
さっくりとしたドーナツの生地。キャラメル味の黄色いチョコにビターなチョコで顔が描かれ、割ると中からとろりとカスタードクリームがとろけて出てくる。口の中でこれらが混じってとろけていくのが、なんともご落ちそう。
苦味、酸味がくっきりとしたコールドブリューを味わいながら、そう言えば今年のクリスマスは彼のいないクリスマスになるんだなぁ…、とちょっと思った。しんみりと。

 

関連ランキング:ドーナツ | 有楽町駅銀座駅日比谷駅

 

夜は家で作って食べる。
宇和島の手押しのじゃこ天を買ってきた。
上等なじゃこ天です。
油をたっぷり含んだ表面はしっとりしていて、魚の香りがかなり強烈。
フライパンでこれを焼きます。
油は使わず、じゃこ天自身の油をつかって弱火でこんがり。
魚が焼けていくような香りがしてきて、じゃこ天が膨らみはじめる。ひっくり返してまた焼いて、表面に焦げ目がついたら切り分け完成。揚げたての状態がフライパンの中で蘇ってお皿の上で休んでる…、って感じがおいしくオキニイリ。
コンビニで売ってたチルドのエビマヨをお湯で温めテフロン加工の鍋に入れ、赤唐辛子とほんのちょっとのコンデンスミルクをからめてハーブ野菜にのっける。エビはブルブルしていて今風で、それがちょっと苦手だけれどなかなかおいしい。

メインは味噌煮込みうどん。最近、ちょっとハマっております。
今日はストゥブを使って土鍋煮込み風にしてみる。水を多めに加えたところに麺を直接投入し、あごだしパックと一緒に煮込む。蓋してクツクツ。弱火で噴き出さぬように調整しながら12分ほど煮込んだら、蓋をとって水を注いでそこに味噌。しゃぶしゃぶ用の豚バラ肉とナルトと玉子を一個落として蓋してクツクツ。
煮上がったらネギを散らしてそのまま食卓に運んで食べる。
煮ている間に麺のでんぷん質がスープに溶け出し、鍋の中がねっとり仕上がる。食べてるうちに体が中から温まってくる。こういう料理がおいしく感じる季節でござる。今日はゆっくりお風呂に入ろう。木曜日。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。